メインS-PULSE2012年「優勝したら何をするか」ではなく「優勝するために何をするか」ですよ!

2012年10月18日

「優勝したら何をするか」ではなく「優勝するために何をするか」ですよ!


 2012 J.LEAGUE YAMAZAKI NABISCO CUP 準決勝第2戦で、エスパルスはFC東京を3-0で下して快勝!4年ぶりナビ杯決勝戦に駒を進めました!

 決勝戦で相見えるは宿敵・鹿島アントラーズ!相手にとって不足なし!

 あの日、あの時、国立に置いてきた「大切なもの」を、今度こそ獲り戻しましょう!

 一方で、若い選手が多いエスパルス。ナビ杯決勝進出が決まったことが、ヤングエスパルスの自信に繋がったのならいいんだけど、なにぶん若くて経験の少ない選手たちばかりだもんで心配で心配で...。まずは目の前の試合に集中することが大事ですよね...。
 
 対戦相手の鹿島はタイトルを獲っても「タイトルが絡もうが、何があろうが普通の事」としてさらっと流し、2009年以降は優勝報告会は行うものの、祝勝会等派手なイベントなんてしないそうです。
 
 それにひきかえ我等がエスパルスは4年前のナビ杯決勝戦vs大分戦の前、クラブスタッフが優勝した後の事をあれやこれやと考えすぎちゃって舞い上がってしまい、いわゆる「ふわふわした気持ち」が選手に伝わってしまったんだそうです。
 
 今一番選手に必要なこと。それは如何に「自然体」で「平常心」を保てるか。それが試合の雌雄を決する「鍵」になると思います。
 
 せめてサポーターは常に「自然体」「平常心」で、エスパルスをサポートしていきたいですよね。

 
 で、そんな選手に向けて「優勝したら何をするか」を考えるのではなく「優勝する為に何か出来るか」を考えよう!というサポーター有志の中で

 【選手にオレンジ色の千羽鶴を折って送ろう!それをベンチに飾ってもらい、サポーターの想いを伝えよう!】

 という企画が持ち上がりました。
 
 これなら決して浮き足立つことなく、サポーターが祈りを込めながら出来るんじゃないか。そして多くの、なるべく沢山の皆さんに協力してもらって、エスパルス勝利への祈りをこめて折ったオレンジ千羽鶴で、オレンジサポーターみんなの思いを繋げることで、大きな力になるんじゃないか。
 一人の想いは小さくても、沢山の方の想いが集まれば、きっと大きな想いとなってくれるはず。それはきっと選手の背中を後押しし、あと一歩多く、あと一歩早く、あと一秒長く、若きオレンジ戦士達は、勝利に向けて戦ってくれるはずです!


 ってな訳で、私もその企画に賛同し、橙魂千羽鶴を折って鹿島戦に持って行くことにしました。(前置きが長くてゴメンナサイ)

 < 橙魂千羽鶴 概要 >
 ○ごく一般的な折り紙(15cm×15cm)のオレンジ色で折り鶴を折り、10月20日の神戸戦@アウスタと27日の鹿島戦@カシマスタでサポーター有志の方が現場で集めるとの事です。
 ○また、試合当日はサポーター有志が橙魂折り紙を持参しますので、現場で折り鶴を折っていただいても結構だそうす。
 ○持参していただいた&折ってきていただいた橙魂千羽鶴は試合会場でお預かりし、有志の手で千羽鶴にしてエスパルスに届けるとのことです。
 ○千羽鶴の折り方については、ごく一般的な「千羽鶴」で行くそうです(こちらの折り方参照)。また、鶴の「首(本当はくちばし)」は折って、羽根は広げないで欲しいそうです。
 ※詳細な情報が入り次第、随時更新いたします。


 弊ブログを御覧で神戸戦or鹿島戦に行かれる皆さん、お手持ちの折り紙がありましたらご協力頂をお願いします。




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2012年10月18日 20:56

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1741

コメントしてください