メインS-PULSE2012年国立でサッカーが観られるだけでも幸せなんだけど...【J特】

2012年11月 4日

国立でサッカーが観られるだけでも幸せなんだけど...【J特】


 ナビ杯決勝戦vs鹿島戦を観に行ってきました。

 国立競技場の最寄の駐車場を確保するため、自宅を出発したのは朝の3時半。起きられないかと思ったけど、興奮してたし平日は毎朝4時半に起床しているので全く問題なく起きられました(笑)

 国立で久しぶりにやった「レオレオ」は壮観でした。あれだけ人数がそろうとレオレオも迫力が増しますね。そしてホーム側ゴール裏には無数の旗やゲーフラがあげられました。特に懐かしいデザインの旗が多数上がっていたのが印象的でした。きっと昔はエスパルスの試合を観に行ってたけど、最近はあんまり...、という「潜在的エスパルスファン」が沢山いるのだと感じました。この旗の持ち主をいかにスタジアムに呼び寄せるかが、クラブにとって今後の大きな課題になるでしょう。


 試合結果は皆さんご存知の通り...。非常に残念な結果に終わってしまいました。

 今日は延長後半終了間際まで同点に追いつく可能性を持ちながら応援できた。でもやっぱり大舞台で緊張しちゃったんだろうね。せめて前半でもうちょっと攻め手にアイデアがあればなぁと...。

 
 しかし気持ちはそんなに落ちていない。確かに猛烈に悔しかったけど、4年前に国立で大分に負けたときのあの虚無感や、2年前に国立で鹿島に負けたときのあの喪失感は全く感じなかった。なぜなら、彼らはまだまだ若く、のびしろは無限大だからだと思いました。
 この試合で悔しい思いをした若きオレンジ戦士たちは、きっとエスパルスで雪辱を果たしてくれることでしょう。

 国立からの帰り道のぱる坊@息子との会話
 
 ぱる坊「今日は負けちゃったね」
 オイラ「でもまだリーグ戦も天皇杯もあるよ!」
 ぱる坊「そうだよね!ナビスコより天皇の方がエライもんね!」
 
 息子の論理的思考に完敗でしたw


 やっぱり国立でサッカーが、しかも自分が応援しているチームの試合が観られるということは、日本のフットボールフリークにとっては何より幸せなことだなぁと実感しました。
 凄い負け惜しみだけど、ナビ杯は鹿島にくれてやったと思う事にしました。ナビ杯決勝はその後に控えるACL出場権を狙うリーグ戦や天皇杯に向けた、大舞台でも動じない精神力を身に着けるための壮大な練習試合と思う事にしました。って、壮大過ぎるけどね(;´∀`) ここからが本当の正念場です!

 表彰式後に涙を流した選手も数多くいたそうです。そりゃそうでしょう、負けりゃ悔しいんですから。しかし!あんな大舞台で人目もはばからず泣くほど悔しかったんなら、次は結果で示せよ!それがプロだろ!

 早くも決勝戦の翌日から、水曜日のvs新潟戦に向けてオレンジ戦士は練習に励んでいるそうです。

 俺達に国立で応援させてくれて、有難うエスパルス!でもまた観たいから、共に行こうぜ!また走り出そうぜ!いつだって俺達が背中を押してやるから!元日の予定は開けてあるぜ!


 開場前には千羽鶴作成チームと一緒にギリギリまで橙魂千羽鶴を仕上げてました。最終的には12200羽集まったそうです!オレンジサポーターの橙魂の力は絶大だと感じました。
 
 


 そして試合開始前、エスパルスベンチの脇には贈呈した橙魂千羽鶴が飾られていました!座席の後ろには、ベンチ入りできなかった全選手のユニフォームも飾られていたそうです(携帯のカメラでの望遠なので見えづらくてごめんなさい)。
 
 


 こいつの出番はこの試合では巡ってきませんでした...。しかし次回は必ず!
 
 




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2012年11月 4日 16:07

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1751

コメントしてください