メインエスパルス観戦記2012年はったんだだったんだ!【J特】

2012年9月 3日

はったんだだったんだ!【J特】

2012 J.LEAGUE Division1 24th sec.
札幌 0-2 清水

 8月26日に行われたリーグ戦第23節vs浦和戦では、アウェイでの惜敗の雪辱を果たそうとの決意でホームに浦和を迎えたものの、守備の主力選手3人を欠くという厳しい状況で急造の最終ラインでの試合を余儀なくされ、案の定浦和の戦術に敵うわけもなく、ホームで無様な敗戦を喫してしまったエスパルス。1日にはリーグ戦第24節vs札幌戦に臨みました。
 
 8月最後の浦和戦では勝利を決められず、8月を全勝で終わることは出来なかったエスパルス。しかし!チーム全体が着実にコンディションを上げてきていることは確かなこと。札幌との今季の対戦は、リーグ戦第4節@アウスタとナビ杯予選リーグ第5節@札幌厚別で対戦していますが、いずれもエスパルスが勝利しています。いわばエスパルスにとって札幌は相性のよい相手といえるでしょう。しかし!ここで気を抜いた試合をしてしまえば、あっという間に致命的な危機につながり、ひいては勝ち点を落としてしまう事だって想像に難くありません。エスパルスとしてはアウェイ@札幌ドでしっかり集中して戦い勝ち点を積み上げたいところ。そんなエスパルスをサポートするべく、非常に沢山のエスパサポさんがアウェイ@札幌ドに駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、遠いところを本当にお疲れ様でした。正直うらやましかったっすw

 浦和に屈辱的な敗戦を喫した直後の試合なだけに、エスパルスとしてはここでもう一度自分達のサッカーを信じて戦い勝利を納め、9月の連戦を勝ち抜くためのきっかけにしたいところでしょう。一切油断することなく札幌に真っ向勝負を挑み、しっかりと結果につなげる事ができるか。エスパルスの起死回生につなげたい試合がキックオフ!

 
 この試合では、今季新加入の八反田がスタメン出場!リーグ戦初出場を果たしました。また俊幸と元紀もそろって先発出場。エスパルスの点取り屋コンビの活躍にも期待がかかります。
 
 試合立ち上がりは引いて守りを固める札幌に対し、ボールポゼッションは高いものの札幌の守備を崩しきることが出来ず、攻めあぐねる展開が続いたエスパルス。前節の浦和戦同様に引いた相手を崩すことが出来ず、攻撃に迫力を出すことが出来ません。それでもエスパルスは最終ラインから細かいパス交換でリズムをつくり、中盤での左右の散らしで札幌守備陣の守備のギャップを作り出し、そこを丹念に攻撃して切り崩しを図ります。
 すると38分、キャラの左からのセンタリングにヒョンソンが札幌GKと競り合ってGKがボールをこぼし、これをゴール前に駆け込んだ俊幸が冷静にゴールに押し込んでゴール!エスパルスが先制点を決めます!
 そしてその6分後の44分、こんどは俊幸の左からのアーリークロスに元紀が飛び込み、右足であわせてボールをゴールに流し込んでゴーール!!そして前半が終了。エスパルスが前半の終了間際にいい形で2点のリードを奪い試合を折り返します。
 
 後半に入ってもオレンジ戦士は集中を切らすことなく冷静にボールを保持して、エスパルスが主導権を失うことなく攻守のバランスを見ながら追加点を狙います。対する札幌も、追加点を決められることを防ぐべく、守備を固めつつエスパルスの隙を突いてカウンターに持ち込む戦術を取ります。
 2点のリードでは満足しないゴトビ監督は65分、八反田に代えて石毛を投入。より攻撃的な選手を前線に送り込み、追加点を狙います。
 すると76分には札幌のFWハモンがピッチサイドにおいてあるペットボトルを蹴り上げてしまい2枚目の警告を受けて退場処分に。数的優位に立ったエスパルスは一層攻勢を強め、札幌ゴールから追加点を奪いに行きます。しかし、数的不利になってより守勢を強める札幌をエスパルスは攻略することが出来ません。そこでゴトビ監督は、86分に元紀に代えて新加入したばかりの三吉を、アディショナルタイムには俊幸に代えて亜人夢を投入。フレッシュな選手を投入して攻守のバランスを保ちつつ、ゲームをしっかり終わらせます。そして危なげなく試合終了。エスパルスがアウェイで札幌を下しました!
 

 この試合、なんといっても2人の若き獅子でしょう!
 この試合では2ゴールに絡む大活躍を見せてくれた俊幸!1点目はキャラのセンタリングに反応した思い切りのいい飛び出しで先制点をゲット!2点目はバイタルエリアでの好判断からアーリークロスを供給して元紀のゴールをアシスト!エスパルスの若き戦士が完全に復調してきました。
 そして自身最多の今季9ゴール目を決めた元紀!俊幸のアーリークロスに絶妙なタイミングで飛び出して右足できっちりあわせてゴール!二人のイメージが寸分違わずにシンクロしたが故のビューティフルゴールだったと思います。
 8月まで苦悩の連続だった2人だけに、ここでの活躍は本当に嬉しく、そして頼もしく思えます。アベックゴールが決まったのは5試合目。そしてその5試合とも全て勝利しています。2人の活躍から目が離せません!
 2人の若き獅子(*^ー゜)b グッジョブ!!遠慮しないでもっとラブラブに(ry


 エスパルスは札幌に快勝!勝ち点3をアウェイで勝ち取り順位を7位に押し上げました。いい意味でエスパルスらしからぬ手堅い勝利を掴み、また八反田や石下、それに三吉といった新加入選手も試合の中で使えた。ヒョンソンも3試合を経てますます前線での連携に深みが出てきた。色々な意味で得るものが大きかった試合だったといえそうです。
 
 次の試合はナビ杯準決勝第1戦vsFC東京戦。FC東京には4月28日に行われたリーグ戦第8節@アウェイで、エスパルスは2人の退場者を出しつつ、俊幸の一撃で勝利しています。しかし、FC東京も同じ相手に連敗するようなことは避けたいはず。今まで以上にモチベーションをあげて試合に向かってくるに違いありません。
 オレンジ戦士はこの勝利に奢ることなく、しっかりと連携面やプレーの精度を研ぎ澄ませてほしいです。そしてナビ杯優勝に向けて絶対に必要なアウェイでのゴールを決めるべく、高いモチベーションを持って試合に臨んでほしいです。


 「あの背番号16番ってはったんだだっただ!」(本当にあった会話w)




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2012年9月 3日 19:07

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1723

コメントしてください