メインエスパルス観戦記2010年屈辱、以上。

2010年8月25日

屈辱、以上。

2010 J.LEAGUE Division1 20th sec.
"EL CLASICO"at J-LEAGUE 42th. The SHIZUOKA Derby Match
清水 1-2 磐田


 17日に行われたリーグ戦第19節vs新潟戦では、運動量で完全に圧倒されてしまったエスパルスが新潟に今季最多失点を喫してしまい、成すすべなく完敗してしまったエスパルス。22日にはリーグ戦第20節"静岡ダービー"vsジュビロ戦に臨みました。

 そのときの順位やチームのコンディションは全く関係なく、完全な"ガチンコ勝負"の静岡ダービー。リーグ戦再開後の初戦の静岡ダービーではスコアレスドローだったエスパルス。その後の不調っぷりは周知の事実。この静岡ダービーで完勝して、連敗も不調もここまでにしたい!そんな想いを胸に、この日もアウェイの静岡スタジアム・エコパに多くのエスパサポさんが駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れさまでした。
 
 で、我が家はこの試合もテレビ観戦...。ぱる坊も夏の疲れが出てきてるもんで(´・ω・`)

 リーグ戦再開から不調にあえぐエスパルス、しかし苦境から脱出するためには試合に勝つしかない。何より静岡ダービーは勝利こそが至上命題。ジュビロを撃破して連敗と不調に終止符を打つことが出来るのか!エスパルスの勝利への戦いが火蓋を切りました!

 
 健太監督は累積警告で出場停止の平岡に代えて廣井をCBで先発起用。エディとコンビを組みました。また右SBにはイチがスタメン復帰、コンディションが整わなかった本拓に代えて真希がスタメン入り、また伸二に代えてテルがスタメン起用されて、真希とダブルボランチに入ります。またFWにはヨンセソと岡チャソが入り、その結果今季これまでとってきた4-3-3ではなく昨季まで使用していた4-4-2の布陣で静岡ダービーに臨みました。

 試合は立ち上がりから激しい主導権争いの様相を見せます。エスパルスも動き出しや玉際の運動量を上げてジュビロからボールを奪い、そこから素早く攻撃を展開してジュビロ守備陣を翻弄。攻撃のリズムを作ります。しかし最後のところで決め切れず、決定的チャンスをゴールに繋げることができません。
 すると24分にジウシーニョに決められてしまい、エスパルスはジュビロに先制点を献上してしまいます。
 するとエスパルスはまたしても運動量が落ち始めてしまい、ジュビロに動き出しや玉際で競り負けてしまう場面が散見されてきます。エスパルスは最終ラインでしっかりとジュビロの攻撃をはね返し、追加点の献上を必死に食い止めます。
 すると前半終了間際の41分、ジュビロゴール前での混線から最後は宏介が押し込んでゴール!エスパルスが同点に追いつきます。
 しかし喜んでいるのもつかの間、その2分後の43分にはエスパルスの守備の乱れを突かれてジュビロの突破を許していまい失点。エスパルスは1点ビハインドのまま前半が終了します。
 
 後半になってもエスパルスは動き出しの遅さと細かいミスで全く攻撃のリズムが作れません。エスパルスは前線で攻撃の起点が作れず、ゴールまで思うように攻撃展開が出来ません。しかしジュビロも運動量が落ち始め、攻撃に迫力がなくなってきます。
 健太監督は56分に兵働に代えてエダを投入、中盤での攻撃の起点としての動きを期待します。しかしそれでもなかなかジュビロを崩しきれないエスパルスは70分に真希に代えて伸二、75分には岡チャソに代えて一樹を投入。中盤から前線での攻撃の厚みを増す作戦にでます。しかしこの交代も同点ゴールには繋がらず、そのまま試合終了。エスパルスはジュビロに惜敗してしまいました。


 過酷な夏場の連戦、そして本拓・平岡・イワシを欠く厳しい選手起用。エスパルスが直面していた事情は、そう生易しいものではなかったことは事実です。またシステムを4-4-2に戻したもの、止むに止まれる事情があってのことだと思います。しかし、静岡ダービーではそんなことはただの「言い訳」に過ぎません。静岡ダービーだけは勝たなければならない。そんなことは今更言わなくてもいいこと。負けた理由は枚挙に暇がありません。ジュビロに負けて3連敗。このことをオレンジ戦士はしっかりと認識して、その上で今時分たちが何をやらなければならないのかを真剣に考えてほしいです。


 エスパルスは静岡ダービーでジュビロに惜敗、順位も4位に後退してしまいました。リーグ戦再開後のエスパルスは全く調子が上がらない状態が続いています。しかし!サッカーはまだまだ続きます。ここでクヨクヨしている暇は無いのです!

 次の対戦相手は川崎。ここも言わずと知れた強豪。W杯後に数名の中心選手が海外クラブへ移籍し、戦力的には若干落ちたと思われていましたが、ここへ来てしっかりと調子を上げてきています。一瞬の気の緩みが致命的な結果に繋がる。全く侮ることは出来ません。

 ここで次節まで1週間期間が開きます。オレンジ戦士は体の心のほうまで溜まってしまったであろう、夏場の疲労をしっかりとケアして取り除いてくださいね。そして強豪・川崎との試合に向けて、再び自分たちのサッカーが取り戻せるよう、動きや連係をしっかりと確認して、連敗を必ず阻止してほしいです。


 静岡ダービーで負けちゃだめだろ(´・ω・`)




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2010年8月25日 23:56

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1554

コメントしてください