メインエスパルス観戦記2012年「若き橙志」の躍動に酔いしれた桜満開の春の日本平の宵【J特】

2012年4月 5日

「若き橙志」の躍動に酔いしれた桜満開の春の日本平の宵【J特】

2012 J.LEAGUE YAMAZAKI NABISCO CUP
予選リーグ第2節
清水 1-0 新潟

 3月31日に行われたリーグ戦第4節vs札幌戦では、引いて守りを固める札幌に苦戦してしまい、前半では効果的な攻撃展開が出来なかったものの、後半の大悟投入から攻撃陣が活性化!後半立ち上がりで早速ゴールが決まり、その後もしゅうちゅうを切らさずにリードを守り続け、今季初完封で勝利を手繰り寄せたエスパルス。4日にはナビ杯予選リーグ第2節vs新潟戦が行われました。
 
 リーグ戦から中3日という厳しい日程で行われたナビ杯vs新潟戦。しかもゴトビ監督はスタメンを大幅に入れ替える事を示唆。若手戦選手を主体とした「ヤングエスパルス」で新潟戦に臨むと明言しました。決勝トーナメントに進出するためにはこの試合に勝って予選リーグ突破に向けて弾みを付けたいところ。そんな若きオレンジ戦士達をサポートするべく、平日のナイトゲームにも関わらずこの試合にも多くのエスパサポさんが我等が聖地・日本平に駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、寒い中本当にお疲れ様でした。

 この試合は残念ながらスカパー!の中継を観ることが出来ませんでした。(我が家はまだスカパー!HDじゃないもんで...。そろそろ考えなきゃね。)
 だもんで試合内容に関してはさっぱり分かりません。しかし試合中のツイッターやオヒサルの文字実況、そしてサッカー関連のサイトやエスパルス系ブログを見てみると、この試合は「ヤングエスパルスの躍動と可能性を存分に実感できた試合」だったといえそうです。

 
 ゴトビ監督は公約(笑)通りスタメンを大幅に入れ替えてきました。GKは海人、CBには平岡とキャラ、SBは犬飼君と河井チャソ、ボランチには姜、中盤には大悟とエダ、FWには石毛君に翔に白崎君。と言うことで、プロデビューが1人、J1公式戦初出場が3人、今季公式戦初出場が4人。平均年齢22.91歳という、まさに「ヤング」で「フレッシュ」なオレンジ戦士での新潟戦となりました。
 若さとスタミナが漲っているであろうヤングエスパルス。一方で選手間の連携不足や技術面・精神面での経験不足による弱点も懸念されるところです。
 しかしそんな心配はキックオフの笛と共に一気に払拭されてしまいました。試合開始直後からエスパルスは鋭いパス回しから試合の主導権を掌握。エスパルスらしい両サイドからの攻撃に加えて、エダ・大悟が攻撃の起点となった中央からの攻撃もアクセントとなり、新潟ゴールにヤングエスパルス攻撃陣が襲い掛かります。
 すると16分、ゴール前の混戦から石毛君がシュート!これは当たりそこねになって
しまいますが、それに大悟が詰めてベテランらしく冷静にシュートを決めてゴール!エスパルスは早い時間帯に先制ゴールを決めます。
 その後は新潟も息を吹き返しエスパルスを押し込みはじめますが、海人のファインセーブもあって新潟攻撃陣にゴールを割らせずに前半を終了します。
 
 後半になると新潟は田中亜土夢と鈴木武蔵というフレッシュな2人を投入。エスパルスの若さに対して新潟も若さで対抗してきます。しかしゴール前ではキャラ・平岡のベテランCBがしっかり守備を固め、新潟に攻撃の隙を与えません。
 するとゴトビ監督は55分、翔に代えて亜人夢を投入。若きFWを投入して、前線での攻撃の活性化を図ります。
 ここまで攻勢に出ていたヤングエスパルスもさすがに疲労の色が見え始め、プレーにミスが目立ち始めます。しかし平岡やキャラ、そして海人というベテランの冷静な対応でエスパルス守備陣も落ち着いて守備をして、失点のリスクを回避し続けます。
 試合終盤になりゴトビ監督は、76分に白崎君に代えてジミーちゃんを、80分には犬飼君に代えて吉田を投入。ブルーノ・ロペスを投入してきた新潟に対して、攻守のバランスを考慮しつつ、試合をクロージングさせる体制を整えます。
 試合終了間際にはブルーノ・ロペスの強烈なシュートがありましたが右ゴールポストを叩きゴールは決まらず試合終了。ヤングエスパルスが新潟を下してナビ杯初戦を勝利で飾りました。


 この試合、なんと言っても石毛君でしょう!
 アジア年間最優秀ユース選手賞に輝いた、エスパルスユースに所属している石毛君は3月30日にプロC契約を締結したばかり。その類稀なる才覚は誰もが認めるところ。しかしそれは「ユース」での世界のこと。Jリーグのトップチームで通用するかどうかは疑問符がつくところでした。
 そんな心配が取り越し苦労に代わったのがこの試合。クラブ史上最年少となる17歳6カ月14日でのデビュー戦は右FWで先発出場。緊張からかミスもありましたが、鋭いクロスや強烈なミドルシュート、カウンターからのドリブル突破でアウスタの観客を沸かせました。そして多少かっこ悪いながらも初アシストも決める事ができました。
 主力選手が中心の新潟に対して、まったく臆することなく若さを前面に出して思い切ったプレーでピッチを縦横無尽に駆け巡った石毛君。今後の活躍が本当に楽しみです。
 石毛君(*^ー゜)b グッジョブ!!アジア最優秀選手を目指して戦え!


 エスパルスは新潟に勝利!しかも若手主体の「ヤングエスパルス」がアウスタのピッチで躍動し、完封勝利を決めることが出来ました。若手の活躍もさることながら、海人・平岡・キャラ・大悟、そしてエダといったベテラン勢の質の高いプレーで、経験不足の若手をリードしていたことも素晴らしかったと思います。若手の奮起にベテランが応える、ベテランの落ち着いたプレーに若手が学ぶ。勝利という結果と共にエスパルスの目指すべき将来像が、桜満開の春の日本平の宵に垣間見えたのではないでしょうか。

 次の試合はリーグ戦第5節vs神戸戦。ナビ杯新潟戦では主力はほぼ温存していたエスパルス。そしてヤングエスパルスの躍動を見て、主力選手の橙志にも火が付いたことでしょう!あるいは主力のベテラン選手は、うかうかしていれば、若手にスタメンの座を奪われてしまうかもしれません。
 次の神戸戦はアウェイでの試合。ヤングエスパルスに負けないくらい、いやそれを大きく凌ぐような技術と精神を出し尽くして、神戸に完勝してほしいです。




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2012年4月 5日 20:55

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1684

コメントしてください