メインひまっさい雑記帳ジャリボーイはなはだ唐突ではありますが、あれから5年と2ヶ月が経ちました...。

2011年2月28日

はなはだ唐突ではありますが、あれから5年と2ヶ月が経ちました...。

 ぱる坊がこの世に生を受けて約5年2ヶ月。今ではすっかり大きくなって、年中さんを頑張っています。運動会はゴニョゴニョでしたが、お遊戯会では助演男優賞モノの大活躍(ヴァカ親ですゴメンナサイw)を見せ、スイミングでも着実に進級しているようです。ヨスヨス

 で、いよいよと言うか早くもと言うか、ぱる坊も自転車の補助輪(コマ)をはずす練習を1月末から始めました。というのも、スイミングスクールに通っている幼稚園のお友達が、スイミングに自転車(補助輪なし)に乗って来ているのをオイラが目撃してしまって、これは遅れをとってはいかん!とぱる坊に発破をかけまして。

 自転車は今まで使っていた補助輪つきの自転車ではなく、運良くゲットした同じマンションの年上のお友達のお下がりを使用。最初から補助輪がない自転車で練習を開始しました。補助輪を片方だけ残す練習法もあるんですが、それだといつまでも補助輪頼みになってしまうと思ったもんで。

 練習初日は、補助輪のない自転車にぱる坊を乗せ、後ろからサドルを持って押してあげて練習して、いつの間にか手が離れて自転車に乗れてる!っといったようなドラマみたいな展開を期待して練習をスタート!しかしこれは中腰のままのダッシュを何本もこなさなければならず、体力的に持たないので初日で断念しました...orz

 で、効果的で労力を使わずにサクッっと自転車に乗れるような、そんな素敵な方法が無いものかとぐぐって見たら、ありました!ありましたよ!なりきなオイラにぴったりな自転車練習法が!それが...

ドライジーネ式自転車練習法


 名前は仰々しいですね(;^ω^)

 しかし簡単にいうと、自転車のペダルをはずして両足で地面を蹴って進む乗り方から、最終的にペダルをこいで自転車に乗る方法を覚えるという練習法。ふむふむ、これなら簡単そうでかつ面白い!かつオイラの体力も奪われない(ぉぃ)と思い、早速実行に移しました。

 自転車のペダル用レンチは近所のホームセンターで500円くらいで購入。お下がりチャリだったので、ペダルが錆付いてて外すのに一苦労でしたが、潤滑油(KURE5-56)をたっぷり塗ってペダルを撤去。本来は両方外すんですが、オイラは右側だけ外して練習に使用しました。ってか両方外すのがメンドクサカ(ry

 毎週土日、近所の空き地にぱる坊とオイラの自転車を持っていって練習(平日は仕事だもんでできません)。まず初めにぱる坊の自転車(ぱる坊号)のサドルを両足が着く高さに調整。オイラも自分の自転車に乗って、二人で空き地の中を自転車に乗ってグルグル回ることにしました。

 初めは足を何度も足を地面に着けてフラフラして安定しなかったぱる坊も、練習二日目(翌週末)にはだいぶ足が地面に着く回数が減り、バランスを保ちながら乗りこなせるように。そこで今度は「お父さんと競争しよう!」とけしかけて、平坦な直線コースを往復して、足で蹴ったあとのバランスを保つ方法を身体で覚えさせることに。

 練習三・四日目は同じ練習をして練習五日目、ぱる坊が足で蹴って勢いをつけてスイーッと進めるようになったところで今度は「片方だけつけたペダルを踏んでどこまでいけるか!」の競争をふっかけて挑戦!初めはおぼつかなかった走り出しも30分ほどで徐々に安定し始めてきます。この辺は子供の飲み込みの速さに驚かされました。

 で、2011年2月27日15時頃。ペダルを踏んでどこまでいけるか競争をしていたとき、ペダルに乗っかっていないほうの足が安定してきたのをオイラが見て、ぱる坊に「もう片方のペダル付けてもいけそう?」と聞いたら「うん!」との返事。早速外した右側のペダルを付け直して、本格的な自転車の練習にチャレンジ!

 初めはペダルを踏み出すことはできても、左右交互にペダルを踏む動作ができずに悪戦苦闘してたぱる坊、しかし30分くらい経過した15時45分頃、その時はついにやってきました!


 フラフラとよろめきながらも体全体で必死にバランスを保ちつつ、左右のペダルを必死に、しかし力強く踏み込んで前進するぱる坊の雄姿が...。



ぱ、ぱる坊がつ、ついに

自転車に乗れたーっ!

\いやっふぉぉーい!/

ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ

 苦節1ヶ月(実質6~7時間)、遂に自転車に乗ることができましたおめでとうございますありがとうございます!
 
 ブレーキをかけて止まったぱる坊に駆け寄って「やったじゃーん!☆-ヽ(*´∀`)八(´∀`*)ノイエーイ」とハイタッチ!ぱる坊も満面の笑みで返してくれました。

 「(自転車に)乗れたね!」と聞くと「乗れたね♪」とぱる坊。
 「どうだった?」と聞くオイラに「緊張したけど面白かった♪」とぱる坊。

 この瞬間の思い出は、ぱる坊の胸に深く刻まれたことでしょう。間違いなくオイラの胸には、忘れることのできない思い出として、深く深く胸に刻まれました。

 その後、コツを掴んだぱる坊は自転車の練習を続け、直線や曲線を自転車で走る練習を続けました。もう少し練習して「走る、曲がる、止まる」がきちんとできるようになったら、公道デビューをさせようと考えています。


 ぱる坊がこの世に生を受けて5年と2ヶ月、いつの間にこんなにたくましくなってくれたんでしょうか。口ばっかり達者で内弁慶で華奢な印象があったぱる坊も、意外に頑張り屋で負けず嫌いなところがあり、根性があるところも垣間見せてくれました。まだ風邪をひきやすいところはありますが、ゆっくりだけど一歩づつ、着実に大きくなってきてるんだなぁ、と実感しました。

 これからいろいろ楽しいことやつらいことが山ほどたくさんあるだろうけど、そんな貴重な経験を一つ一つ積み上げて、しっかりと自分の成長に役立てていってほしいです。


 これからも、とにかく元気で、健やかに、大きくなってください。>ぱる坊




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2011年2月28日 23:11

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1595

コメントしてください