メインエスパルス観戦記2009年これで終わりとは言うけれど、これでは終われねぇよ!

2009年12月27日

これで終わりとは言うけれど、これでは終われねぇよ!

2009 J.LEAGUE Division1 last sec.
清水 0-0 名古屋

 やっと大掃除が\(^o^)/ オワタ  ひぃー疲れた。

 ってか、もっと暖かい時期にやっときゃいいんだろうけどね...。

 ってなわけで、今更ながら観戦記でも、ぼつぼつ書こうかね。「んなの激しく今更じゃねーか(#゚Д゚)ゴルァ!!」ってお方は読み飛ばしてくだしあ。


 11月29日に行われたリーグ戦第33節vs横浜F・M戦では、エスパルスが多くのチャンスを作るもゴールには繋がらず横浜F・Mに敗戦。1996年以来、13年ぶりとなる5連敗。そしてチーム初となる3試合連続完封負けという、不名誉な記録だけがが残ってしまったエスパルスは5日、リーグ戦最終節vs名古屋戦に臨みました。    これが今季のリーグ戦最終戦。連敗だろうが完封負けだろうが、最後の最後は勝利で締めくくってほしいところ。この試合にも多くのエスパサポさんが日本平へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。    で、我が家は諸般の事情でこの試合もテレビ観戦...。ぱる坊の体調が思わしくなかったもんで...。

 リーグ戦最終盤で大失速を演じてしまったエスパルス。天皇杯での戦いに不調を引っ張らない為にも、しっかりと勝利を修めたい試合。エスパルスの今季の集大成ともいえるリーグ戦最終戦が幕を開けました。

 
 前半戦はボールが思うように回らず、逆に名古屋にポゼッションされてしまい主導権を握られてしまったエスパルス。再々両サイドを崩されてしまい、ピンチを招いてしまいます。しかし海人のセービングを始めとしたエスパルス守備陣が体を張ってゴールを守り、失点を何とか食い止めます。
 攻撃陣はなかなかチャンスを作り出すことが出来ず、サイドは名古屋に押し込まれてしまい思うような攻撃展開がはかれないエスパルス。前半25分と早い時間にエダに代えて真希を投入。攻撃の活性化を図ります。しかしそれも奏功せず、試合はスコアレスのまま前半戦が終了します。

 後半に入るとハーフタイムに健太監督の激が飛んだのか(笑)、中盤が俄然活性化。ボールをポゼッションして攻撃のリズムをつくり、効果的なサイド攻撃を展開。名古屋ゴールを脅かします。後半35分にはマギヌンがこの試合2枚目のイエローカードで退場。数的優位になったエスパルスは、さらに名古屋を押し込みます。しかし最後のところでフィフィッシュの精度が上がらずゴールには繋がりません。
 最後の最後まで名古屋を押し込みながら、結局ゴールは決まらず、09シーズンリーグ戦最終戦はスコアレスのまま終了。エスパルスの09シーズンのリーグ戦が全て終了しました。

 10月18日のリーグ戦第29節から続いた連敗は5で何とか食い止めました。試合内容も連敗中のそれに比べれば、サイド攻撃も機能していたし、中盤でパスも上手く繋がっていたし、ミドルシュートも打ててたし、飛躍的に良くなっていると思います。しかし、勝負はゴールが決まらなければ勝てない。4試合連続の無得点。その点ではストレスが残った試合だったのではと思います。まさにリーグ戦終盤で首位に立ちながらも、大失速してしまった今季を象徴するような試合だったのではないでしょうか。

 エスパルスはリーグ戦最終戦を白星で飾ることは出来ず、一時は首位にたったものの、終わってみれば13勝12分9敗の最終順位は7位。なんだかなぁ...。ってな感じの成績で今季が終了しました。いや、まだだ。まだ終わらんよっ!!

 エスパルスにはまだ戦いが残っています!次の試合は天皇杯準々決勝vs新潟戦。リーグ戦でACL出場権が得られる上位3位入賞を逃してしまったエスパルスにとって、天皇杯はまさに最後の希望。絶対に負けられませんっ!

 リーグ戦のこの悔しさは、天皇杯で晴らすしかないっ!
 中盤や攻撃陣は活性化しつつあるエスパルス。あとはゴール前でのプレーの精度。攻撃陣はしっかりと、ゴールに繋がるようなプレーを心がけてほしいです。そして守備陣は名古屋戦同様、しっかりと体を張って攻撃を防ぎきり、失点を防いでほしいです。
 オレンジ戦士は気持ちをしっかり切り替えて、天皇杯準々決勝vs新潟戦に臨んでほしいです。

 国立に、今度こそ、忘れ物を取りに行かなくちゃ!




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2009年12月27日 23:59

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1477

コメントしてください