メインエスパルス観戦記2012年後半の90分で大逆転勝利!!

2012年8月 9日

後半の90分で大逆転勝利!!

2012 J.LEAGUE YAMAZAKI NABISCO CUP
準々決勝 第2戦
名古屋 3-4 清水


 4日に行われたリーグ戦vs広島戦では、試合開始早々に失点を喫してしまったものの、後半からピッチに立った俊幸の、1ゴール1PKゲットという全ゴールに絡む大活躍で首位の広島に逆転勝利!リーグ戦未勝利記録を10で止め、約3か月ぶりにリーグ戦で勝利を手にしたエスパルス。8日にはナビ杯準々決勝第2戦vs名古屋戦に臨みました。
 
 11試合ぶりの勝利に沸いた広島戦から中3日で迎えるナビ杯名古屋戦。リーグ戦首位の名古屋を打ち取って選手のメンタルは最高潮にきていると思いますが、フィジカル面では真夏の暑さも相まって、疲労の度合いが心配なところ。しかもナビ杯準々決勝第1戦を0-1で落としているエスパルスは、2ゴール以上とっての勝利が準決勝進出への絶対条件。過酷なアウェイ戦を強いられたエスパルス。そんなエスパルスをサポートするべく、多くのエスパサポさんがアウェイ@瑞穂陸に駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。
 
 で、たまたまこの日から相方とぱる坊が相方の実家@静岡に帰省してて、たまたま日帰り出張が早めに片付いて、自宅で一人で飯食うのもなんだからと、かるーい気持ちでPRONTO 秋葉原店さんに行ったら、たまたま席に余裕があったのと顔見知りがいらっしゃってPRONTO 秋葉原店さんで観戦することに。色々諸々無理をきいて頂いて感謝!ありがとうございました!

 ナビ杯準決勝に進出のための条件は非常に厳しいエスパルス。逆に考えれば、エスパルスは小難しい事を考えずにガンガン攻めなければならない訳で、チームとしての戦術は非常にシンプル。それにリーグ戦では広島に勝利し、チームの勢いは確実に増大しつつあります。オレンジ戦士が一丸となって我武者羅に遮二無二戦って、名古屋に大量得点で勝利することができるか!エスパルスの復活を顕示するための重要な試合がキックオフ!

 
 この試合では、広島戦で退場処分となったキジェに代わり姜がスタメン出場。そして広島戦で2ゴールに絡む活躍を見せてくれた俊幸がスタメンで前線に入りました。またこのところパフォーマンスがメキメキと向上してきたジミーちゃんもスタメン出場を果たしました。また8月2日にJFA・Jリーグ特別指定選手として承認されたばかりの、筑波大学蹴球部4年の瀬沼君がベンチ入りを果たしました。
 
 試合立ち上がりは、2点以上決めなければならないエスパルスが猛然と名古屋にハイプレスをかけ、そこから攻守の切り替えを早くして名古屋陣内に切り込んでいく展開。ジミーちゃんも前線でボールを収めてタメを作り、俊幸や元紀やアレックの攻め上がりを演出するなど、エスパルスが優勢に試合を推し進めていきます。しかし引き分けでも準決勝進出が決まる名古屋はゴール前からバイタルエリアをしっかり固めて、エスパルスの攻撃を全く寄せ付けません。
 名古屋の堅い守りに手を焼いていたエスパルスでしたが、試合は思わぬ形で動き出します。42分、ペナルティエリア手前左側からのFKのチャンス!元紀が蹴ったセンタリングをアレックがニアでヘディングシュート!ボールはゴールに押し込まれてゴール!エスパルスが先制のアウェイゴールを決めます!そして前半が終了。エスパルスは1点リードで前半を折り返します。
 
 ホーム&アウェイの2試合で行われるナビ杯準々決勝。トータルスコアで追いつかれてしまった名古屋は後半開始直後から攻撃にギアを入れ、エスパルスに猛攻撃を仕掛ける。一方、この90分間で試合を決めたいエスパルスは追加点を狙って前半同様に高い位置からのプレスを仕掛けて名古屋の攻撃の起点を潰し攻撃に繋げる。後半に入って、試合は攻守が激しく入れ替わるスリリングな展開になります。
 54分、キャラのクリアが田中マルクス闘莉王へのラストパスになってしまい、頭で決められて同点に追いつかれてしまいます。しかしエスパルスは下を向くことなく、闘志を前面に押し出して名古屋ゴールを狙います。
 同点に追いつかれてしまったゴトビ監督は66分、 姜に代えて石毛君を投入。追加点を狙うべく前線の選手を加え攻撃に厚みを加えます。するとこの抗体采配が的中!69分、ペナルティエリア左からの石毛君のクロスをジミーちゃんがへそで押し込みゴーール!!ジミーちゃんのJ初ゴールでエスパルスが再度名古屋にリードします!
 しかし喜んでいるのもつかの間、その7分後の76分、藤本にFKを直接決められてしまい、再び同点に追いつかれてしまいます。
 このままいけば準々決勝で敗退することになってしまうエスパルス。しかし!時間はまだ残されています!ゴトビ監督は84分、吉田に代えて強化指定選手の瀬沼君を投入!若さと勇気あふれるプレーにエスパルスの運命を託します!
 同点に追いつかれてしまい、必死の反撃を試みるエスパルス。しかし前がかりになったエスパルス守備陣は名古屋の右サイドからの突破を許してしまい、最後は藤本に決められてしまい、ついにエスパルスは名古屋に逆転を許してしまいます。
 今までのエスパルスなら、ここで完全に戦意を喪失してしまい大量失点に繋がっていくような試合展開。だがしかし!この試合は全く逆の展開になりました!オレンジ戦士全員が集中を切らさずに運動量をあげ、足が止まり始めた名古屋守備陣に対して総攻撃を仕掛け、準決勝進出に必要な2ゴールを獲りに行きます。
 すると藤本に逆転ゴールを決められた1分後の88分、カウンターから元紀が思い切ってシュート!これはGKに弾かれてしまいますが、ゴール前に詰めていた瀬沼君が冷静に押し込んでゴーーール!!!エスパルスは瞬く間に同点に追いつきます!!!
 それでもまだ準決勝進出のためにはゴールが足りないエスパルスは、オレンジ戦士全員が全く攻撃の手を緩めることなく走り続けます。
 そして90分が経過。アディショナルタイムは4分の表示。オレンジ戦士は誰一人足を止めることなく、試合終了の笛が鳴り終わる瞬間まで攻撃を続けます。しかし最後のところでは名古屋も守備を固め、ゴールを割らせてはもらえません。
 このまま試合が終わるだろうと、誰もが考えたであろうアディショナルタイム3分、浩太のクロスを名古屋DFが弾くもゴール前へ。それを俊幸が渾身のヘディングシュート!ボールは名古屋ゴールに吸い込まれてゴーーーール!!!!エスパルスが遂に名古屋に逆転して試合終了!!!!エスパルスが大量4ゴールで名古屋を下し、ナビ杯準決勝に駒を進めました!!!!


 この試合も、誰が何と言っても瀬沼君でしょう!
 8月2日にJFA・Jリーグ特別指定選手として承認されたばかり。筑波大学蹴球部4年の瀬沼君。来季はエスパルスへの入団が内定しています。そう、彼はまだ現役の大学生であり、Jリーグの試合の経験は全くありません。
 しかしこの試合で瀬沼君は、ゴトビ監督に背中を押されてピッチに降り立ちJ公式戦デビューを果たします。だが彼に与えられた時間は6分+アディショナルタイムのみ。この少ない時間に、しかも瀬沼君にとって実戦経験のないJリーグ公式戦で結果を残すことは至難の業。しかし彼は積極的にゴール前に飛び込んでチャンスを作り、そして元紀のシュートのこぼれ球を逃さずに冷静にゴールに押し込んだ。彼の物怖じしない度胸とゴール前での嗅覚の鋭さ...。もしかしたら、もしかするかもしれませんよこれは...。
 瀬沼君(*^ー゜)b グッジョブ!!でも今は勉強頑張ってね!


 エスパルスは名古屋に逆転大勝利!そしてナビ杯準々決勝の2戦のトータルスコアは4-4ですが、アウェイゴール数でエスパルスが名古屋を大きく上回り、エスパルスがナビ杯準決勝に駒を進めました!エスパルスはアウスタでの第1戦を落としていただけに、第2戦の難易度は格段に上がっていたはず。しかし、オレンジ戦士全員が高いモチベーションとフィジカルで最後まで闘い抜いた。その結果4ゴールを決めて名古屋に勝利!最後まで諦めない強い気持ちが呼び寄せた勝利と言えそうです!
 
 次の試合はリーグ戦第21節vs名古屋戦。なんと!1週間で2回、しかも中2日で名古屋と戦うことになります!ナビ杯準々決勝で屈辱的な敗戦を喫した名古屋。リーグ戦は汚名返上を期して、万全の体制で試合に臨んでくるに違いありません。しかも次の試合は会場は我等が聖地・日本平ですが中2日の土曜日開催。オレンジ戦士は劇的な大逆転を決めてモチベーションは高いと思いますが、身体的疲労の度合いは大いなる懸念材料になるでしょう。
 オレンジ戦士はこの短期間で余念なくフィジカルケアを行い、身体的疲労を取り除いてほしいでです。そして劇的な大逆転を決めた勢いそのままに、しかも名古屋の修正をしっかり警戒しつつ、ナビ杯準々決勝第1戦のリベンジをリーグ戦で果たしてほしいです。


 2度も追いつかれ、しかも逆転まで許してしまうも、最後まで諦めずに戦い抜いて、最後に逆転大勝利!いよいよエスパルスの夜明けは近い!?




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2012年8月 9日 23:58

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1717

コメントしてください