メインエスパルス観戦記2012年初!初!初!で札幌に快勝!

2012年6月 8日

初!初!初!で札幌に快勝!

2012 J.LEAGUE YAMAZAKI NABISCO CUP
予選リーグ第5節
札幌 0-4 清水

 5月26日に行われたリーグ戦第13節vs横浜F・M戦では、若い選手主体で臨んだ影響からか、終始横浜F・Mに試合の主導権を握られつつも必死になって横浜F・Mの攻撃を防ぎ切り、その一方で自分たちの攻撃の機会をうかがうも、細かいところでミスが目立ってしまい、不完全燃焼なスコアレスドローに終わってしまったエスパルス。6日にはナビ杯第5節vs札幌戦に臨みました。

 W杯アジア最終予選のためにJ1リーグは一時中断。しかしその期間にもナビ杯予選リーグは続きます。そしてエスパルスは若手主体の「ヤングエスパルス」でナビ杯予選を快進撃中!第4節まで全勝と好調を維持しています。そしてこの試合の相手は3月31日のリーグ戦第4節@アウスタで勝利している札幌。しかし試合はアウェイ@厚別での試合になります。ヤングエスパルスが遠いアウェイでもその存在感を顕示することができるか!この試合にも多くのエスパサポさんが小雨そぼ降るミッドウィークのアウェイ@札幌厚別に駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。
 
 リーグ戦では勝利している札幌とのアウェイ対決。エスパルスはやはり若手主体の「ヤングエスパルス」で試合に臨みます。ヤングエスパルスがアウェイでも自分たちの実力を如何なく発揮し、横浜F・M戦での不完全燃焼を払拭して今一度自信を取戻し、ナビ杯予選突破に王手をかけることができるか!ヤングエスパルスの未来を懸けた一戦がキックオフ!

 
 この試合でもゴトビ監督はこれまでのナビ杯予選リーグ同様、若手主体の「ヤングエスパルス」で試合に臨みます。GKには海人、CBにはキャラと平岡、SBには右に豊と左にキジェ、ボランチに大輔、両ウイングに浩太と河合、トップ下に大悟、そしてFWに元紀と俊幸が入りました。またサブにはルーキーの石毛君も名を連ねました。
 
 試合はいきなり動き出します。開始2分、キジェの札幌ゴール前への飛び込みからエリア内で混戦に。元紀が放ったシュートは防がれてしまったものの、こぼれたボールを河井チャソが押し込んでゴール!河井がプロ初ゴールを決めてエスパルスが先制します!
 なおも攻撃の手を一切緩めないエスパルスは6分、札幌ゴール正面約25メートルという絶好の位置からのFKのチャンス!これをキジェが美しいレインボーアーチで札幌ゴールに直接叩き込んでゴーール!!エスパルスは幸先よく2ゴール目を決めました!!
 試合序盤で2ゴールという大きなアドバンテージを付けたエスパルスは試合の主導権を完全に掌握し札幌を圧倒!札幌の迫力に欠けるプレスをかいくぐるかのように美しくパスを回して自分たちの攻撃のリズムを作り、札幌ゴールを何度も脅かし続けます。しかし札幌もこれ以上の失点を防ごうと必死の守備を見せ、エスパルスは追加点を決めることができません。結局前半は追加点を決められないまま、2点リードで折り返します。
 
 後半開始からゴトビ監督は大悟に代えて石毛君を投入。慣らし運転中の大悟に無理をさせず、石毛君には若いパワーに期待する。ゴトビ監督らしい采配と言えます。
 その石毛君が早速大きな結果を出します!後半立ち上がりの57分、札幌DFのミスを逃さずにボールを奪うと、右サイドを猛然とドリブルで駆け上がり右足を一閃!ボールはGKの股を抜いてゴールに突き刺さりゴーーール!!!石毛君のプロ初ゴールでエスパルスはリードを3点に広げました!!!
 大量リードを奪ったエスパルスですが、ヤングエスパルの勢いはとどまることを知りません!若きオレンジ戦士たちは札幌陣内でさらに躍動!特に右サイドで攻撃参加することの多かった元紀をワントップに据え、河井チャソや石毛を右に持ってきての攻撃が大きく奏功し、エスパルスの攻撃は荒削りながらもさらに活性化していきます。
 66分にゴトビ監督は吉田に代えてツジヲを投入。しっかりと守備を固めつつ、今季公式戦初出場のツジヲの慣らし運転も兼ねた交代策と考えられます。
 そして78分、大悟に代わってトップ下に入った浩太がサイドチェンジのボールを受けてミドルシュート!これはクロスバーに弾き返されてしまいますが、こぼれたボールを自分で拾ってしっかり押し込んでゴーーーール!!!!エスパルスが試合を決める4ゴール目を決めました。
 81分にゴトビ監督は疲れが見えてきた俊幸に代えて白崎君を投入。若いオレンジ戦士をピッチに送り出し、得難い体験とゴールに期待します。そして石毛君や白崎君をはじめとしたエスパルス攻撃陣は試合終了の瞬間まできっちり攻撃姿勢を崩さずに試合終了。エスパルスが札幌を下してナビ杯予選リーグ突破に王手をかけました!


 この試合、誰が何と言っても「火を噴くヤングエスパル」でしょう!!!!
 この試合では河井チャソ・キジェ・石毛君の3選手にプロ入り初ゴールが生まれました。
 これまで右サイドで攻守にわたって活躍してきた河井チャソもこの試合で初ゴール!類稀な戦術理解とプレーセンスでSBからWBまでこなす、いわば「オレンジポリバレント」として大活躍してきた河井チャソ。そしてこの試合では念願のゴールも決めてくれました。試合後には「次はリーグ戦でも決めたい」と気持ちを新たにした河井チャソ。その想いはきっと実現するでしょう!
 韓国・東国大から今季エスパルスに加入した20歳のレフティ・キジェ。これまでも鋭いパスセンスで大胆なサイドチェンジや正確なフィードでチャンスを演出してくれました。そして見せてくれた精度の高いFK。エスパルスの勝利を告げる「レインボーアーチ」は、まさに芸術的と言えると思います。
 石毛君の17歳8ヶ月16日の得点はクラブ最年少公式戦ゴール記録を14年ぶりに塗り替えるもの。ちょっとシュートのタイミングが遅れた気もしないでもありませんが、それはそれでご愛嬌。ゴールが決まっちゃえば無問題♪ゴール前でも慌てることなく、しっかりボールをとらえたシュートが打てる石毛君の実力のなせる業と言っても過言ではないでしょう(言いすぎかな?w)
 
 ヤングエスパルス(*^ー゜)b グッジョブ!!これからも思う存分ピッチで大暴れしてくりょう!


 エスパルスは札幌から大量4ゴールを奪う大勝利!勝ち点3を積み上げて、次節の大宮戦で引き分け以上でナビ杯予選突破決定!ナビ杯予選リーグ突破へ向けて文字通り「王手」をかけました。さらに横浜F・M戦での不完全燃焼を完全に払拭するような、北の大地でのヤングエスパルスの躍動!そして大勝利!若いオレンジ戦士にとって、これ以上の奮発材料はないと思います!

 次の試合はナビ杯予選第6節vs大宮戦。相手は目下リーグ戦で苦戦していて、しかも監督が交代したばかりのチーム。必ずしもいい状態とは言えません。しかし「慢心に隙あり」との言葉のように、相手は勝利目指して捨て身の攻撃を仕掛けてくることも考えられます。決して油断ならない相手と言えるでしょう。
 次の大宮戦で勝ち点1以上積み上げることが出来れば、エスパルスはナビ杯予選突破を決めることができます。そして次の試合は我らが聖地・日本平での試合。ヤングエスパルスは今日の試合の体験を過大評価することなく冷静に受け止めて、前半で3ゴール目が決められなかった部分を課題として、しっかりと連携面やメンタル面の強化を図ってほしいです。




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2012年6月 8日 17:03

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1700

コメントしてください