メインエスパルス観戦記2012年【J特】怒涛の連勝と初ゴール!!

2012年8月21日

【J特】怒涛の連勝と初ゴール!!

2012 J.LEAGUE Division1 22th sec.
鳥栖 0-1 清水

 11日に行われたリーグ戦vs名古屋戦では、試合開始早々にラッキーなオウンゴールで先制点を決めるも、名古屋に二度追いつかれる展開に。しかし俊幸と元紀のゴールで突き放し、同じチームに72時間で2連勝!公式戦でも3連勝を決めて「夏王・清水」大復活の狼煙を上げたエスパルス。18日にはリーグ戦第22節vs鳥栖戦に臨みました。
 
 公式戦3連勝を決めて勢いがついてきたエスパルス。しかし相手リーグ最小失点の堅牢な守備を誇る鳥栖。しかもこの試合はアウェイ@ベアスタでの試合。移動距離も長く、オレンジ戦士の疲労も気になるところです。公式戦3連勝の勢いをますます強めて一気に上位進出を決めたい!そんなエスパルスをサポートするべく、本当に多くのエスパサポさんがアウェイ@ベアスタに駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。

 今まで散々辛酸を舐めさせられてきたエスパルスがついに掴みかけた新たな「かたち」はまだまだ不安定な面もあります。公式戦での連勝をフロックにしないためにも、この鳥栖戦は是が非でも勝利したいところ。アウェイでのこの試合に勝利して、エスパルスの勢いをさらに強固なものにすることが出来るのか!エスパルスの躍進を強固なもにするための重要な試合がキックオフ!

 
 この試合では、先日移籍加入したばかりのキム・ヒョンソン選手が早速スタメン出場。ゴトビ監督の期待の高さを物語っています。そして石毛君もスタメンで前線に入りました。期待の新加入選手と若手の活躍に注目が集まります。また五輪日本代表に選出されていた大輔が戦列復帰。不慣れなダブルボランチの片翼に入りました。
 
 しかし蓋を開けてみれば、試合は鳥栖の堅牢な守備の前に攻撃陣が大苦戦。一方の鳥栖はカウンターとロングスローを効果的に駆使してエスパルスゴールを脅かします。しかし、浩太と大輔のダブルボランチを中心としたエスパルス守備陣がゴール前で集中を切らさずに鳥栖の攻撃を跳ね返し、エスパルスゴールを死守し続けます。
 エスパルスは新加入のヒョンソンとの連携がまだまだ成熟しておらず、決定的チャンスを作り出すような効果的なボールをヒョンソンに送り出すことが出来ず、またセットープレーでも決定力に欠けてしまい、前半にゴールを決めることが出来ません。
 結局両者決定的な場面を活かせないまま、前半をスコアレスで折り返します。
 
 後半になっても、鳥栖の粘り強い守備を突き崩せない状況に苦戦を強いられてしまうエスパルス。するとゴトビ監督は58分、石毛君に代えてアレックを投入。中盤での崩しと守備のギャップを突く作戦に出ます。
 するとその交代采配が奏功。アレックの中盤でのボールを散らすパスとアレック自身の突破に鳥栖守備陣にギャップが生まれ始めます。そこをエスパルス攻撃陣が突いてチャンスを掴み始め、次第に鳥栖ゴールに迫る時間が増えてきます。
 そして65分、元紀の右からのCKに合わせて、大輔がファーサイドから一気に走りこんでジャンプ一番ヘディングシュート!どんぴしゃのタイミングで勢いよく叩きつけたボールはGKの前でバウンドしてゴールに突き刺さりゴール!大輔のプロ初ゴールでエスパルスが先制します!
 先制点を決められた鳥栖はホームで負けじと一層攻勢を強めてきます。それに対してエスパルス守備陣は身体を張って防戦。特に海人はファインセーブを見せ、鳥栖の攻撃を退け続けます。そしてゴトビ監督はアディショナルタイムに俊幸に代えてソンホを投入。試合を上手い形で終わらせて試合終了!エスパルスがアウェイで鳥栖を下しました!


 この試合、誰が何と言っても大輔でしょう!
 五輪日本代表に選出されてチームを離れていた大輔。その間にシステムもダブルボランチへ変更に。チーム復帰とシステム変更という2つの課題をなんとかクリアしつつ、この試合では浩太とのバランスをとりつつ、積極的に攻撃参加していました。
 そして決まったプロ入り初ゴール!プロ4年目、リーグ通算117試合目での快挙を成し遂げた大輔は、ゴールが決まった瞬間、真っ先にゴール裏のサポーターの元に駆け寄り喜びを爆発させていました。
 五輪日本代表に選出された大輔の五輪出場機会は1次リーグ1試合のみ。それでも日本屈指の戦友と世界のトップクラスのチームと戦ってきた経験は何よりも大切な経験になったはず。そしてその経験をクラブで活かしたかった大輔。その経験はクラブにとってもかけがえの無いものになるでしょう。
 大輔(*^ー゜)b グッジョブ!!クラブで結果を積み上げて、次はA代表だ!


 エスパルスはアウェイで鳥栖に勝利!勝点3を積み上げてリーグ戦の順位を8位まで押し上げてきました。これでリーグ戦3連勝!公式戦は4連勝!あれだけ苦戦を強いられていたにもかかわらず、リーグ最小失点の鳥栖にアウェイで勝利。難易度の高い試合を勝ち抜いたことは、エスパルスの好調ぶりの証左に間違いありません!
 
 次の試合はリーグ戦第23節vs浦和戦。浦和には埼玉シリーズで苦杯を舐めさせられています。しかも浦和は目下リーグ戦3位につけ好調ぶりを見せ付けています。しかし!今のエスパルスは過去のエスパルスとは一味も二味も違います!アウェイでの屈辱はホーム@エコパで晴らす!今のオレンジ戦士ならきっと成し遂げてくれるはずです!
 オレンジ戦士は新加入のヒョンソンとの連携をより高め、攻撃に高さと強さを加えて欲しいです。また大輔はダブルボランチの連携を再確認し、中盤でのミスを最小限にして、浩太と共に積極的に攻撃参加できるよう、連動性を高めて欲しいです。そのうえで、アウェイ@埼玉スのリベンジをホーム@エコパで果たしてほしいです。

 埼玉では不覚を取ったが、静岡ではそうは行かない!浦和を返り討ちにしてくれようぞ!




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2012年8月21日 23:01

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1720

コメントしてください