メインエスパルス観戦記2010年【J特】想いはゴールに繋がらず...。

2010年10月12日

【J特】想いはゴールに繋がらず...。

2010 J.LEAGUE YAMAZAKI NABISCO CUP 準決勝 第2戦
清水 1-1 広島

 2日に行われたリーグ戦第25節vs鹿島戦では、鹿島の猛攻撃の前に先制ゴールを許し、その後も厳しい状態が続くも、伸二のエスパルス移籍後初ゴールが決まって、辛くも引き分けに終わったエスパルス。10日にはナビ杯準決勝第2戦vs広島戦に臨みました。
 
 リーグ戦でなかなか調子が戻ってこないエスパルス。ナビ杯も絶対に落としてはいけない、是が非でも獲りたいタイトル!この試合の結果が重要になってきます!この日の試合は我等が聖地・日本平での試合。この日も多くのエスパサポさんが日本平へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。
 
 で、この試合は自宅でテレビ観戦...。前日に雨で順延になった、ぱる坊の運動会の予備日だったもんで(;´∀`)

 ナビ杯準決勝第1戦では、スタメン出場選手の連携不足から広島に敗戦。しかしエダの貴重なアウェイゴールが決まっています。この結果しだいでは、国立への切符がその手に入ります!失点を防ぎきって勝利することが大命題の!絶対に勝たなくてはらない試合がキックオフ!

 
 前半立ち上がりから猛然と広島ゴールに襲い掛かるエスパルス攻撃陣。運動量を上げて中盤から積極的にボールを奪い、そこから攻守の切り替えを早くして、広島ゴールを何度となく脅かし続けます。広島は運動量を上げて攻勢を強めるエスパルスを前に防戦一方。エスパルスにゴールが生まれるのは時間の問題と思われました。しかしこの試合では最後のところでゴールが決まらず。決定的なシュートもクロスバーやゴールポストに阻まれてしまい、ゴールを決めることが出来ません。結局スコアレスのまま前半が終了します。
 
 後半に入っても試合の主導権を握ったのはエスパルス。この試合で何が何でも勝たなければならないエスパルスは、さらに攻勢を強め、広島ゴールを狙いにいきます。しかし64分、前がかりになったエスパルスの裏を突破されてしまい失点。先制点を広島に決められてしまいます。
 チャンスを多く作りながらも、先制点を奪われてしまったエスパルス。守備を固める広島を前に、なかなかゴールに迫ることすら出来ません。そして次第にオレンジ戦士の表情にあせりの色が濃くなると、それまでアグレッシブだった攻撃陣が次第に単調になってしまい、ゴール前を固める広島に、攻撃をことごとくはじき返されてしまいます。 それでも87分、ヨンセンからのパスを伸二がゴールに押し込みゴール!エスパルスが試合終了間際に同点に追いつきます!
 2-1で勝利すれば延長戦に持ち込ませることもできた試合。しかしエスパルス攻撃陣の猛攻も続かずに試合終了。エスパルスはナビ杯準決勝で姿を消すこととなりました。

 
 どうしても勝ちたかった、勝たなければならなかった。この試合にオレンジ戦士が懸けていた想いは並々ならぬものだったはずです。その想いはこの試合でエスパルスが放った22本のシュートに込められていたはずです。
 試合内容では、エスパルスは広島を圧倒していた。積極的に中盤からボールを奪い、両SBが果敢に攻め上がり、中央でヨンセンが落として、伸二やエダがゴールを狙っていく。今までエスパルスがやってきたサッカーを、十二分に広島に味あわせていた。しかし、ゴールは遠かった。この試合ではクロスバーやゴールポストまでそれを妨げていたようだった。いや、思い過ごしだと言うことはわかる。しかしそう思いたくなうような。そんな試合だった。
 これまでも課題だった「自陣に引いて守りを固める相手をいかに攻め崩すか」が、この試合でも大きくエスパルスにのしかかった。何度となく攻撃を仕掛けるも、徹底的にゴール前を固める広島に苦戦。そしてあせりが見え始めた後半に、守備の裏を突かれて失点。伸二が一矢報いるも、最後まで広島を崩しきれずに試合終了。オレンジ戦士に突きつけられた結果としては、あまりに厳しいものでした。
 しかし、これも結果。選手もスタッフも、そしてサポーターも受け入れなくてはいけません。ナビ杯決勝に勝ち残るためには、何かが足りなかった。何かが足りなかったから、ナビ杯決勝に勝ち残れなかった。その「なにか」を探し出し克服するのは、容易なことではないはずです。しかし、その「なにか」を必ず探し出し、乗り越えなければ、栄光を手にすることは出来ないでしょう。

 悔しい思いをしたくなければ、強くなるしかありません。心も、技も、体も。それを痛感させられた試合でした。その想いはオレンジ戦士も同じはず。この試合で感じた悔しさを、オレンジ戦士は絶対に忘れないでほしいです。そして、さらに自分に磨きをかけ、強く、強く!なってほしいです。


 エスパルスは広島に引き分け、2年連続でナビ杯決勝トーナメント準決勝敗退が決定してしまいました。リーグ優勝が非常に困難な状況にあるエスパルスにとって、ナビ杯を落としてしまったことは大きな痛手になるはず。しかし!こんなところで下を向いている時間はありません!まだまだ、何も終わっちゃいないのです!

 次の試合は中2日で行われる天皇杯3回戦vs水戸戦。2回戦のHonda FC戦で思わず苦戦を強いられてしまったエスパルス。ナビ杯敗退が決定してしまい、モチベーションが低下してしまっている現状を考慮に入れると、格下チームとの対戦とはいえ、決して楽な試合になるとは思えません。油断して試合に臨めば、思わぬ苦戦を強いられてしまうことも十分考えられます。

 中2日と厳しい試合日程、そしてナビ杯決勝トーナメント敗退と、エスパルスを取り巻く環境は、決して楽な状況ではありません。しかし!泣いても笑っても、次の試合はやってきます!オレンジ戦はまず十分に休養をとって、気分をリフレッシュさせてほしいです。そしてタイトルゲットの大きなチャンスになるであろう天皇杯第3回戦に勝利するために、気持ちw切り替えて万全に準備をしてほしいです。
 また天皇杯第3回戦vs水戸戦には、これまで出場機会が無かった選手の起用も考えられます。貴重なチャンスを貰った選手は、これまで公式戦に出られなかった鬱憤を晴らし、レギュラー陣を脅かすくらいの活躍をしてほしいです。


 下を向くぐらいなら顔を上げろ!落ち込んでいる暇があったら走れ!




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2010年10月12日 17:17

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1566

コメントしてください