メインエスパルス観戦記2010年【J特】今季最高の試合にするな!

2010年12月30日

【J特】今季最高の試合にするな!

第90回天皇杯全日本サッカー選手権大会 準決勝
清水 3-0 G大阪

 25日に行われた天皇杯準々決勝vs山形戦では、試合を優位に進めるもなかなかフィニッシュの精度が甘く、120分間死闘を繰り広げて1-1の引き分けに。PK戦までもつれ込んだ死闘は海人の好セーブによりエスパルスが勝利!29日には天皇杯準決勝vsG大阪戦に臨みました。
 
 120分間の戦いから中3日のハードスケジュールw戦わなければならないエスパルス。選手の疲労が試合展開に影を落としてしまうことも良くあること。そんなエスパルスをサポートするべく、この試合にも多くのエスパサポさんがエコパに駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、寒い中のサポート本当にお疲れさまでした。
 
 で、この試合は自宅...ではなく会社のプロジェクターでこっそり観戦。やっぱり大画面は迫力が違うな(ぉぃ

 今季リーグ戦では1分1敗で勝てていないエスパルス、強力な攻撃と後半からの猛攻が脅威となるG大阪。しかしこの試合には中盤の要となる遠藤が累積警告で出場停止。G大阪も満身創痍で準決勝に臨みます。エスパルスが敵を侮ることなく、最後まで集中して試合を進めることができるか、元日に向けた決戦がキックオフ!

 
 試合開始直後からエスパルスは、準々決勝vs山形戦同様に運動量を惜しまずにプレーしていました。守備では高い位置から球際を激しくしてボールを奪い、攻撃では手数を掛けずにG大阪ゴールへ攻め込む。リーグ戦前半に修理に立ったときのエスパルスのサッカーができていました。オレンジ戦士の一人一人が勝利への執念を前面に押し出し、鬼気迫るサッカーをしていました。一方のG大阪は中盤の要・遠藤を欠く布陣を余儀なくされ、またコンディションが悪い選手や不慣れなポジションの選手もいて、中盤でボールが収まらず守勢に回る場面が続きます。
 エスパルスの猛攻が続いた19分、右サイドをDFをかわしでドリブルで駆け上がるジュンゴがゴール前へクロスを上げると、ゴール前のヨンセソが頭であわせてシュート!ボールはゴールネット左側に突き刺さりゴール!エスパルスが先制点を決めます。
 しかし相手は攻撃に定評があるG大阪、エスパルスは攻守の切り替えを早くし、シンプルかつ細かいパス回しから、さらに攻勢を強めてG大阪ゴールを脅かし続けます。
 すると28分、パスを受けてドリブルで持ち込んだジュンゴがゴール前へ鋭くセンタリング。これはGKに阻まれますが、こぼれたボールをゴール前に走りこんできた兵働が思いっきり振りぬいてシュート!ボールは矢のように突き刺さりゴーール!!エスパルスが追加点を決めます。
 なおも攻撃を緩めないエスパルスに対してG大阪は37分、不調の下平に代えて宇佐美を投入。するとG大阪のポジショニングも落ち着き始め、エスパルスは攻めあぐねる場面も、しかし守備陣がしっかりとバイタルエリアをケアしてG大阪に攻撃の糸口を与えず、エスパルスが2点リードのまま前半を終了します。

 後半になっても、エスパルスはリードしている2点を守るのではなく、後半に猛チャージしてくるG大阪に対して貪欲に追加点を狙う姿勢で攻勢を強めるエスパルス。運動量も落とすことなくアグレッシブかつシンプルに攻撃を展開、G大阪ゴールを狙い続けます。
 すると61分、右サイドからのジュンゴのクロスに、ヨンセソがDFの前へ身体を入れヘディングシュート!ボールはゴールに吸い込まれていきゴーーール!!!エスパルスが試合を決定付ける3点目を決めます!
 その後は両者一進一退の攻防、エスパルスもさすがに運動量が落ち始め、G大阪がチャンスを握る時間が増えまじめます。しかしエスパルス守備陣がしっかりと集中して守備。特に69分に伸二からテルに選手交代してからは中盤をダブルボランチへ変更。G大阪にバイタルエリアを自由にさせないように心がけ、G大阪の攻撃のきっかけをことごとく潰していきます。
 その後健太監督は疲れが見え始めたヨンセソに代えて元紀を投入、90分には兵働に代えて真希を投入。前線に速さのある選手を加え、さらにミドルレンジからの攻撃参加も加えて、試合終了の瞬間までG大阪ゴールを狙います。しかしG大阪も追加点を易々と許してくれるわけもなく、そのまま試合終了。エスパルスが天皇杯決勝に進出しました!


 この試合、何はさておきジュンゴでしょう!
 リーグ最終戦でのリベンジに燃えるオレンジ戦士にあって、ジュンゴの気合の入り方は相当なものに感じました。準々決勝vs山形戦後に「監督にボロクソに言われた」と語ったジュンゴ、この試合では攻撃に中盤の守備にとピッチを縦横無尽に駆け巡り「結果を出したかった」との言葉通りに悔しさを見事に晴らしてくれました。特に攻撃面では伸二と共に攻撃のリズムを作って3アシストの大活躍!外野の雑音を振り切ってピッチで躍動していました。
 ジュンゴ(*^ー゚)b グッジョブ!!エスパルスで共にアジアを目指そうぜ!!


 エスパルスはG大阪に完封勝利。決勝戦に進出を決めました!健太エスパルスになって6年、5年ぶりの天皇杯決勝戦になります。内容よりも結果が重要なトーナメント戦ですが、この試合に関してはオレンジ戦士の戦う魂・勝利への渇望・ゴールへの貪欲さが前面に出ていました。その結果が天皇杯決勝進出の切符を呼び寄せてくれたのだと思います。

 次の試合は、いよいよ今季最後の天王山。2011年1月1日の天皇杯決勝戦。対戦相手は鹿島、鹿島はこれまで何度もリーグ優勝や天皇杯を制覇している相手。そして鹿島とは2001年1月1日の第80回大会で対戦し、延長戦までもつれ込んだ末に苦杯を舐めさせられた相手。相手にとって不足はありません!ACL出場権を得るために、10年前の雪辱を果たすため!そしてなにより、長谷川健太とチームを去るオレンジ戦士を男にするためにも、天皇杯は絶対に何が何でも是が非でも清濁併せ呑んでも優勝するしかないのです!まだ何も終わってはいません!まだ終わっちゃいないのです!俺たちはまだ何も成しえてはいないのです!!!

 天皇杯決勝あでは中2日しかありません。オレンジ戦士は、まずはしっかりと心身ともに休養をとって、身体に蓄積してしまったであろう疲労をできるだけしっかりと取り除いてほしいです。そして今季最後の決戦を勝ちぬくために、今までエスパルスがやってきたサッカーを信じて、そしてオレンジ戦士を信じて、今季最高のサッカーを実現するために、今まで以上に全身全霊を賭して、天皇杯決勝戦を正々堂々と戦い抜いてほしいです。


 この試合は今季最高の試合じゃない!元日の決勝戦の試合が、健太エスパルス史上最高のサッカーになるんだ!
 まだ何も終わっちゃいないぜ健太!国立で勝とうぜ!!俺は最後の最後まで健太エスパルスを応援する!




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2010年12月30日 14:04

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1586

コメント

こんにちは!
このブログを読ませてもらって、自分の気持ち、たおさんにすべて代弁していただいてるように感じました!

天皇杯、絶対取る!
天皇杯、絶対最高の試合にする!
天皇杯、サポーターとして全力で応援する!

たおさんとは国立では直接会えないかもしれませんが、
自分も橙戦士たちと共に同じ国立の舞台へ向かいます!
共に戦い、そして、歓喜の涙を流しましょう!!!!!!!!

@すーなんさん
 
こんにちは!駄文をお読み頂き、ありがとうございます。
 
国立へはいつでも行けるんですw でも、元日の国立で勝つことは
大変なこと。しかし!エスパルスの目指すべき目標は更に遠大!
アジアでの雄飛が目標であると思います!
 
5万人の観衆が集う国立競技場でお会いすることは難しいかも
知れません。でも、エスパルスを応援する気持ちに一分の貴賎
もありません!どこかでばったり!なんてこともあるかもw
 
共に戦い、勝ちましょう!

コメントしてください