メインエスパルス観戦記2013年いろいろなことを試せるのがプレシーズンマッチなんですよ!

2013年2月28日

いろいろなことを試せるのがプレシーズンマッチなんですよ!

2013 Jリーグプレシーズンマッチ
清水 1-4 新潟


 16日のプレシーズンマッチvsジュビロ戦では、今季新たに採用したスリーボランチがしっかりと中盤で守備を固めてジュビロ攻撃陣を自由にさせず、攻撃面では新加入のバレーさんが孤立してしまう場面も散見されましたが、それでもセットプレーでのチャンスを大輔がしっかり決めてジュビロを撃破!プレシーズンマッチでしたが静岡ダービーを制したエスパルスは24日、プレシーズンマッチvs新潟戦に臨みました。
 
 2月末で契約が満了となるために、この試合が「アウトソーシングスタジアム日本平」では最後の試合。はじめは「アウスタ」という愛称になかなか慣れませんでしたが、いまではすっかりアウスタになれて、しっかり愛着までわいちゃいました。しかしこの2月末でネーミングライツの契約が満了。今後はIAIスタジアム(愛称:アイスタ)になります。そんなアウスタとの別れを惜しむように、この試合にも多くのエスパサポさんがわれらが聖地:アウトソーシングスタジアム日本平に駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。
 
 で、この試合も諸般の事情で中継を全く見ていないので、試合内容に関してはまったく分かりません。しかしオヒサルの文字実況や試合内容のレポート、試合を観た方の感想等を見るに、この試合は「リーグ開幕前に多くの確認事項を浮き彫りにした試合」といえそうです。

 
 3月2日のリーグ戦開幕前の最後のPSM。この試合でもゴトビ監督はスリーボランチを採用。バレーさんを前線のワントップにすえて攻撃を組み立てます。
 しかし試合開始直後の4分、強風からエスパルス守備陣のミスに起因してオウンゴールを献上してしまいます。
 今季初めてのビハインドを追ってしまったエスパルスは浮き足立ってしまい、ただでさえ不慣れなスリーボランチはさらに連動性を失い、前線のバレーさんはますます孤立してしまいまいます。前半終了間際にはジュビロから新潟に移籍した大井に決められてしまい、点差を2点に広げられてしまい前半を終了します。
 
 後半からはゴトビ監督が試合前から予定していた、中盤を菱形にした「4-4-2」に変更し、攻撃のバリエーションをテストしたエスパルス。しかしこれもあまり大きな成果にはいたらず、新潟のゴールに効果的な攻撃を仕掛けることができません。新潟の攻撃陣を前にして自陣に押し込まれっぱなしのエスパルス。試合終盤の72分と83分に立て続けに新潟に決められてしまい万事休す。85分に途中出場の犬飼が一矢報いるゴールを決めるも、エスパルスの反撃はここまで。4失点を喫してしまい新潟に敗戦してしまいました。

、このPSMもエスパルスが今季から採用した新システムの理解度を成熟させるためのもの。先週のPSM静岡ダービーvsジュビロ戦ではセットプレーをものにして勝利したものの、後半はまったく攻撃の形が作れなかったとか。すなわち「今季のエスパルスで採用したスリーボランチはまだまだ発展途上」といえそうです。
 また今季新加入したバレーとの攻撃面での連携も、スリーボランチの連動がちぐはぐなために中盤が間延びしてしまい、またPSM静岡ダービーで攻撃に貢献した石毛がこの試合には出場しなかったこともあり、前線のバレーが孤立してしまうこともしばしば。攻撃陣の連携もまだまだ未熟な状況にあるようです。

 この試合で「スリーボランチのポジショニング」や「攻撃陣の連動性」など、確認したい事項が山のように浮き彫りになりました。しかし幸いなことに、この試合は「プレシーズンマッチ」であり、「リーグ戦」ではいのです。4失点は確かに厳しい結果ですが、下を向く必要も時間もないのです。

 次の試合はいよいよ2013シーズンのJ1リーグ開幕戦!エスパルスの今季のリーグ開幕戦はアウェイで大宮との対戦にあります。リーグ戦の開幕までは残すところあと1週間。残された時間をフル活用し、新しい布陣の習熟度をさらに向上させ、スタートダッシュを決めるべく大宮撃破のための準備を万全にしてほしいです。




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2013年2月28日 23:33

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1776

コメントしてください