メインエスパルス観戦記2013年半歩でもいい!着実に前へ進もう!

2013年3月21日

半歩でもいい!着実に前へ進もう!

2013 J.LEAGUE YAMAZAKI NABISCO CUP
予選リーグ第1節
清水 1-1 甲府


 16日に行われたリーグ戦第3節vs湘南戦では、今季に採用した3ボランチではなく昨季のシステムで試合に臨み勝利を目指すも、連携の乱れから先制点を献上。それでも下を向くことなく攻撃し続けて、湘南守備陣のミスを逃さなかった八反田のJ初ゴールで同点に追いつき、アウェイで辛くも勝ち点1をもぎ取ったエスパルス。20日にはナビ杯予選リーグ第1節vs甲府戦に臨みました。
 
 リーグ戦はW杯予選が行われるナショナルマッチウィークにはいるために2週間ほど中断期間にはいりました。しかし!その期間にもサッカーは続きます!いよいよ今季のナビスコカップが開幕!昨季は河井チャソやキジェ、石毛や瀬沼などの「ヤングエスパルス」が躍動し決勝戦まで進むも思うような試合ができずに準優勝に甘んじてしまったエスパルス。今季はどんなニューヒーローが現れるのか。サポーターも非常に楽しみにしているところです。この試合にも大勢のエスパサポさんが我等が聖地・日本平に足を運んでくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 相手は今季J1復帰を果たした甲府。そして甲府とは2年ぶりとなる日本平での「富士山ダービー」です。富士山を挟んで対峙する両チームはお互いの手の内をよく知るライバルチーム。一瞬の気の緩みが致命的な展開につながりかねません。若い選手が多いエスパルスの中でもさらに若い「オレンジフレッシャーズ」の中からヒーローは現れるのか!あの頂においてきた大切な「忘れ物」をとりにいくための長い戦いが火蓋を切りました!

 
 試合はいきなり動き始めます。試合開始直後の9分、ミンスの左からのクロスに飛び込んだ俊幸と八反田!ニアに飛び込んだ俊幸がつぶれ役になって甲府DFを引き付けて、前が空いた八反田が左足でどんぴしゃのタイミングで合わせてシュート!ボールはゴールネットに突き刺さりゴール!エスパルスは今季初の先制ゴールを決めました!
 先制点の勢いで一気呵成に甲府に攻め込むかに見えたエスパルス。しかしその後は攻撃のリズムを掴めず、甲府の粘り強い守備の前に試合の主導権を握ることができません。
 すると32分、FKのクリアボールを甲府に拾われてしまい、そこから甲府にカウンターが発動。最後は浮き球のクロスをウーゴに合わせられてしまい失点...。エスパルスは同点に追いつかれてしまい、そのまま前半が終了。先制点を活かしきれず、同点で試合を折り返します。
 
 ホームで今季公式戦初勝利が欲しいゴトビ監督は後半開始から俊幸に代えて温存していたバレーを投入。前線に高さを加えて甲府ゴールに迫ります。
 後半立ち上がりから運動量を上げて甲府に猛攻撃を仕掛けるエスパルス。しかしセットプレー以外の流れからはなかなか決定的な場面を作り出すことが出来ず、また甲府守備陣もしっかり集中してゴール前を固めていたため、エスパルス攻撃陣は甲府のゴールをこじ開けるには至りません。
 どうしても追加点が欲しいゴトビ監督は63分、翔に代えて瀬沼を投入。さらに運動量豊富で攻撃的な選手を前線に投入し、甲府ゴールをこじ開けようとします。しかし攻撃は今まで通りのロングボールを多用した「縦ポンサッカー」になってしまい、甲府は集中を切らさず丹念にこれを弾き返してセカンドボールを拾い、そこを起点にカウンターを仕掛けるようになります。するとエスパルス守備陣は甲府のカウンターを警戒するあまり、ずるずるをラインを下げざるを得なくなり、中盤がさらに間延びし攻撃のチャンスはさらに少なくなっていきます。
 78分にゴトビ監督はミンスに代えてウチケンを投入、セットプレーやアーリークロスでゴールチャンスを狙います。しかしその後は両チームとも決定的な場面を作り出すことが出来ずにそのまま試合終了。エスパルスは2年ぶりの甲府との対戦で引き分けました。


 試合立ち上がりこそエスパルスが試合の主導権を握り、甲府守備陣の足並みが揃う前に待望の先制点を決めた。しかし今季J2から昇格してきた甲府はゴール前をしっかり固めてまずは守備重視の戦略をとる。そもそも連携面に不安な要素が多いエスパルスはこの守備のブロックを突き崩すことが出来ない。そして前半のうちに自らの守備の乱れを甲府のカウンターで付け入られてしまい失点。後半はバレーと瀬沼を投入するも縦ポンサッカーになってしまい、決定力不足な攻撃陣に甲府の強固な守備を切り崩すことが出来なかった...。エスパルスの布陣の連携面の脆さとサイド攻撃の有効性という優劣両面での特徴が顕著に現れた試合だったのではと思います。
 修正しなければならないポイントは明確です。あとはそれをいかに正確に早く修正するか。オレンジ戦士の気概とゴトビ監督の手腕に期待したいです。


 エスパルスは甲府に引き分け。2年ぶりの富士山ダービーを勝利することは出来ませんでした。しかし若手主体の「オレンジフレッシャーズ」で臨んだこの試合でここまで戦えたことは、出場した選手にとっては大きな自信につながったのではと思います。昨年のナビ杯では石毛や河井チャソ、キジェに瀬沼といった、今季のエスパルスを支える「ニューヒーロー」が誕生しました。トップチームが苦しい今こそ、フレッシュなオレンジ戦士が躍動するとき!今後の活躍に期待したいです。

 次の試合はナビ杯予選リーグ第2戦「静岡ダービー」vsジュビロ戦!エスパルスにとってジュビロは不倶戴天の敵!それはリーグ戦でもナビ杯でも同じこと!その時のコンディションや順位などは一切関係ありません!いついかなるときにも、静岡ダービーは勝利こそが至上命題なのです!
 逆に、目下苦境を強いられているエスパルスにとって、静岡ダービーに勝利することは、チームの復調のこの上ない「起爆剤」になるはず!こんな時だからこそ、オレンジ戦士には清水の誇りと名誉にかけて、ジュビロを粉砕してほしいです!

 すべてのエスパルスに関わる「エスパルスファミリー」の誇りと名誉のために、静岡ダービーは常に「真剣勝負」です!絶対に是が非でも何が何でも清濁併せのんでも、勝利を掴み取るため、オレンジ戦士は今までの不調をふっ飛ばすくらいの強い気持ちと恐れぬ心を持って試合に臨み、そして必ず勝利を掴み取ってほしいです。




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2013年3月21日 23:22

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1782

コメントしてください