メインエスパルス観戦記2013年開幕戦連敗は阻止したぜ!

2013年3月 6日

開幕戦連敗は阻止したぜ!

2013 J.LEAGUE Division1 1st sec.
大宮 2-2 清水

 1月26日に始動後、鹿児島キャンプを経てジュビロ、新潟とのPSMで可能性と課題を確認。今日のこの日までスリーボランチを採用した新システムの戦術理解と連携を確認してきたエスパルス。そして迎える2013年3月2日!いよいよ2013シーズンのJリーグが開幕します!エスパルスは3年連続となる、アウェイで大宮とのリーグ開幕戦に臨みした。
 一昨年はアウェイvs柏戦で3-0と大敗、昨年はアウェイで名古屋に1-0と敗戦を喫してしまったエスパルス。しかし!今季こそは!3度も同じ轍を踏む訳にはいきません!強風吹きすさび土埃が舞う荒天のアウェイ@NACK5スタジアムに、多くのエスパサポさんが駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。
 
 で!この試合には我が家も出撃!昨季は埼玉シリーズは全敗だったので、今季はその汚名を濯がなければなりません!それにしても土埃がひどかったよ...。

 今季は昨季から主力選手が大きく入れ替わり、また今季から3ボランチが採用され、戦術も戦略も大きく変更になりました。新システムが機能するかの不安要素もありますが、瀬沼や石下といった有望な若手選手の加入もあり、期待が膨らむ部分も少なくありません。開幕戦の相手は昨季同様、ズラタンとノヴァコヴィッチという強力な2トップを擁する大宮。開幕戦を勝利で飾り2013年のゴトビエスパルスの大航海への抜錨に華を添えることが出来るか!エスパルスの2013シーズンが幕を切って落としました!

 
 2013シーズンの開幕戦、ゴトビ監督が選択したスタメンは、GKに林、DFに純平・平岡・キャラ・吉田、MFに大輔・浩太・ミンス、FWに石毛・俊幸、そしてバレーというもの。練習で負傷したキジェの代役で3年ぶりにオレンジユニに袖を通してピッチに立った純平を見て、胸が熱くなりました。
 
 前半に風下のサイドになったエスパルスは大宮に押し込まれてしまい、守備に忙殺されてしまう時間が長くなってしまいます。それでもエスパルス守備陣はしっかりとしたブロックを形成し、大宮の攻撃を跳ね返し続けます。特にこの試合でピンチヒッターでスタメン出場を果たした純平が守備に奔走!運動量を惜しまずにピッチを駆け巡り大宮の攻撃の基点を潰し、また大宮のCKのピンチには純平がゴール前に入ってゴールを守り、あわや失点という場面でも瀬戸際で大宮のシュートを弾き返し、失点を防ぎます。しかし攻撃では風下のエスパルスが折からの強風の影響でまったく攻撃の形を作ることができず、結局エスパルスが前半に放ったシュートはたったの1本に終わり、前半はスコアレスで折り返します。
 
 後半になってサイドが変わると風上に立ったエスパルスが反転攻勢に!と思われたのもつかの間、後半開始直後の56分にキャラのクリアボールが自陣ゴールに吸い込まれてしまい失点。65分には守備陣の意識が緩んだ瞬間を大宮に狙われてしまい失点...。エスパルスはあっというまに2点のビハインドを背負うことになります。
 窮地に立たされたゴトビ監督は70分、吉田に代えてウチケンを、大輔に代えて瀬沼を投入。攻撃的な選手を投入し、かつ前線をバレーの1トップからバレー&瀬沼の2トップに代える4-4-2の布陣に変更。攻撃の人数を増やし、大宮ゴール奪取を狙います。
 するとその交代がばっちり効果を表します!瀬沼と石毛が流動的にポジションチェンジを行って大宮守備陣のギャップを生み出し、2トップになって自由度が増したバレーは積極果敢に大宮ゴール前に飛び出しゴールに迫ります。
 そして交代4分後の74分、中盤左からのウチケンのクロスにペナルティエリア内の瀬沼が反応!これはGKに阻まれるも、こぼれ球を石毛が押し込みゴール!今季新加入の17歳、石下が2013シーズンのエスパルスの初ゴールを決めました!
 その10分後の84分には石毛がペナルティエリア右バイタルエリアで倒されてFKをゲット!キッカーははウチケン。ウチケンが蹴ったボールは美しいレインボーアーチを描いてそのまま大宮ゴールに突き刺さりゴーール!!ウチケンの最終兵器「ウチケンミサイル」が炸裂して、エスパルスが同点に追いつきました!
 その後も勢いを取り戻したエスパルス攻撃陣が追い風も味方につけて大宮ゴールに襲い掛かりますが、開幕戦敗戦を絶対に避けたい大宮も必死の守備を見せ、エスパルスは最後のところで攻めきることができずに試合終了。2013シーズンの開幕戦は2-2のドローで終わりました。


 今季初採用の3ボランチがまだまだ戦術的に浸透しきれていない状況で迎えた大宮戦。開幕戦ということもあって、お互いにプレーに硬さが目立ていました。しかし後半になると大宮も修正してきて、エスパルスの守備の隙間を逃さず攻撃してきて、立て続けに失点してしまう。昨季までのエスパルスであれば、ここから瓦解してしまう展開も何回もありました。
 しかし!今季は瀬沼や石下といった有望な若手にウチケンという「飛び道具」をもった選手も加入。劣勢を自分たちで修正し、そして同点に追いついた。石毛はイチの持つ最年少ゴール記録を塗り替える、18歳5カ月9日でのJ初ゴールとなりました。そしてウチケンはJ1初出場初ゴール!「持っている」新加入選手たちの今後の活躍に期待したいです!


 エスパルスは大宮に引分け。敗色濃厚だった試合で同点に追いつき、辛くも勝ち点1を拾いました。逆に大宮にとっては勝ち点2を逃した試合。そう考えると、このドローは非常に大きな意味を持つと思います。
 しかしエスパルスはこれで6年連続で開幕戦での勝利を逃してしまったことに...。新戦術の理解や選手間の連携で大きな課題を浮き彫りにする結果になりました。この2失点をしっかり分析し、次の試合に活かしてほしいです。

 次の試合はリーグ戦第2節vs横浜F・M戦。次節は我等が聖地・日本平でのホーム開幕戦になります!今季から日本平のネーミングライツパートナーになったIAI様にちなんで「IAIスタジアム日本平(アイスタ)」になった日本平。その「こけら落とし」の試合といっても過言ではないと思います。
 大宮戦では課題も強みもどちらも浮き彫りになりました。オレンジ戦士は3ボランチに1日も早くなれて線s術理解を深め、攻守に効果的に生かしてほしいです。そして攻撃陣はさらに迫力を強めて、バレーを中心とした連携を深めて、相手に脅威を与えられるくらいに攻撃を強化してほしいです。

 次節はホーム開幕戦!新しくなった「アイスタ」で今季初勝利&初勝ちロコを決めろ!




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2013年3月 6日 13:53

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1777

コメントしてください