メインエスパルス観戦記2010年【J特】このゴールを今後につなげたい!

2010年10月 5日

【J特】このゴールを今後につなげたい!

2010 J.LEAGUE Division1 25th sec.
鹿島 1-1 清水

 9月29日に行われたナビ杯準決勝第1戦vs広島戦では、サブ組み主体のスタメンで思うような攻撃が出来ずに敗戦。しかし意地のアウェイゴールを1つ決めてきたエスパルス。10月2日にはリーグ戦第25節vs鹿島戦に臨みました。
 
 ナビ杯vs広島戦から中2日、しかも広島-鹿島と2試合連続のアウェイゲーム。選手の疲労も少なくは無いはず。そんなオレンジ戦士を鼓舞するべく、この日も多くのエスパサポさんがアウェイのカシマスタジアムへ足を運んでくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。
 
 で、この試合は出撃!予定でしたが、相方とぱる坊が風邪気味で、残念ながら自宅観戦に...。今期最後の関東アウェイゲームだったんだよね(´・ω・`)

 ナビ杯準決勝第1戦では、スタメン出場選手の連携不足から勝ちきれなかったエスパルス。しかしこの試合では従来のスタメン選手が戻ってきます。上位争いに食いついていくためにも、そしてここまで波に乗り切れないエスパルスが再び上昇気流に乗るためにも、なんとしてでも勝っておきたい試合がキックオフ!

 
 試合序盤は完全にエスパルスが主導権を握ります。中盤の高い位置からプレスをかけて鹿島からボールを奪い、そこから素早くボールをはたいて前線へ送り、ヨンセソがポストになってボールを落として、そこへジュンゴや岡チャソが走りこんでシュートを放つ。エスパルスらしい攻撃の形が随所に見られました。
 先制点はエスパルス!11分に本拓のパスカットからボールを受けた伸二がドリブルで駆け上がり、ペナルティアーク手前から豪快に右足を振りぬいてシュート!無回転のボールはぶれながらカシマゴールに突き刺さりゴール!伸二移籍後初ゴールでエスパルスが先制しました!
 その後もエスパルスが鹿島ゴール前でチャンスを作るもなかなか決めきれず、次第に鹿島も構成を強めてきて、エスパルスが守勢に回る場面が目立ち始めます。それでもエスパルス守備陣がゴール前で体を張って失点を防ぎきって、1点リードのまま前半が終了します。
 
 後半に入ると事態は大きく変わります。1点ビハインドで迎えた後半の鹿島はさらに攻勢を強め、エスパルスゴールに襲い掛かります。エスパルス守備陣は鹿島の攻撃を辛抱強く跳ね返し続けましたが、53分にCKから失点を許してしまいます。
 後半の立ち上がりで追いつかれてしまったエスパルス。しかしここから集中を切らさずにしっかりと守備を固め、追加点を食い止めます。鹿島も必死の攻撃を展開しますが、アラタやエディが危ない場面で体を張ってこれを食い止め、ゴールを許しません。
 健太監督は59分に兵働に代えてテルを投入。鹿島のカウンターを警戒しつつ、少ないチャンスを決める攻撃パターンを展開します。そして試合終了間際の81分にはエダに代えて真希を投入。ミドルレンジからの攻撃でゴールチャンスをうかがいます。しかし鹿島も必死の抵抗を見せて、結局そのまま試合終了。1-1の引き分けに終わりました。


 後半立ち上がりで、課題だったセットプレーでの守備のもろさを突かれて失点を喫してしまったエスパルス。ここ最近のエスパルスなら、これをきっかけにずるずると失点を重ねてしまうパターンが多かったはず。しかし!この試合のエスパルスはこれまでとはちょっと違いました。
 守備陣が試合前にミーティングを開き、連携面や動きを確認。基本的なところを改めて再確認し、それをしっかり実行した。その結果、前節vs名古屋戦で5失点を喫してしまったエスパルス守備陣は、鹿島攻撃陣の猛攻に対して1失点で抑えた。これは今後ますます厳しくなっていくであろうリーグ戦上位争いに食いついていくための、大きな自信に繋がったのではと思います。しっかりとした守備を土台にして攻撃を展開する。エスパルスがこれまで培ってきたエスパルスのサッカーを取り戻せれば、リーグ戦で上位に食い込んでいくことは十分可能だと思います。

 それと伸二!待ちに待った移籍後初ゴールは、奇しくも重要な試合で生まれました。Jリーグでは浦和時代の2007年6月30日の磐田戦以来、実に3年3ヶ月ぶり。25メートルの美しいミドルシュートはまさしく「伸二の清水帰還の狼煙」に違いありません。これからの伸二のゴール量産に期待したいです。
 
 伸二(*^ー゚)b グッジョブ!!これからも遠慮しないでバンバンゴールを決めちゃっていいからね!


 エスパルスは鹿島に引き分け、勝ち点1を分け合いました。順位も6位に後退、首位・名古屋との勝ち点差も13に広がってしまいました。しかし2位以下のチームは依然として混戦状態。そして残り試合数は9試合。最後まで何があるか分からないのがサッカー。こんなところであきらめるわけにはいきません!

 次の試合は10月10日のナビ杯準決勝第2戦vs広島戦。第1戦で敗戦しながらもアウェイゴールを決めているエスパルス。戦い方によっては、有利に試合を進められる状況にあります。守りに入るような戦い方は厳禁ですが、逆に攻め急いで雑なプレーになってしまうのも禁物。冷静かつ大胆な試合展開が求められるでしょう。

 オレンジ戦士はしっかりと休養をとって、体の疲れを癒してほしいです。そして広島にアウェイで味わった屈辱を晴らすため、また国立においてきてしまった「誇り」を取り戻すため、この1週間で攻守の連携や選手の動き、特に守備を再度確認し、しっかりと準備をして広島戦に臨んでほしいです。


 本当に、あの伸二のゴールでおかわり3杯はいけるな!




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2010年10月 5日 14:34

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1565

コメントしてください