メインエスパルス観戦記2011年【J特】問題はあるけど、問題はないでしょ♪

2011年3月 7日

【J特】問題はあるけど、問題はないでしょ♪

2011 J.LEAGUE Division1 1st sec.
柏 3-0 清水

 2月20日のプレシーズンマッチで横浜F・Mに勝利したエスパルス。そして3月5日からはいよいよ2011シーズンのJリーグが開幕します。エスパルスの開幕カードはvs柏戦@日立柏。今年も長く熱い戦いが火蓋を切ります!
 
 監督や主力選手がごっそり入れ替わってしまったエスパルス。どこまでチームが仕上がっているのかは、サポーターならずとも心配です。しかしプレシーズンマッチvs横浜F・M戦では柔軟な戦術変更が奏功して勝利しました。開幕戦でもゴトビ監督の手腕に期待したいところ。この試合の日立柏のアウェイ席は満員札止!多くのエスパサポさんがナイトゲームのアウェイ@日立柏に駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。
 
 で、この試合も自宅でテレビ観戦...。この時期のナイトゲームでは、ぱる坊がいるのでいけません...。

 「御破算で願いましては」の状態からプレシーズンマッチの勝利までチームを仕上げてきたエスパルス。しかしこの試合は公式戦。相手は圧倒的な強さでJ2優勝した柏、プレシーズンマッチのようには試合をさせてもらえないでしょう。ゴトビマジックがどこまで通用するのか。不安と期待が入り混じった2011シーズンのリーグ戦がキックオフ!

 
 この試合からブロスケが選手登録も完了してスタメン出場。高原はベンチスタートとなりました。
 試合立ち上がりからエスパルスは中盤からコンパクトにプレスをかけてボールを奪い、切替を早くして柏ゴールに迫るエスパルス。しかし選手間のポジショニングが離れすぎてしまいパスがことごとくカットされ、また連携面でもミスが連発してしまい、そこを柏の早くて強い寄せに突かれて、序盤からエスパルスは押し込まれる展開に。それでも宏介が果敢にサイドを駆け上がり元紀を初めとした攻撃陣にクロスを供給。ゴール前でチャンスを作ります。しかし最後のところで決めきれず得点には繋がりません。
 試合が動いたのは21分、エスパルスゴール前からのFKを直接決められてしまい失点。試合序盤でエスパルスは失点を喫してしまいます。
 先制点を決められてしまいなお浮き足立ってしまうエスパルス。中盤からの攻撃の組み立てが思うようにできず、自陣でボールを奪っても簡単なミスからボールを失ってしまい、そこからショートカウンターを喰らってピンチを招いてしまう。それでも最終ラインが何とか失点を食い止め、前半を1点ビハインドで折り返します。

 後半に入っても状況は好転せず、柏の早くて強い寄せに苦しめられるエスパルス。柏のショートカウンターが面白いように決まってしまい、エスパルスは自陣に押し込められ防戦に回る時間が続きます。
 55分にゴトビ監督はブロスケに代えて高原を投入。前線での攻撃の要としての動きを期待され投入されます。
 しかし事態は逆の方向に動いてしまいます。65分にCKからの混戦を押し込まれてしまい失点。その3分後の68分には柏のショートカウンターを喰らって失点。立て続けに2失点を喫してしまいます。
 3点ビハインドになって完全にゲームプランが崩れてしまったエスパルスに追い討ちをかけるように、79分にはエディが危険なスライディングで一発退場に。1人少なくなってしまったエスパルスは反撃どころか防戦一方になってしまい、まったくいいところないまま試合終了。ゴトビ監督の公式戦は黒星スタートとなりました。


 とにかく何もかもがちぐはくでした。選手間の間隔に意思の疎通、そして動きの連携にプレーの精度。全てにおいて柏に一歩も二歩も遅れてしました。
 リーグ開幕戦ということもあり選手が固くなっていたこともあるでしょうが、それを差し引いても、チームの完成度はエスパルスと柏の間には歴然とした差がありました。辛らつな言い方をすれば、今のエスパルスは、とてもリーグ戦を戦えるような状態ではなかったといえると思います。
 しかし冒頭部分でも触れたように、現状のエスパルスはいわば「御破算で願いましては」の状態。むしろこの程度の状況は想定しうる範囲内の状況といえるでしょう。(いや、決して強がっているわけでもなんでもなくて...)
 監督もコーチも選手もごっそり入れ替わって、1月末からやっとチームを作ってきたわけですから(プロなんだからきっちり開幕にあわせろよ!とのご指摘もあるかもしれませんが)、このくらいの不安定な部分はある意味「織り込み済み」。それにこの試合が今季最終戦ではありません。悲観するようなことはこれっぽっちもありません。
 
 しかしそうは言っても内容が酷かった事に変わりありません。それはゴトビ監督だって選手だって言わなくても解っているはず。したがってやらなければならない事だって解っているはずです。今後それを実践していくだけです。そうすれば道は開けていくはずです。俺たちはそれを信じて応援するだけです。


 エスパルスはリーグ開幕戦で柏に惨敗。ゴトビ監督の公式戦初戦を白星で飾ることができませんでした。しかし前半の不調をハーフタイムに映像を見せて修正しようとするゴトビイズムは健在。寸分のぶれもありません。

 次の試合の対戦相手は鹿島。今年元日の天皇杯で辛酸を舐めさせられた相手。そして舞台は我等が聖地・日本平。何はさておき絶対に勝たなければならない試合です!

 今季のリーグ戦がスタートしました。ゴトビエスパルスは前途多難な船出になってしまいました。しかし「今日負けたことで選手たちがストレスを感じないようにやっていきたい。」とのゴトビ監督が示すとおり、まだリーグ戦は初戦なんです!始まったばかりなんです!ここで敗戦をいちいちくよくよしても仕方ありません!顔を上げて前を向いて歩いていくしかないのです!
 連携や距離感、そして色々なプレーミスなど。オレンジ戦士はこの試合で浮かび上がってきた問題点をしっかりと洗い出し、チーム内で十分に消化して、今後に必ず生かしてほしいです。そして次節の鹿島戦@日本平で、今年元日の雪辱をとサポーターが抱えている不安と言う暗雲を、きっちりすっかりさっぱり晴らしてほしいです。


 まぁ、健太だって監督になってリーグ戦初勝利まで7試合かかったし。ここは慌てずに、腰をすえてエスパルスを応援しましょ!




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2011年3月 7日 12:20

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1597

コメントしてください