メインエスパルス観戦記2011年記録、それはいつも儚い...orz 【J特】

2011年6月 6日

記録、それはいつも儚い...orz 【J特】

2011 J.LEAGUE YAMAZAKI NABISCO CUP トーナメント1回戦第1戦
甲府 1-0 清水

 5月28日に行われた静岡ダービーvsジュビロ戦では、両者の長所をよく研究して潰し合い、お互いの持てる力を出し切ってぎりぎりの攻防の末に、ダービー史上2回目となるスコアレスドローで終わったエスパルス。ここでリーグ戦はナショナルマッチウィークに入り一時中断。代わりにナビ杯がスタートしました。エスパルスは5日、ナビ杯トーナメント1回戦第1戦vs甲府戦に臨みました。
 
 今季のナビ杯は東日本大震災の影響でレギュレーションが変更。予選リーグがなくなり、いきなりホーム&アウェイのトーナメントが始まります。
 
 3期ぶりに実現した「富士山ダービー」。そして甲府には今季エスパルスから惜しまれつつ移籍していった市川選手・伊東選手の両選手が在籍しています。試合はもちろん、両選手のサッカーも久しぶりに見てみたい!そんな思いもあってか、この日も多くのエスパサポさんがアウェイ・中銀スタへ駆けつけてくれました。現地で竿P-とされた皆さん、本当にお疲れ様でした。
 
 で、この試合はスカパー!でも中継はありません...。フ○テレビはやる気ないんだったらナビ杯の放映権をスカパー!へ譲t(ry

 ってな訳で、この試合は試合内容については一切わかりません。しかしオヒサルの文字実況やサッカー関連の情報ホームページ、それにツイッターや試合を観戦された方のブログ等を見るに、この試合は「経験の差が結果に如実に表れた試合」だったように思います。

 
 コンディションに不安を抱いていた伸二と高原、オーストラリア代表に選出されたアレックなどの主力選手を欠き、U-22日本代表に選出された大輔はチームに合流したばかりと、厳しい選手選択を迫られたゴトビ監督。それでも、現時点でベストと思われる布陣で甲府戦に臨みました。
 しかし平均年齢23.9歳のヤングエスパルスは攻撃の形を作ることができず、一方的に市川選手をはじめとした甲府攻撃陣に押し込まれる展開に。エスパルスはケンペー君を中心とした守備陣が甲府の攻撃をはじき返すのがやっと。マイボールになっても、前線でタメを作れるようにキープできる選手がいないため、攻撃はロングボール偏重の単調な攻撃に終始してしまいます。しかし甲府の中盤の運動量豊富なボランチ・伊東選手にエスパルスの中途半端なロングボールは弾き返されてしまい、決定的なチャンスを作ることすらできません。
 
 前半こそ何とかスコアレスで折り返したものの、後半も攻撃の起点すら作れない状況が続いたエスパルスは55分、大悟に代えて永井を投入。前線に速さと経験豊富な攻撃選手を加えて、甲府守備陣を突き崩しに行きます。しかし66分には甲府の市川選手からのクロスをハーフナー・マイクに決められてしまい失点。エスパルスはアウェイゴールを執拗に狙うも、バイタルエリアには伊東選手がエリアをがっちり守り、甲府DF陣はゴール前をしっかり固めてエスパルスの攻撃を完全に弾き返し続け、エスパルスは攻撃の糸口すらつかめないまま試合終了。エスパルスはナビ杯トーナメントで黒星発進となってしまいました。


 選手起用で困難な状況にあったエスパルス、しかし長いシーズンにおいては、常にベストメンバーで試合ができるは限りません。現有戦力で最大のパフォーマンを出して勝利する。これができてこそのプロだと思います。
 しかしこの試合においては、いわゆる「経験の差」が大きく勝敗を分けてしまった。エスパルスには決定的な攻撃の中心となる選手がいなかった。一方の甲府には、攻守に要となる選手が存在した。この差は大きかったという事ではないでしょうか。
 
 しかし、ヤングエスパルスもこの試合を通じて、自分達には何が不足しているのか、どこが弱いのかを、改めて認識できたはずです。要するに、足りない部分・弱い部分を必死に補っていけば、必然的に攻撃力も守備力も備わっていくという事。まだまだ若いオレンジ戦士の可能性は無限大だという事です!何も下を向くことはありません!


 エスパルスは甲府に初失点&初敗戦を喫してしまいました...、

記録...それはいつも儚い。
一つの記録は一瞬のうちに破られる運命を自ら持っている。
それでもエスパルスは記録に挑む。
限りない可能性とロマンをいつも追い続ける。
それがオレンジ戦士なのである。
次の記録を作るのは、
エスパルスなのかも知れない!
参考:びっくり日本新記録

 そうです!ジンクスとか記録とか、んなものぁーいつか崩れるんですよ!でもなんてこたぁーありません!また記録を作りゃーいいてことですよっ!それにナビ杯はホーム&アウェイのトーナメント戦!90分間の前半が終了しただけ!後半は完封して大勝すりゃーいいんでしょ!(←ヤケクソw)

 ヤングエスパルスはこの敗戦で下を向くことなく、しっかりと敗戦の内容を分析し、修正点を浮き彫りにして、その上で足りない部分や高めなければならない部分を明確にして、我武者羅に自らを奮い立たせてほしいです。そして後半90分が戦われる日本平では、大切なものを忘れてきてしまった国立で勝利する為に、この試合での雪辱をきっちりと晴らしてほしいです。


 まぁ、今日はイチとテルに中銀スタで華を持たせてあげただけなんだからねっ!へ、変な勘違いしないでよねっ!




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2011年6月 6日 16:35

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1613

コメントしてください