メインエスパルス観戦記2012年「苦手」というか「鬼門」というか...

2012年6月21日

「苦手」というか「鬼門」というか...

2012 J.LEAGUE Division1 14th sec.
新潟 1-0 清水

 9日に行われたナビ杯予選リーグ第6節vs大宮戦では、大宮に先制を許しながらも、ヤングエスパルスの躍動とゴトビ監督の采配の妙があいまって大宮を見事逆転で撃破!ナビ杯予選リーグを無傷の5連勝で突破したエスパルスは16日、リーグ戦第14節vs新潟戦に臨みました。
 
 W杯アジア最終予選のためにリーグ戦は一時中断していました。その間にナビ杯予選リーグが行われ、若手を主体とした「ヤングエスパルス」で5戦全勝で予選リーグを突破して決勝トーナメント進出を決めました。そしていよいよリーグ戦が再開!再開初戦はアウェイ@東北電力スでの新潟戦です。ナビ杯予選突破の勢いをリーグ戦につなげるためにも、再開初戦を白星で飾りたいエスパルス。そんなチームをサポートするべく、この試合にも多くのエスパサポさんがアウェイ@東北電力スに駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。
 そして東北電力スといえばあの丸に辻の字の「辻尾組」!上越の地元企業の田中産業株式会社御一行で編成された「辻尾組」が約300名、、ツジヲのサポートをするべく大挙して東北電力スに押し寄せてきました!辻尾組の皆さん、現地サポート本当にお疲れ様でした!
 
 ナビ杯予選突破の勢いをリーグ戦につなげて、一気に上位進出を実現させたいエスパルス。しかしこのところの東北電力スではエスパルスは苦戦を強いられています。ヤングエエスパルsの活躍に触発されたベテラン勢が最大限のパフォーマンスを披露して、これまでの忌まわしい記憶を全て払拭するような快勝を決めてリーグ戦上位進出の足がかりとすることが出来るか!エスパルスにとって大きな節目の戦いが火蓋を切りました!

 
 リーグ戦再開に伴って、ゴトビ監督はスタメン選手を「主力組」に変更。GKに林、CBには平岡とキャラ、右SBに吉田と左SBにキジェ、ボランチに大輔、右ウイングには河井チャソで左ウイングに浩太、2シャドーに豪州代表から帰国したばかりのアレックと俊幸、1トップには元紀という布陣で新潟戦に挑みます。
 
 試合立ち上がりからボールを支配したのはエスパルス。中盤で新潟との競り合いにことごとく勝ってボールを拾うと、圧倒的なボールポゼッションで浩太を起点としキャラが切り込む攻撃展開や、吉田や河井チャソが連携しての右サイドからの早くて力強い崩しで新潟陣内を切り裂いてゴールを目指します。しかし最後のところでミスや精度を欠いたプレーが目立ってしまい、ゴールを決めきることが出来ません。
 すると39分、小さな連携のずれから自陣右サイドを新潟にえぐられてしまい、折り返しを藤田に押し込まれてしまい失点。前半終了間際に新潟に先制を許してしまい、1点ビハインドのまま前半が終了します。
 
 後半に入るとゴトビ監督は一部ポジションを修正。1トップを元紀からアレックに変更して逆転を狙います。
 しかしこれがかえって混乱を招くことに。性急なポジションチェンジで連携面に不安定さが増してしまい、逆に中盤でのミスが頻発してしまうことに。そこを新潟に突かれてしまいピンチを招いてしまうことも。しかし最終ラインが身体を張って踏ん張って、エスパルスゴールを守り続けます。
 なかなか自分達のリズムで試合が出来ない様子に、ゴトビ監督は56分、吉田に代えて今季リーグ戦初出場となるツジヲを投入!その瞬間に辻尾組の皆さんが一気にヒートアップ!右サイドを速さに勝るツジヲで引き裂き、新潟ゴールを目指します。しかしツジヲもまだまだ本調子ではなく、そのために思い切ったオーバーラップも影を潜めてしまい、満足なパフォーマンスを見せるには至りません。
 するとゴトビ監督は62分、こんどは大輔に代えてリーグ戦5試合ぶりの出場となる伸二を投入。伸二はトップ下に入りアンカーには浩太が入りました。それでも久しぶりにピッチに立った伸二はベストコンディションにはほど遠く、小さいミスや連携のズレからボールを失い、そこから新潟に押し込まれてピンチを招いてしまう場面が散見されました。
 それでも最後までゴールを目指すゴトビ監督は76分、元紀に代えてジミーちゃんを投入。1トップに入ってゴール前での決定力を高めます。
 しかし時既に遅く、ゴール前をしっかりと固め守備を崩さない新潟に対し、エスパルスは効果的な攻撃を展開することが出来ないままいたずらに時間が経過し、そのまま試合終了。エスパルスはまたしてもアウェイで新潟に敗北してしまいました...。


 内容で圧倒していた前半にささいな集中の欠如からの隙を新潟に突かれて失点。そして後半は試行錯誤を続け、その結果かえってミスや連携のズレを助長してしまい、自陣で引いて守りを固める相手になすすべなく敗戦。今季何度も見てきた形です。「引いて守りをぃ固める相手に対して有効な攻撃手段を見つける」。上位に食い込んでいくためには、絶対に不可欠なスキルと言えるでしょう。
 しかしこの試合では、全く成す術なしだった中断前に比べ、矢継ぎ早に選手を入れ替えて、サイド攻撃や中盤からの崩し、それに前線での高さを加えるなど、課題攻略の糸口ともいえる「試行錯誤」は出来ていたと思います。あとは選手のコンディションと連携面が「向上」してくれば、それぞれが有機的に連動して驚異的な攻撃力に昇華していくのではないかと思います


 エスパルスは新潟に惜敗またしてもアウェイ@東北電力スで勝つことが出来ませんでした。リーグ戦における順位も6位に後退...これ以上首位から突き放されることは絶対に避けなければなりません。そして新潟は今季初のホームでの勝利とか...。どんだけエスパルスは優しいんだよと...(TдT) この屈辱は我等が聖地・日本平でのホームゲームで晴らすこととしましょう!

 次の試合はリーグ戦第15節vs鳥栖戦。鳥栖は今季J1に昇格してきたチーム。しかし目下鳥栖はリーグ戦9位と大健闘!ここで油断をするとあっという間に足元をすくわれ、痛い目を見ることは明白。一縷の油断すらすることは許されないのです。しかしこの試合は我等が聖地・日本平での試合。リーグ戦で苦戦を強いられているエスパルスを、オレンジサポーターが全力でサポートしてくれることでしょう。
 今日のこの敗戦を絶対に忘れずに、オレンジ戦士は自分達の試合内容をもう一度しっかり振り返り、この敗戦を次の勝利のための礎として、弱点の克服と連携面の強化、そして休み明けの選手はコンディション調整をしっかりして、日本平での鳥栖戦に勝利してほしいです。


 そしてなにげに、辻尾組の皆さんは、まだ東北電力スで「勝ちロコ」を踊ったことが無いのよね...(´・ω・`)




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2012年6月21日 23:04

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1702

コメントしてください