メインS-PULSE2012年4年前を知っている人なら分かるはず...

2012年10月31日

4年前を知っている人なら分かるはず...


 2012 Jリーグヤマザキナビスコカップ 清水エスパルス 優勝決定時のイベントについて(エスパルス公式)

 エスパルス公式サイトにて上記のような告知が発表になりました。まぁ、あらかじめ告知しておくことは良い事だと思うんですが...。


 ただ、勘違いしちゃいけないことがあると思うんですよね...。


 国立で勝った後の事は後で考えたって遅くは無い。今は国立で勝つためにやらなければならない事が何なのかをしっかり見据えて、そしてそれを実践すべきではないでしょうか。

 まだ決勝戦は終わっちゃいないんだ。俺達はまだ何も成しえちゃいないんだぜ。4年前を思い出せ。今ここで「勝ってからの事」を考えて浮足立ってしまえば、それが選手に伝播して、たちまち鹿島に足元をすくわれ、そして嘲笑を受ける事だろう。鹿島の暗黒面の力を侮ってはいけない。

 4年前を知っている人なら分かるはず。希望と期待に胸躍らせて巻きなおしたオレンジ紙テープが投げられない悔しさを...。ごみ箱に捨てるのも忍びなく、引き出しや箪笥の奥深く、暗く湿った場所で4年間も眠り続けなければならなかった紙テープの無念。それを晴らすには、勝つしかないんだ!勝つしかないんだよ!! もう国立で悔しい思いをしたくないだろ?紙テープを持って帰りたくないだろ?だったら今は勝つためにやれることを全力でやろうぜ!

 エスパルスファミリーの目下の目指すモノはなんだ?それは「国立に行く」でも「コレオをやる」でもない。それは「国立で勝つ」ことだ。コレオは「綺麗に見せるため」やるんじゃない。「選手にサポーターの想いを伝えるため」にやるんだ。今回は千羽鶴で想いを伝え、旗を打ち振ってゴール裏から鼓舞するんだ。紙テープは勝たなきゃ使えないんだぞ。自作でも何でもいい。橙魂を込めたオレンジ旗を1本持参しよう!そして国立で勝つためには何をするべきか考えよう。仕事が残りそうなら片付けちゃおう。体調が悪ければ治療して治そう。万難を排して決勝戦に臨もう!

 相手は何度も優勝経験のあるディフェンディングチャンピオンの鹿島。優勝の為ならあらゆる手を尽くしてくるだろう。リーグ戦で不覚をとって負けたんだ。狡猾な鹿島の事、きっと修正して対策を万全に練ってくるに違いない。そして俺達はチャレンジャー。これを決して忘れてはならない。こちらは浩太が不在だ。一瞬の気の緩みが致命傷に直結する。
 しかしディフェンディングチャンピオンとて油断や隙を見せれば俺達の好機になる!決して倒せない相手ではない!平常心で自然体で。俺達のエスパルスを信じて戦おう!

 ナビ杯で「優勝したら」ではなく「優勝するため」に、今やるべきことを全力でやりましょう!




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2012年10月31日 05:16

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1748

コメントしてください