メインエスパルス観戦記2011年我等、霊峰・富士山ヲ奪還セリ!

2011年7月12日

我等、霊峰・富士山ヲ奪還セリ!

2011 J.LEAGUE Division1 3nd sec.
甲府 1-2 清水

 2日に行われたリーグ戦第2節vs鹿島戦では、エスパルスらしい攻撃を鹿島に判然に封じ込められてしまい、それでも鹿島の猛攻撃に対してはしっかり守り抜いて、辛くも勝ち点1を分け合ったエスパルス。9日にはリーグ戦第3節vs甲府戦に臨みました。
 
 暑さがますます厳しくなってきた折のアウェイゲーム。しかも試合は言わずと知れた甲府盆地での試合。過酷な暑さが選手のスタミナを奪っていく事も考えられます。選手の疲労やコンディションが非常に心配なところ。そんなエスパルスをサポートするべく、この試合も多くのエスパサポさんがアウェイ@中銀スタへ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。
 
 で、この試合も自宅でテレビ観戦...。ナイトゲームはぱる坊がいるので見に行けましぇん(´・ω・`)

 エスパルスは6月5日、東日本大震災の影響でレギュレーションが変更になったナビ杯トーナメント1回戦第1戦@アウェイ甲府戦で敗れています。いくら相手に馴染み深い選手が在籍しているからと言って、同じチームに1年で2回も負ける訳にはいきません!6月に味わった苦杯をそっくりそのまま返して、霊峰・富士山を奪回することができるのか?エスパルスの底力が試される試合がキックオフ!

 
 前半立ち上がりはエスパルスがボールポゼッションを高めて、中盤から甲府に猛攻撃を仕掛けます。しかし肝心なところで単純なパスミスが目立ち、甲府ゴール前に迫ることができません。対する甲府は、高い位置から運動量を惜しまずにプレスをかけ続け、ボールを奪うと手数をかけずに、前線のパウリーニョやハーフナー・マイクへボールを繋ぎ、そしてエスパルスゴールを狙うというシンプルな攻撃を展開。エスパルス守備陣は何とかこれをしのぎ切り、致命的となるゴールを許しません。
 しかし次第に、中2日で試合に臨んでいる甲府の出足が鈍くなり始め、またプレッシングもだんだんと効果が無くなり、エスパルスは元紀や伸二を起点とした得意の攻撃の形を作り始め、徐々に甲府ゴールに迫っていきます。
 試合が動いたのは29分、伸二が甲府陣内バイタルエリアで高原とパス交換を行いながらフリーになると、シュートコースが開いた瞬間に全く躊躇せずに右足を一閃!ボールは25メートル離れた甲府ゴールに突き刺さりゴール!エスパルスが伸二のビューティフルゴールで先制しました!
 先制ゴールを決めて意気揚々となると思われたエスパルス。しかしやはり個々のプレーにミスが目立ってしまい、押し出すような分厚い攻撃展開ができません。逆に甲府に中盤を支配されてしまい、ピンチを招いてしまう場面が増えてしまいます。
 すると42分、甲府のパウリーニョに決められてしまい同点に。前半終了間際の同点劇に、エスパサポの誰しもがこのまま前半が終わってしまうのではないかと脳裏によぎったはずです。
 だがしかし、だがしかぁーし!今日のエスパルスは違っていました!前半終了間際のロスタイム、伸二からツジヲにつないで、ツジヲから甲府ゴールファーサイドへセンタリング!これを元紀がボレーシュート!ボールはゴールに突き刺さりゴーール!!エスパルスがさらに甲府を引き離して前半が終了しました!
 

 後半からゴトビ監督は、前半でパフォーマンスに不安があったイワシに代えて平岡を投入。CBを入れ替えて守備を再構築します。
 しかし後半は、1点ビハインドの甲府の運動量を惜しまない攻撃にさらされてしまい、防戦に回る場面が増えてしまったエスパルス。特に中盤から甲府陣内に攻めこむ場面がほとんど見られなくなってしまいます。
 事態を打開するべくゴトビ監督は、後半立ち上がりの60分、伸二に代えて浩太を投入!今季柏からエスパルスに復帰した浩太のエスパルス復帰戦となります!
 しかし公式戦に復帰したばかりの浩太も、動きや連携面にまだまだ未成熟な部分が目立ってしまい、甲府にバイタルエリアをいいように使われ、エスパルスは甲府に押し込まれ続けてしまいます。そして悪いことに73分、ツジヲが甲府の選手と交錯して負傷。そのままエダとの交代を余儀なくされてしまいます。ツジヲのポジションには大輔が急遽入ることに。守備の主力2人を欠いてしまったエスパルスは、甲府の猛攻撃をうけることになってしまいます。しかし、GKけんぺー君をはじめとした守備陣と、チーム全体で守備意識を高め、身体を張ってピンチを潜り抜け、後半はシュート数がたった1本ながらも、無失点で切り抜けて試合終了。エスパルスが甲府に勝利しました!

 この試合、誰が何と言ってもけんぺー君でしょう!
 この試合でもそのたぐいまれなるセービングで何度となく危機を救ってくれたけんぺー君。この試合でも安定したセービングでチームの勝利に貢献してくれました。
 特に後半、あの甲府の猛攻撃に対して微塵も浮き足立つことなく、冷静沈着なポジショニングで甲府攻撃陣を牽制し、そして安定したセービングでピンチを切り抜ける。今季になって初めてスタメン出場した選手には見えないような安定感が、チーム全体に安心感となって伝わっています。
 
 けんぺー君(*^ー゜)b グッジョブ!!頭皮のケアも(ry


 エスパルスは甲府に勝利!ナビ杯トーナメント第1戦の雪辱を果たすことができました!しかし、7月はリーグ戦の日程が詰まっており、酷暑も相まってオレンジ戦士には非常に厳しい試合が続きます。この試合で途中交代を余儀なくされたイワシにツジヲの状態も気になります。

 次の対戦相手は仙台。6月26日に行われた第18節vs仙台戦では、今季開幕以来負けなしと好調だった甲府に初めて土を付けることに成功したエスパルス。しかし次の試合はアウェイゲーム。しかも中3日との強行日程での試合になります。試合日程や気候条件など、リーグ戦を戦う選手にとって、この6試合を消化しなければならない7月は非常に過酷な試合が続きます。

 甲府の猛攻撃にも、しっかりと守備を集中して失点を最小限に抑え、少ないチャンスをきっちり決めて勝利したエスパルス。しかし結果は勝利でしたが、試合内容に関してはまったく甲府に押されっぱなしで、ゴールシーン以外でいいところはあまりありませんでした。まずはオレンジ戦士はコンディション調整をしっかり行い、次の戦いに備えてほしいです。そして細かなミスや連携のずれを修正して、アウェイ仙台戦を勝利してほしいです。




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2011年7月12日 00:35

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1624

コメントしてください