メインエスパルス観戦記2011年今季初の逆転劇だなんて♪

2011年7月20日

今季初の逆転劇だなんて♪

2011 J.LEAGUE Division1 5th sec.
清水 2-1 新潟

 13日に行われたリーグ戦第4節vs仙台戦では、仙台の猛攻撃にさらされらながらも、けんぺー君の好セーブが連発。守備陣も体を張って攻撃をしのぎ切り、アウェイで貴重な勝ち点1をもぎ取ってきたエスパルス。16日にはリーグ戦第5節vs新潟戦に臨みました。
 
 前節の仙台戦戦から中2日での試合。過酷な連戦が続くエスパルスにとって、暑さによる疲労や前節の試合による精神的な疲れの蓄積は気になるところ。しかしこの試合は我らが聖地・日本平での試合。オレンジ戦士の背中を押してくれるオレンジサポーターが沢山います!この試合も多くのエスパサポさんが日本平へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。
 
 で、この試合も自宅でテレビ観戦...。ぱる坊がいるもんでナイトゲームは...(´・ω・`)

 ここ4試合で失点はわずかに1、2勝2分と負け無で好調を維持しているエスパルス。連戦の疲労はあるものの、日本平でしっかり勝利して好調を維持し、上位進出への足掛かりにしたいとこと。試合にしっかり集中してメリハリをつけて、ホームで新潟を退けることができるのか。エスパルスにとって重要な試合がキックオフ!

 
 試合はいきなり動きます。立ち上がりの5分、CKから新潟にあっさり先制ゴールを許してしまい失点。中2日というハードスケジュールのエスパルスと中5日でしっかり調整してきた新潟。選手に動きやプレーの精度等に歴然とした差が見られました。
 前半立ち上がりに失点してしまったエスパルスはその後も防戦一方に。高い位置からプレスをかけてくる新潟に対して有効な攻撃手段を見出すことができないエスパルス。それでもこれ以上の失点を許してしまっては試合は完全に終わってしまう。エスパルス守備陣は体を張って新潟の攻撃を防ぎます。その結果、前半でエスパルスが放ったシュートはたった2本。エスパルスは辛抱に辛抱を重ねて前半の失点を2にとどめ、前半を折り返します。
 
 後半からゴトビ監督は意欲的に動きます。後半頭からこの試合で精彩を欠いていた大悟に代えて元紀を投入。中盤から全線に活力と速さをくわえて、新潟ゴールを狙います。
 すると次第にエスパルスが攻撃のリズムをつかみ始め、エスパルスらしい攻撃を展開し始めます。しかし新潟も持ち前の高い位置からのプレスを駆使して、エスパルスに決定的な仕事をさせてはくれません。
 すると57分、新潟に小さなミスが生じます。DFラインでパス回しをしていた鈴木が痛恨のキックミス。これを高原が逃さず拾ってペナルティエリア内へ切り込みます。鈴木はたまらず高原を倒してしまい、エスパルスがPKをゲット!鈴木は得点チャンスをファウルで止めたとして一発退場になりました。このPKを伸二が冷静にゴール左隅に決めてゴール!エスパルスが苦しみながらも新潟に追いつきました!
 同点に追いついたことによって俄然息を吹き返してきたのはエスパルス。数的優位にもなりここから新潟を押し込みたいところ。しかし新潟は数的不利になったことでさらにゴール前を固めてしまい、エスパルスが攻撃する隙を与えません。
 ゴトビ監督は78分、疲れが見え始めた伸二とエダに代えて永井と俊幸を投入。逆転ゴールを狙って、前線の突破力とミドルシュートからのゴールを狙います。
 しかしそれでもゴール前をしっかり固める新潟。数的有利を生かせないままじりじりとするエスパルス。この試合を見ている誰しもが、このまま試合終了だろうと考えていたことでしょう。
 しかし!最後の最後まで試合は解りません!試合終了間際の90分、右からのCKを得たエスパルス。キッカーは元紀。ファーサイドへ上がったクロスボールを高原が下がりながらマークを外してジャンプ一番!渾身のヘディングシュート!叩きつけられたボールはワンバウンドしてGKの頭上を抜けてゴールに突き刺さりゴーール!!エスパルスが最後の最後で新潟に逆転します!!そしてそのまま試合終了。エスパルスが土壇場で新潟に逆転し勝利を決めました!


 この試合、何はなくとも高原でしょう!
 中2日で迎えた新潟戦。しかし高原はそんな過酷な日程をものともせずにピッチを縦横無尽に駆け巡り、この試合の勝利に大きく貢献してくれました。ってか、この試合は高原の試合といっても過言ではないでしょう!
 1点目のPKの場面でも、相手DFのパスミスをしっかり捕まえてゴール前に迫り、その結果相手のファウルを誘ってPKをゲット!あとは伸二がこれをきっちり決めるだけ。そして試合終了間際の決勝ゴールはまさに高原の真骨頂!高さを強さを兼ね備えた強烈なヘディングで新潟ゴールをこじ開けゴールを決めました。
 仙台戦の翌日にゴトビ監督と伸二の3人で、東日本大震災被災地の岩手県山田町を訪問した高原はヒーローインタビューで「厳しい環境の中で頑張っている子どもたちを見て、良いプレーで喜ばせたいと思った。疲れてるから勝てなかったとは言わせたくなかった」とコメント。熱い魂をむき出して戦った高原を止められるチームは無いでしょう!
 
 高原(*^ー゜)b グッジョブ!!今まであんまり期待していなくて、本当にすみませんでした!_○/|_ 全力で土下座!


 エスパルスは新潟に勝利!勝ち点3を積み上げました。そして直近のリーグ戦5試合で3勝2分と負けなし!ゴトビ監督のサッカーがさらにチームに浸透し、それが結果につながっている証左と言えるでしょう!しかし】試合内容は圧倒的に新潟が優勢でした。前半でエスパルスが放ったシュートはたったの2本。しっかりしたゲームの構築と試合終了まで持続させることができる集中力がなければ、これから対戦するであろう上位チームとの試合で勝てる訳はありません。

 次の対戦相手はC大阪。C大阪もこのところリーグ戦での順位は下位にいますが。攻撃力には非常に定評があるチーム。そして試合はアウェイゲームとなります。長距離移動や夏の暑さ。選手の体力や精神力を蝕む環境を如何に乗り切って、コンディションを維持していくか。エスパルスの正念場の戦いはまだまだ続きます。

 次の試合までは1週間の期間が開きます。オレンジ戦士はしっかり休養を取って、心身ともに疲労を取り除いてほしいです。そしてコンディション調整をしっかり行い、身体のケアを十分に行って欲しいです。そのうえで新潟戦で散見されたような細かなミスや連携のずれを修正して、過酷な7月の試合を勝ち抜いてほしいです。


 嗚呼、逆転劇だなんて。何年振りなんだろう(*´ω`*)
 せ、先制ゴールを決められたって、勝てるんだからねっ!(`・ω・´)




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2011年7月20日 17:29

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1626

コメントしてください