メインエスパルス観戦記2010年【J特】やっと決まった「ホットライン」でのゴール!!

2010年11月19日

【J特】やっと決まった「ホットライン」でのゴール!!

第90回天皇杯全日本サッカー選手権大会 4回戦
横浜F・M 0-3 清水

 14日に行われたリーグ戦vs湘南戦では、岡チャソの2ゴールを含む大量5ゴールと、西部を初めとした守備陣の頑張りで完封勝利を決めたエスパルス。中2日あけた17日は天皇杯4回戦vs横浜F・M戦に臨みました。
 
 中2日で迎えたアウェイゲーム、しかも小雨がぱらつくナイトゲーム。エスパルスにとっては厳しい条件と言えます。そんなエスパルスをサポートするべく、この日は平日のアウェイでの試合にもかかわらず、多くのエスパサポさんが三ツ沢球戯場に足を運んでくれました。現地でサポートされた皆さん、寒い中本当にお疲れ様でした。
 
 で、この試合はオイラだけ単独出撃!仕事帰りに横浜へ直行!スーツのズボンがずぶぬれになりました。でも(・ε・)キニシナイ!!

 湘南戦では大量ゴールで完封勝利!今までエスパルスを取り巻く雑音を振り払うような快勝を決めることができました。しかしそれをあとに繋げることが出来なければ、せっかくの快勝も意味を成すことができません。1日も長くこのメンバーでのサッカーを見続けるため、そして健太監督を男にするため、絶対に勝ち抜かなければならない試合がキックオフ!

 
 健太監督は湘南戦で負傷したエディに代えてイワシを先発起用、右SBにはツジヲが入りました。そして前線では永井がスタメン出場、ヨンセソはベンチスタートとなりました。
 試合立ち上がりはお互いに慎重になっているのか、狭いレンジでのパスやバックパスが目立ってしまい、なかなか攻撃へ転じることができません。選手間の連携も今ひとつで、強い向かい風もあって、エスパルスらしい攻撃は影を潜めたまま、前半のボールポゼッションでは横浜F・Mの後塵を拝していました。しかし横浜F・Mも中澤や栗原といった主力選手を怪我で欠く厳しい台所事情もあって、何度となくエスパルスは横浜F・Mに押し込まれるも、最後のところで身体を張って攻撃をはじき返し続け、失点を水際で食い止め続けます。前半にエスパルスが放ったシュートは僅か3本、全く攻撃のリズムがつかめないまま、前半はスコアレスで終了します。
 
 しかし後半になると状況は一変!風上になって強い風を背中に受けたエスパルスは、一気呵成に横浜F・Mゴールに襲い掛かります。
 先制ゴールはエスパルス。後半立ち上がりの48分、ツジヲからの縦パスに素早く反応したジュンゴが横浜F・M守備陣の裏へ抜け出し、GKと交錯しながらも足でボールを押し込んでゴール!エスパルスが後半開始早々に先制点を決めます。
 しかし65分、ペナルティアーク付近でエスパルスは痛恨のファウルを犯しFKを横浜F・Mに献上。キッカーはスンスケ。壁を越えてゴールマウスへ一直線に進むボールをGK西部が鋭い反応で右手1本でボールをはじきだし、この試合最大のピンチを乗り切ります。
 これで一気に勢いづいたエスパルスはさらに攻勢を強めます。永井が前線でポスト役となってボールを横浜F・M守備ラインの裏へ落とし、そこへジュンゴや岡チャソが走りこんでシュートを放つ。長短織り交ぜたパスやポストプレーで横浜F・Mの守備の裏を突き、シュートチャンスを作ります。
 すると72分、右からのCK、キッカーは伸二、伸二が上げたゴール前へのセンタリングを岡チャソがきっちりと頭で押し込んでゴーール!!伸二=岡チャソのホットラインで、エスパルスが追加点を決めます!
 2点のリードを奪うことで、試合展開に余裕が出てきたであろうエスパルス、しかし健太監督は全く攻撃の手を緩めようとはしません。77分に健太監督はジュンゴに代えて元紀を投入、運動量が落ちできた横浜F・M守備陣に対して、動き出しの速さと運動量で裏へ抜け出し、横浜F・Mゴールへ迫ります。
 すると81分、兵働からのパスをペナルティエリア内で伸二がスルーして、最後は岡チャソが落ち着いて足で蹴り込んでゴーーール!!!エスパルスが試合を決定付ける3点目を決めます。
 健太監督は82分に伸二に代えてテルを投入、89分には岡チャソに代えて翔君を投入。中盤でバランスをとりつつ攻撃のチャンスを狙います。残念ながら追加点は生まれませんでしたが、しっかりと守備をして試合終了。エスパルスが横浜F・Mを下し、準々決勝に駒を進めました!


 この試合、なんと言っても西部でしょう!
 この試合のターニングポイントと言っても過言ではないであろう、65分のスンスケのFK。左足から放たれたFKは立ち並ぶ選手の壁を越えて、鋭くゴールマウス右上隅へ一直線に吸い込まれていきます。私を含めたエスパサポの誰しもが失点を覚悟したその時!「無心だった」と語ったGK西部が神憑り的な反射神経で、ゴールに吸い込まれる直前に右手1本でボールをはじきだします!
 このFKが決まっていたら、あるいはこの試合の行方は全く違った結果になっていたかもしれません。どちらに転ぶかわからなかった悪運、それを西部は右腕ひとつで『ばちこーーん!』っとはじき返してくれました。
 公式戦2試合連続の完封勝利、これまで不安定だった守備陣を、ゴール前から支えてくれる『守護神』の存在は、チームに勇気を与えてくれます。
 
 西部(*^ー゚)b グッジョブ!!まだまだ西部は必要だと思うよ>エスパルスフロント各位

 それと岡チャソ&伸二。今季伸二がエスパルスに加入してここまで、伸二=岡チャソのラインからゴールが生まれたことは一度もありませんでした。まるで何かにとり憑かれてしまったかのように...。しかしこの試合では何度となく好連携を披露。伸二の芸術的ともいえるようなサッカーセンスと岡チャソの野性的なゴールへの執念。その二つがこの試合でやっと融合してくれました。
 
 岡チャソ&伸二(*^ー゚)b グッジョブ!!これからも遠慮せずにビッシビシゴールを決めちゃってね♪


 エスパルスは横浜F・Mを撃破!天皇杯の準々決勝に駒を進めました。それよりも何よりも、横浜F・Mを完封で討ち取ったことが、なにより重要かつ大切な結果だと思います。これでエスパルスは公式戦2連勝!エスパルスの周りの雑音は、オレンジ戦士の勝利への鼓動で、少しずつかき消されてきています。

 次の試合は中2日でリーグ戦第31節vs仙台戦、仙台も目下残留争いの渦中にあり、勝ち点は是が非でもほしいはず。しかもユアテックスタジアム仙台でのアウェイゲーム。エスパルスにとって厳しい条件になります。だがしかし!負けるわけにはいきません!まだ何も終わっちゃいません!

 オレンジ戦士は、まずはしっかりと休養をとって、溜まった疲労のケアを入念に行ってください。そのうえで選手間で、攻撃や守備のときの連携やパスワークにおける共通イメージをしっかりと確認して、十分に準備をして仙台戦に臨んでほしいです。


 あと、すみません。シンジは『ダブル』ではなくて『トリプル』なんですよ。この試合でも1アシストしてるし(´・ω・`)




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2010年11月19日 19:48

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1575

コメントしてください