メインエスパルス観戦記2010年負けて兜の緒を締めよ!

2010年5月10日

負けて兜の緒を締めよ!

2010 J.LEAGUE Division1 11th sec.
清水 0-2 新潟

 5日の京都戦では、前半に2失点を喰らって苦境に威立たされるものの、ボスナー砲を始めとした攻撃陣が4ゴールの大奮闘。約2年ぶりに逆転勝利を修めたエスパルスは8日、リーグ戦第11節vs新潟戦に臨みました。
 
 京都戦から中2日というゴールデンウィーク特有の強行日程。連戦の疲れもピークに達している過酷な戦い。そんなエスパルスをサポートするべく、この日も多くのエスパサポさんが日本平へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。
 
 で、で、この試合も自宅でテレビ観戦...。ぱる坊の調子も今ひとつ。ついでに相方の調子も今ひとつだったもんで...。

 京都戦で約2年ぶりの逆転勝利を決めたエスパルス。しかしその試合で伸二・エディ・宏介が警告・退場処分を受けて、新潟戦では主力3選手が出場停止というスクランブル状態。「伸二頼み」といわれないよう、現有戦力でキッチリと新潟を退けられるか。エスパルスの総力が試される試合がキックオフ!

 
 エスパルスは出場停止のエディ・宏介・伸二に代わり、廣井・アラタ・テルがスタメン出場。廣井はJ1リーグ戦初スタメン出場となります。
 試合開始直後からエスパルスの選手は出足が遅く、新潟に押し込まれる苦しい展開。中盤で攻撃の形を作ることが出来ず、簡単に新潟攻撃陣に切り込まれてしまいます。急造DF陣もラインを押し下げられてしまい、ますますバイタルエリアを支配されてしまう展開に。それでもrングボールをヨンセソに当ててポストプレーから決定機をうかがいますが、間延びしてしまった最終ラインと前線では連係が噛み合うわけもなく、終始劣勢を強いられてしまいます。
 すると19分にはセットプレーから簡単にマークをはずされてしまい失点。そのままズルズルと守備の脆さが露呈してしまい、前半終了間際の43分には自陣ゴール前でDFをかわされてしまい失点...。エスパルスは前節vs京都戦と同じように、前半で2失点を喰らい厳しい展開で、前半が終了します。

 後半開始から健太監督は、廣井に代えて純平を投入。攻撃的な選手を投入し、攻撃の活性化を図ります。しかし、新潟の高い位置からのプレスはその手が緩むことはなく、エスパルスは依然としてゴール前でのチャンスすら作ることが出来ません。
 状況をなんとしても好転させたい健太監督は、70分にテル・ツジヲに代えて永井・真希を投入、速さと中距離攻撃で、新潟ゴールを狙います。
 前掛りになったエスパルスはようやく攻撃にリズムが生まれ始めます。しかし再三新潟ゴール前で決定的なチャンスを作るも、最後のところでフィニッシュの精度が甘く、ゴールには結びつきません。
 結局、引いて守りを固める新潟を崩しきれないまま試合終了。エスパルスが手痛い敗戦を喫してしまいました...。

 伸二にエディに宏介。スタメン3選手を欠いていた事は大きなディスアドバンテージ。しかしそれを差し引いても、この試合のエスパルスは「試合に臨む姿勢」が足りなかったように思います。
 攻撃面では7試合ぶりの無得点。「伸二の不在」という大きなハンディはあったにせよ、それ以外の選手でも、もっとがつがつ攻めていれば、そのハンディは十分克服できていたはず。試合開始から、後半に見せてくれた怒涛の攻撃が出来なかったのか。いや、出来たはずです。
 それ以上に深刻なのが急造の守備陣。特にCBは廣井に平岡、怪我や出場停止でスクランブル状態南訳だから、もっともっとアグレッシブに守備をしてほしかった。GK武田もこの試合ではなかなか実力を出し切れていなかったように思います。
 伸二がいなかったからどうこうではなく、これで7試合連続失点中の守備陣。大きな問題はここにあると思います。
 「試合に臨む姿勢」が感じられなかったエスパルス。チーム全体的に漂っていた「イライラ感」。何が足りなかったのか、何が不足していたのか。しっかりと分析して修正してほしいです。

 エスパルスは新潟に完敗。ホーム連勝記録も、公式戦無敗記録も、あっさりと途絶えてしまいました。しかしそれは大きな問題ではありません。常勝無敗などというチームは、ありえないのです。

 次の対戦相手はFC東京。攻撃力に定評があるFC東京に。エスパルスは昨季1度も勝てていません。W杯中断前の最後の試合。FC東京も並々ならぬ決意で、試合の臨むことは想像に難くありません。

 結果としては、「主力選手がいなかったから」といわれても仕方がないような結果に終わってしまいました。しかしそれは抗えない事実。オレンジ戦士はその事実を真摯に受け止めて、浮かび上がってきた守備面での問題点をしっかりと修正してほしいです。そして何より大切なことは。この敗戦のショックをズルズルと引きずらないこと。次節FC東京戦に向けて集中し、敗戦を払拭するような試合で勝利してほしいです。

 久しぶりに、エスパルスの暗黒面が露呈してしまった希瓦斯...orz




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2010年5月10日 20:27

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1522

コメントしてください