メインエスパルス観戦記2013年富士山の覇権はやすやすとは譲れないんですよ!

2013年5月13日

富士山の覇権はやすやすとは譲れないんですよ!

2013 J.LEAGUE Division1 11th sec.
甲府 0-2 清水

 6日に行われたリーグ戦第10節vs川崎戦では、川崎に試合を支配されつつも前半に吉田のプロ初ゴールが決まって川崎に先制!しかしその直後に同点に追いつかれてしまい、これで集中力が欠けてしまったエスパルスは後半に川崎に逆転を許してしまい敗戦。集中力と運動量の持続に課題を残してしまったエスパルスは11日、リーグ戦第11節vs甲府戦に臨みました。
 
 厳しい試合日程もひとまず前半の山場を乗り越え、この試合は中5日での開催。しかしチームは前節vs川崎戦で今季初となる連敗を喫してしまうなど調子は今ひとつ...。しかもこの試合はアウェイ@中銀スタでの試合。しかもしかもお天気は朝から雨...。エスパルスを取り巻く状況は芳しいとは言えません。そんなエスパルスをサポートするべく、この試合にも多くのエスパサポさんがアウェイ@中銀スタに駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。
 
 で!この試合にはオイラが単独で出撃!当初は家族で出撃する予定でしたが、スタンド&コンコースに屋根の無い中銀スタで、小2のぱる坊@息子を連れて雨の中試合観戦するのは無理でしょう...。
 雨の中開場時間を待っている時、なんとなく勝てる気がしたんですよ。何の理論的根拠もなく、ただ漠然となんですが...。

 J1リーグ戦では5勝1分けと相性がよいと言える甲府。しかしそれもちょっとした試合のアヤであっさり敗戦を喫してしまうというのはよくある話。寸部の気の緩みが致命的な危機を招いてしまうでしょう。実際に川崎戦でも集中力の欠如から先制点を活かせずに逆転負けを喫しています。川崎戦での敗戦を糧にしっかり集中を保ちながら、バレーの古巣でもある甲府をアウェイで撃破し、富士山ダービーで勝利することが出来るか!?エスパルスの意地を見せたい試合がキックオフ!

 
 この試合でもキャラが故障により欠場。代わりに浩太がCBのポジションに入るなど、前節vs川崎戦と同様のスタメンで甲府戦に臨みました。
 試合は一進一退の展開に。対バレー対策なのか、自陣でゴール前を固めてマイボールになるとカウンターでエスパルスに攻め込む甲府。これにはエスパルス守備陣も身体を寄せてボールを奪うなど徹底した守備で甲府のカウンターを弾き返します。
 一方の攻撃陣は中盤でボールをポゼッションして甲府の守備のギャップを突こうとしますが、折からの雨もあいまってかパスミスや連携ミスが散見されてしまい、甲府ゴールを脅かすまでには至りません。
 さらに前半終了間際の35分、左太腿を痛めた俊幸が負傷交代を余儀なくされてしまうというアクシデントが発生。代わりに翔がピッチに入り、中盤でのゲームメイクにあたります。
 しかしこのスクランブル交代が奏功!翔の豊富な運動量とあたりの強さを活かして攻守でアクセントとなり、エスパルスは徐々に攻撃のリズムを掴み始めます。しかし前半ではそれをチャンスに繋げることが出来ないまま前半が終了。両者決定的なチャンスを作れないまま、スコアレスで試合を折り返します。
 
 後半になると試合のリズムを掴み始めたエスパルスが甲府に反撃!甲府のカウンターに対しては、中盤の翔を中心にして丁寧に甲府の縦方向のパスをカットして攻撃のきっかけを作らせず、そこから切り替えを早くして甲府陣内にに切り込む。そこでも翔がアクセントになって甲府守備陣を引き出す動きやペナルティエリア内でおとり役になってスペースを作るなど、前半同様に攻守にわたっていい動きを見せてくれました。
 すると59分、ついに試合の均衡が破られます。左サイドでボールを受けたキジェがドリブルで中央に切り込むと、シュートコースが開いていると見るや利き足の左ではなく右足を一閃!力強く振りぬいてシュート!低く鋭い弾道を描いたボールにはGKも対応する間の無くゴールネットに突き刺さりゴール!エスパルスが先制ゴールを決めます!
 先制点を決めたオレンジ戦士はその直後も集中を切らさず、ゴール直後の失点を回避しつつ甲府への攻勢を強めます!しかしここでまたしてもエスパルスにアクシデントが訪れてしまいます...。72分に平岡が相手選手を倒してしまったとして一発退場処分に...。これを受けてゴトビ監督は73分、石毛に代えて廣井を投入。中盤の枚数を減らして最終ラインでの守備を固めます。
 スクランブル出場となった廣井もすぐに試合に気持ちを入れることができたのか、同点ゴールを狙う甲府攻撃陣に対して高い集中力で対応。しっかり甲府の攻撃を弾き失点を防ぎます。
 数的不利になったエスパルスに対してホームでは負けられない甲府が前がかりになり猛攻撃を仕掛け続けていた83分、翔が中盤で奪ったボールを、前がかりになった甲府の裏を突いて抜け出たバレーにスルーパス!これを受けたバレードリブルでバイタルエリアに持ち込み、冷静にGKのポジションを冷静に判断して左足で落ち着いてチップシューート!!ボールはゴールに吸い込まれてゴーール!!エスパルスが甲府を突き放す追加点を決めました!
 その後アディショナルタイムにゴトビ監督は涼に代えて純平を投入して試合を落ち着いて終わらせて試合終了!!エスパルスが甲府との富士山ダービーで勝利を決めました!!


 この試合、誰がなんと言っても翔さんでしょう!
 前半で負傷した俊幸に代わって35分にスクランブル出場という形でピッチに立つことになった翔さん。ベンチからこの試合の戦況を冷静に分析し、交付のボランチからボールが出る瞬間を警戒するべきと判断していました。そしていざ自分がピッチに立つと、自らが警戒するべきと感じていた甲府ボランチに対して身体を寄せて自由に
させず、また中盤でスペースを埋める動きをして、甲府ボランチからの攻撃の基点を丹念に潰していました。そして後半にはバレーの駄目押しの追加点のアシストとなるスルーパスを供給。これも中盤で身体を張っていた翔さんだからできた所業といえます。
 試合にゴトビ監督から「清水にきて最高の仕事をした」と讃えられた翔さん。エスパルスに来て長らく不遇の時代を過ごしてきた「和製アンリ」が、いよいよ覚醒のときを迎えそうです!
 
 翔さん(*^ー゜)b グッジョブ!!これからももっともっと称賛されるプレーで魅せてくりょう!


 エスパルスは甲府に勝利!アウェイで勝ち点3を積み上げました!そして「富士山ダービー」の戦績も負けなしの6勝1分けに。あいにくの雨でそのお姿を見ることは出来ませんでしたが、「静岡から見る富士山は素晴らしいと思う」とコメントしていたゴトビ監督も、さぞやご満悦だったことでしょう♪
 なにより、翔さんの獅子奮迅の大活躍で勝利出来たこと。そして守備の要の平岡の退場により数的不利になるも無失点で試合を終えられたこと。この2点は今後のエスパルスにとって大きな好材料になるはずです!
 
 次の試合はナビ杯予選リーグ第6節vs湘南戦。ナビ杯決勝トーナメント進出のためにはもう一歩もあとが無いエスパルスにとって、残る予選リーグ2試合は勝利だけが至上命題!内容よりも結果にこだわり、是が非でも何が何でも清濁合わせ飲んでも黒が白でも勝たなければなりません!しかし逆に考えれば、オレンジ戦士にとっては「とにかく勝て!」という非常にシンプルな目標といえます。
 次のナビ杯予選vs湘南戦は中3日で行われる試合。その後も試合日程がタイトになっています。オレンジ戦士の疲労や怪我も心配です。まずはしっかりとしたコンディションケアを行い、蓄積された疲労を取り除き、怪我の回復に努めてほしいです。そして甲府戦でのいいイメージをさらにチーム全体での共通理解として徹底させてほしいです。さらに平岡が出場停止となる湘南戦に向けて、守備陣の連携の確認を徹底して行い、必勝体制で湘南戦に臨んでほしいです。


 雨降りで数的不利...、むしろエスパルスには有利な状況...、ハッ!!




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2013年5月13日 23:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1799

コメントしてください