メインサッカーあれこれ【J特】この男だから醸し出せる「深み」のある言葉です

2010年12月17日

【J特】この男だから醸し出せる「深み」のある言葉です


 オイラが毎朝読んでいる日本経済新聞。スポーツ面のサッカー関連コラムは、水曜日の「フットボールの熱源」と金曜日のキング・カズこと三浦知良選手の「サッカー人として」の2つ。どちらも濃い内容で非常に読み応えがあります。
 
 で、今日の「サッカー人として」は、この文節から始まりました。

 「もう横浜FCにいるべきではないのではないか―。そう考え続けた1年だった...。」

 正直びっくりしました。まさか!横浜FCから移籍!?と。しかし読み進めていくうちにそれは大きな勘違いだとわかりました。

 
 1年5ヶ月ぶりにスタメン&フル出場を果たし1ゴールを決める。この結果はサッカーファンにとどまらず、世間の人のほとんどが「凄い!」との驚嘆の声を上げるでしょう。しかしカズ本人は、J2リーグ戦全36試合で188分(1試合平均、約5分)しか出場できなかった事に対して「満足ははできない」と語ります。
 
 あくまで現役にこだわるカズの考えは、選手は試合に出てこそ。カズにとって「練習試合」は練習ではなく「公式戦」でした。練習時間外でも「一瞬一瞬、僕は本番をプレーしていた」と話すカズ。そのたゆまぬ努力があったから、最終戦のスタメン&フル出場も、その試合でのJ最年長ゴールも可能になった。決して偶然できたことではないのです。

 最終戦の結果だけ見て「さすがカズ!カズだからできるんだよ」とか「カズは何か持っている」という人は沢山いるでしょう。しかしカズは「持っているからじゃないんだ。」と。 「結果」よりも「過程」にこだわるカズにとって、「人生に偶然はない。大分戦で輝けたのは偶然じゃない」。すなわち最終戦のスタメン&フル出場&ゴールは「当然」なのです。

 カズは今「1998年ワールドカップに行けなかったのも偶然じゃない。岡田監督がどうこうでもなく、僕に力がたりなかったのだと...。」と当時を振り返る。その当時のカズではここまでの考えは出なかったでしょう。しかし齢を重ねていくにつれ、自分とその周りを冷静かつ的確に見極める目を養い。そしてそれが、カズをここまで現役で走り続けることを可能にしたのではないでしょうか。

 ブラジルからのオファーを受けて、経済効果まで含めてあらゆる場面を想定したであろうカズ。その上で導き出した結果は「来年もここで、記憶に残るゴールをみせるよう頑張る。」横浜FCのサポーターの皆さんはほっと胸をなでおろしたことだと思います。来季も日本でカズの活躍を見るチャンスがあるんです。


 「素晴らしき90分間を思い返す。幸せ、やり切った充実感......。ずっとやっていたいね。死ぬまでね。」とコラムを締めくくったカズ。彼ならやりかねません。期待したいです!


 ほんと!カズ△ですね!!




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2010年12月17日 16:46

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1583

コメントしてください