メインエスパルス観戦記2011年こんな「今季初」はいらないよ...

2011年8月 2日

こんな「今季初」はいらないよ...

2011 J.LEAGUE Division1 19th sec.
広島 4-0 清水

 27日に行われたナビ杯トーナメントvs甲府戦では、永井の活躍と俊幸のJ1初ゴールで甲府を撃破!トータルスコアで甲府に勝利してトーナメントを勝ち抜いたエスパルスは30日、リーグ戦第19節vs広島戦に臨みました。
 
 ナビ杯甲府戦戦のから中2日。そしてこの試合はアウェイ@広島ビでの試合。甲府戦で勝利しているとはいえ、連戦と暑さによるオレンジ戦士の疲労は想像を絶するものでしょう。そんなオレンジ戦士のサポートのために、この試合も多くのエスパサポさんがアウェイ@広島へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。
 
 で、この試合は自宅でテレビ観戦...。行ってみたいなぁ、広島。

 ナビ杯甲府戦では今まで結果が出ていなかった選手の奮起で勝利を掴むことができたエスパルス。連戦&酷暑の影響は心配ですが、ここで勝ちきることができれば、リーグ戦上位進出に大きな足掛かりになるはず!アウェイで強豪の広島を撃破して、夏に強いエスパルスを誇示することができるのか?エスパルスにとって重要な一戦がキックオフ!

 
 試合はいきなり大きく動きます。立ち上がりの4分、広島のCKのこぼれ球を李に決められてしまいエスパルスは試合開始早々に先制点を許してしまいます。
 広島に出ばなをくじかれてしまい、完全に浮き足立ってしまったエスパルス。持ち前のパスサッカーは影をひそめてしまい、前線にパスを送ろうとしても動き出しが遅くなってしまったエスパルスは、広島守備陣を突破することができずボールを失ってしまい、そこから広島のカウンターを喰らって再三ピンチを招いてしまいます。カウンターを警戒するあまり、エスパルスの前線と最終ラインは間延びするばかり。中盤にぽっかりとスペースができてしまい、そこを広島にいいように使われて、エスパルスはもっぱら守備に時間を割かれてしまいます。
 39分には広島のカウンターから佐藤寿人のクロスをペナルティエリア内ではじこうとしたエディが痛恨のオウンゴールを献上その後もエスパルスは全くいいところなく、2点ビハインドで前半を折り返します。

 後半開始からゴトビ監督は、真希に代えてイワシを投入。平岡を右SBに移して守備の立て直しを図ります。すると守備が安定してきた分、徐々に攻撃のリズムをつかみ始めたエスパルス。それを見たゴトビ監督は57分、動きに精彩を欠いていた伸二に代えて浩太を投入。中盤の攻撃にアクセントをつけて、広島の守備の乱れを誘います。するとさらに攻撃に力強さが増してきたエスパルス。広島ゴールを脅かし始めます。しかし、最後のところで決めきることができず、せっかくの攻撃チャンスをゴールに結びつけることができません。
 そこでゴトビ監督は70分、高原に代えて永井を投入。ナビ杯甲府戦で見せてくれた永井の攻撃センスを加えて、広島ゴールを奪いに行きます。
 しかし86分、途中出場のムジリに決められてしまい3点差に。しかもその2分後には、イワシがジャッジに異議を唱えてこの日2枚目のイエローカードを受けて退場処分に。そしてロスタイムには李にダメ押しの4点目を決められてしまい試合終了。エスパルスが今季初の連敗を喫してしまいました。


 甲府戦では勝利したものの、リーグ戦ではC大阪戦に続き4失点での大敗、しかも今季初のリーグ戦連敗。ナビ杯甲府戦で劇的な勝利を決めて、嫌な流れを払拭したかに見えたエスパルスでしたが、試合立ち上がりの失点で完全にゲームプランが狂ってしまい、そこからズルズルと失点を重ねることに。連戦や長距離移動、暑さによる疲労もあったかもしれませんが、それ以上に選手に試合に臨む気迫が全く感じられませんでした。おまけに途中から出場したイワシはいらないところでいらないカードをもらってしまい退場に。これでは広島に勝てるわけがありません。
 どのような状況下にあっても、最大限のパフォーマンスを出し尽くして戦い抜くことがプロとしての最低限の仕事。果たしてこの試合で、オレンジ戦士は最大限のパフォーマンスを披露したと言えるのでしょうか?オレンジ戦士には、それを今一度よく考え直してほしいと思います。


 エスパルスは広島に惨敗。今季初のリーグ戦連敗となり、2試合連続で4失点を喫してしまい、守備陣の崩壊と言っても過言ではないでしょう。しかし、この試合で一番悔しかったのはオレンジ戦士のはず。現にエディはその気持ちをこう述べています。その思いを絶対に忘れないでいてほしいです。

 次の対戦相手は新潟。次の試合もアウェイゲームですが、1週間の期間が開きます。この試合で感じた悔しさを晴らすのはピッチの上でしか晴らせません!

 連敗&2試合で8失点は非常に深刻な事態と考えられます。オレンジ戦士は、まずはしっかり身体のケアに時間を使って、心身ともにリフレッシュしてほしいです。そしてアウェイ新潟戦に向けて、もう一度気持ちをしっかりと切り替えて、これまでやってきたゴトビエスパルスのサッカーを見つめなおし、選手間の動き出しや連携を再確認してほしいです。




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2011年8月 2日 21:39

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1632

コメントしてください