メインエスパルス観戦記2010年【J特】公約どおりに「舞い」ました♪

2010年11月26日

【J特】公約どおりに「舞い」ました♪

2010 J.LEAGUE Division1 32th sec.
清水 2-1 広島

 20日に行われたリーグ戦第31節vs仙台戦では、2ゴールを決めたジュンゴの攻守にわたる活躍で仙台に完勝!天皇杯を含む公式戦3連勝を決めたエスパルスは23日、リーグ戦第32節vs広島戦に臨みました。
 
 14日の湘南戦から中2日で4連戦!リーグ戦終盤戦にきて過酷な連戦を戦わざるを得ない状況を強いられているエスパルス。しかしこの試合は我等が聖地・日本平での試合。過酷な条件で戦うオレンジ戦士をサポートするべく、この日も多くのおエスパサポさんが日本平へ駆けつけてくれました。現地でサポートされたみなさん、本当にお疲れ様でした。
 
 で、この日は自宅でテレビ観戦に...。ホーム最終戦には行きたいなぁ(´・ω・`)

 湘南、横浜F・M、仙台と公式戦3連勝しているエスパルス。チームの気持ちが1つになっている証左といえるでしょう。しかしこの試合の相手は広島、連戦の疲れもピークに達しているであろう状況において、攻撃力が脅威となる広島を封じ込めつつ、広島ゴールを奪い取ることができるのか。連戦を戦うエスパルスの正念場となる試合がキックオフ!

 
 試合開始直後から、エスパルスは積極的に前線の高い位置からプレッシャーをかけて広島の攻撃の基点を潰し、広島に攻撃のリズムを作らせません。そして高い位置でボールを奪うと、アンカーに入った本拓を基点にして、兵働が中盤でゲームをコントロール。前線のジュンゴがきっかけを作って、永井や元紀がゴールを狙う。これまでスタメン出場していたヨンセソを欠く布陣でしたが、速さと突破力を生かした戦術で広島ゴールを狙い続けます。
 すると15分、試合はいきなり動きます。永井からのボールを受けた元紀が左サイドからペナルティエリア内へ切り込んで、角度の無いところからシュート!と、見せかけてゴール前へマイナスのパス。これを走りこんできた兵働がダイレクトで左足を振りぬいてシュート!ボールは低い弾道を描きながらゴール左上に突き刺さりゴール!エスパルスが早い時間で先制点を決めます。
 先制点を決められた広島はここから攻勢を強め、中盤でポゼッションしながらエスパルスゴール前へ縦パスを入れ、寿人や李を使ってエスパルス陣内へ攻め込んできます。しかしエスパルスは広島の攻撃にもしっかりとした対応を見せます。中盤から最終ラインがしっかりと守備を固め広島の縦パスをはじき返して、広島に攻撃のチャンスを与えません。すると広島は左右にボールを揺さぶってギャップを作り、空いたスペースを狙ってサイドチェンジから切り込む攻撃を展開。、しかしこれにもエスパルス守備陣は連携を保ちつつ冷静に対応。広島に思うような攻撃をさせません。
 広島の攻撃の時間が長く続いた39分、逆にエスパルスは左からのCKのチャンスを得ます。キッカーはジュンゴ、ファーへのクロスはGKのポジショニングのミスを招き、これをイワシがきっちり頭で合わせてゴーール!!エスパルスが前半でリードを2点に広げ、試合を折り返します。
 
 後半に入ると、前半から運動量を上げていたエスパルスが、中2日で4連戦をこなしている影響からか足が止まり始め、広島に中盤でパスを回されてしまい、バイタルエリアからゴール前へ縦パスを入れる、広島の攻勢が強さを増してきます。広島に押し込まれる形で守備の時間が増えてしまったエスパルス。何度かカウンターからいい形で攻撃を展開するも、広島の身体を張った守備の前に、ゴールを決めることができません。
 健太監督は59分に元紀に代えてテルを、66分に永井に代えてヨンセソを投入。中盤の守備を固めつつ、エスパルスのカウンターからのチャンスを広げる戦略をとります。
 しかし75分過ぎから、広島がさらに攻撃の手を強め、エスパルスは一方的に攻め込まれてしまう時間が続きます。80分に健太監督はジュンゴに代えて翔君を投入、前線にフレッシュな選手をいてれ、攻守にアクセントをつけます。しかし81分、広島らしい速さのある攻撃から、最後は李に決められてしまい失点してしまいます。
 これまでの展開ならここから広島に追いつかれてしまう展開も十分に考えられたであろうエスパルス。しかしここからエスパルス守備陣が身体を張ってゴールを守り、広島に追加点を許しません。試合終了間際、ゴール至近距離からの李のヘディングシュートを西部が神憑り的反応で右手一本ではじき出してゴールを守ります。これに勇気付けられたオレンジ戦士が渾身の力を振り絞ってゴールを守りきり試合終了。エスパルスが広島に勝利しました!


 この試合、なんと言っても兵働でしょう!
 キャプテンとしてチームを統率し鼓舞し続ける役目を担う兵働。この試合でも中盤でゲームをコントロールして、早くて鋭い広島の攻撃に対して冷静に対応してくれました。また攻撃の場面では積極果敢に敵陣に切れ込んでゴールを狙い、先制点の場面では押さえの利いた鋭いシュートを放ち、数少ないエスパルスのゴールチャンスをきっかり決めてくれました。
 この試合でも兵働はフル出場。連戦続きで披露が極限まで来てるであろうオレンジ戦士を最後まで鼓舞し続け、ヒーローインタビューでは瞳を潤ませる場面も...。熱い魂を持った『清水の光』が、眩くピッチで光り輝いていました。
 
 兵働(*^ー゚)b グッジョブ!!エスパルスの「背番号10」は伊達じゃないっ!


 エスパルスは広島に勝利!勝ち点3を積み上げ、順位も1つ上げて5位になりました。ACL出場権獲得順位の3位にいる鹿島との勝ち点差は僅かに「2」。ここまできたら、ここからはどの試合も絶対に勝たなければなりません。ACL出場権利はもうすぐそこまで来ているのです。一瞬の気の緩みも許されません!

 次の試合はリーグ戦第33節vs神戸戦。目下残留争いの渦中にある神戸、J1残留をかけて死力を尽くして我武者羅になりふり構わず勝ち点3にこだわって試合に臨んでくるはずです。しかも試合は中3日でのアウェイゲーム、しかもこの試合も伸二が出場停止。エスパルスにとっては非常に難しい試合になることは想像に難くありません。だがしかし!この期に及んではエスパルスにとって楽な試合など1試合もありません!1試合も負けるわけにはいきません!絶対に何が何でも是が非でも清濁併せ呑んでも、勝つしかないのです!まだ何も終わってはいません!まだ終わっちゃいないのです!!

 オレンジ戦士は何はさておきしっかりと休養を十分にとり、蓄積しているであろう疲労の解消に努めてほしいです。そして広島戦の結果を十分検証し、後半からの神戸の猛攻を想定して、守備時の選手間の連携を何度も確認し、いかに攻守の切替を早くするかに重点を置いて練習をしてほしいです。そして何より、チーム全体で勝利への硬い信念をさらに熱くして、神戸戦に臨んでほしいです。


 健太監督も公約どおり「勝ちロコ」に加わってくれました。この『勝ちロコ』をできるだけ何度も観たいから、俺は最後まで応援する!




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2010年11月26日 16:45

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1577

コメントしてください