メインエスパルス観戦記2010年【J特】エスパルスの「背番号10」は伊達じゃないっ!

2010年11月22日

【J特】エスパルスの「背番号10」は伊達じゃないっ!

2010 J.LEAGUE Division1 31th sec.
仙台 1-3 清水

 17日に行われた天皇杯4回戦vs横浜F・M戦では、サブ組主体のチームが後半から大爆発!西部の神憑りセーブもあって横浜F・Mに3-0で完封勝利したエスパルス。中2日あけた20日にはリーグ戦第31節vs仙台戦に臨みました。
 
 14日の湘南戦から1週間で3試合の過密スケジュール。いくらケアしているからといって、選手の疲労も少なくは無いはずです。そんな疲労困憊のオレンジ戦士をサポートするべく、この日も多くのエスパサポさんがアウェイのユアスタへ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。
 
 で、この日は従姉妹(一部で姪といってましたが誤りでした)の結婚式があって、試合の中継は観られず。情報統制をかけて録画で観戦しました。

 湘南と横浜F・Mと公式戦で2連勝しているエスパルス。チーム内の雰囲気も一層よくなってきているとのこと。この勢いをリーグ戦に繋げて上位に食い込み、そして天皇杯で勝ち上がっていくことができるか。それにはまずこの試合でもしっかり勝たなければなりません。エスパルスの勢いをさらに加速できるかどうか。試金石となる試合がキックオフ!

 
 健太監督はコンディションが上がりつつある仙台に苦戦することを予見し、システムを4-3-3から4-4-2へ変更。テルと本拓のダブルボランチで、仙台攻撃陣の封じ込めを狙いました。
 試合立ち上がりから、エスパルスはユアスタのピッチコンディションに悩まされてしまい、思うようにパスが繋がりません。逆に仙台は荒れたピッチを考慮してロングボールを主体にした攻撃を展開。素早く前線にボールを放り込んで、前線の梁勇基がそれにあわせて攻撃を展開する形をとります。しかし、ダブルボランチのテルや本拓がロングボールを拾って、仙台に攻撃のチャンを与えません。
 しかし15分、仙台の左サイドからの突破を防ぎきれず、最後は菅井に押し込まれてしまい失点。エスパルスは先制点を決められてしまいます。
 今までのエスパルスなら、ここから焦りが出てきてしまい逆にミスを連発し、追加点を献上してしまうパターンが多かったはず。しかしこの試合では、テルと本拓のボランチがゲームを落ち着かせて、チーム全体も浮き足立つことなく、しっかりと気持ちを切り替えて、同点ゴールを狙いました。
 すると29分、本拓の左からのクロスにゴール前の岡チャソが頭で合わせてシュート!ポストにはじかれたボールをジュンゴが頭から飛び込んで押し込みます。しかしこのとき仙台DFに倒されてしまいPKをゲット!仙台DFはレッドカードで一発退場。このPKをジュンゴが冷静に決めてゴール!エスパルスが早い時間で同点に追いつきます。
 その後は一進一退を繰り返す展開に。仙台はロングボールでエスパルス守備陣の裏を狙う。エスパルスは徐々に荒れたピッチに慣れてきて、持ち前のパスワークで仙台守備陣にスペースを作って切り込む。お互いにゴール前では集中を切らさずに攻撃を跳ね返す。ぎりぎりの攻防が続きました。
 誰しもが1-1のまま終わると思ったであろう前半ロスタイム、左サイドからの兵働のセンタリングを岡チャソがシュート!これは仙台守備陣にはじかれてしまいます。しかしこぼれてきたボールを、ペナルティエリア内に走りこんできたジュンゴが冷静かつ丁寧にコースを突いてシュート!ボールは仙台DFをすり抜けてゴールに吸い込まれてゴーール!!エスパルスが逆転に成功して前半が終了します。

 後半に入ると試合は膠着状態に。1人少ない仙台が守りを固めてしまい、悪いピッチコンディションもあって、エスパルスは効果的な攻撃を展開することができません。また連戦の疲れからか選手の動きにも精彩を欠いてしまい、逆に引いて守りを固める仙台にカウンターを食らう場面も...。しかし、ゴールマウスに立ちはだかる西部のファインセーブで辛くも失点を回避し続けます。
 健太監督は76分にジュンゴに代えて伸二を、78分には岡チャソに代えて元紀を投入。中盤から前線にフレッシュな選手を投入し、攻撃の活性化を図ります。しかしそれでもなかなか効果的な攻撃を展開することができず、追加点を決めることができません。
 このまま試合が終わるだろう。エスパサポの誰もが思っていたであろう89分、試合はまだまだ終わりませんでした。仙台の左からのCK、試合終了間際ということもあり、仙台はGK林までエスパルスゴール前に上がってきました。このピンチを凌いだエスパルス、こぼれだまを拾った兵働がGK林の見ている前で前線へロングパス!これに反応した元紀がトップスピードで追いついてドリブルで持ち込み、そのまま無人のゴールへシュート!仙台DF2人が必死のスライディングを見せるもクリアにはいたらずボールはゴールに吸い込まれてゴーーール!!!エスパルスが駄目押しの3点目を決めて試合終了。エスパルスが仙台を下し、貴重な勝ち点3を積み上げました。


 この試合、なんと言ってもジュンゴでしょう!
 今季に入っても好調を維持しているジュンゴ。この試合でも2ゴールの活躍を見せてくれました。ゴール以外でも中盤でのゲームコントロールや攻撃の起点になるなど、ハードワークを惜しまず縦横無尽にピッチを駆け巡ってくれました。この試合で合計ゴール数も岡チャソに並ぶ13ゴールに。岡チャソとのゴール数競争が、そのままJ1でのゴールランキングに繋がります。エスパルスの選手がJ1ゴールランキングで1・2フィニッシュを決めてほしいです。
 
 ジュンゴ(*^ー゚)b グッジョブ!!エスパルスの「背番号10」は伊達じゃないっ!

 それと元紀!昨季までなかなか公式戦に出るチャンスが無かった元紀。しかし今季は途中出場ながらも徐々にプレー時間が長くなっていきていて、持ち前の速さとゴール前の嗅覚を発揮して、後半のここぞと言うときにエスパルスにチャンスを与えてくれます。まさに頼れるスーパーサブ!この試合でも兵働との以心伝心でGKのいないゴールへのロングパスに素早く反応!一心不乱に駆け抜けてゴールを決めてくれました。
 『小さかったら早く走る』元紀の今後に期待したいです。
 
 元紀(*^ー゚)b グッジョブ!!あの走り方がたまらないっす(*´∀`)


 エスパルスは仙台に勝利!勝ち点3を積み上げました。順位こそ変化ありませんが、ACL出場権獲得順位に食い込むためには勝利は必須条件!ここからはどの試合も絶対に勝たなければなりません。

 次の試合はリーグ戦第32節vs広島戦。強力な攻撃力を誇る、好調な広島もACL出場権を狙って、勝ち点を積み上げてきています。エスパルスにとっては叩かなければならない強敵。ここで勝利を勝ち取ることができなければ、ACL出場権獲得は極めて難しいものになるでしょう。また次節も中2日での試合、そして仙台戦で警告を受けた伸二が2度目の累積警告で2試合出場停止。エスパルスにとっては非常に厳しい状況にあると言えそうです。だがしかし!エスパルスは1試合も負けるわけにはいきません!絶対に何が何でも是が非でも清濁併せ呑んでも、勝つしかないのです!まだ何も終わってはいません!まだ終わっちゃいないのです!!

 オレンジ戦士は何はさておきしっかりと休養をとり、蓄積しているであろう疲労の解消に努めてください。その上で仙台戦の後半のようなグダグダな守備にならないよう、しっかりと守備時の選手間の連携を確認し、攻守の切替を早くするよう心がけてほしいです。そして何より、チーム全体で勝利への硬い信念を持って、広島戦に臨んでほしいです。


 それにしても、元紀の走る姿はヵヮ。゚+.(・∀・)゚+.゚ィィ!! まるでシマリスみたい(*´∀`)




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2010年11月22日 16:30

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1576

コメントしてください