メインエスパルス観戦記2009年もうだめだ それをもう一息...

2009年12月 2日

もうだめだ それをもう一息...

2009 J.LEAGUE Division1 33th sec.
横浜F・M 2-0 清水

 11月21に行われたリーグ戦第32節vsG大坂戦では、高木和道とチョ・ジェジンの「意趣返し」により敗戦。泥沼の4連敗を喫してしまったエスパルス。11月29日にはリーグ戦第33節vs横浜F・M戦に臨みました。
 
 4連敗と絶不調街道驀進中のエスパルス。でも、どんなに連敗しても、どんなに不甲斐なくても、エスパルスを応援し続ける。そんな熱い気持ちを胸に、この日も多くのエスパサポさんが日産スへ足をはこんでくれました。現地でサポートされた皆さん、大変お疲れ様でした。
 
 この日はサポーター有志による、経営再建中の日本航空株式会社を応援する「JAL感謝祭」も挙行されました。サポーターは胸に「JAL」のロゴが入った、旧モデルのユニを着てゴール裏に陣取り、日本航空株式会社からエスパサポさんに贈呈された大旗とビッグユニフォーム(通称「JAL旗」)を展開。J創立からエスパr数を支えてくれた日本航空株式会社にエールを送りました。
 
 で、うちっちはこの試合に出撃!でもスタジアムに着いたのがキックオフ10分前だったので、実質「JAL感謝祭」には間に合いませんでした...(´・ω・`)

 もうここまできたら、不調とか何とか言い訳を言っている暇はありません。とにかく自分たちのサッカーにもっともっと自身を持って全力で戦うことが最優先。試合終了までハードワークを惜しまずにプレーできるかどうか。JAL感謝祭を勝利で飾れるかどうかの試合がキックオフ!

 
 健太監督はG大坂戦からスタメンを大きく変更。FWに駿君を先発起用。一樹はベンチスタートとなりました。また中盤ではエダ・テル・パウロをはずして本拓・兵働・ジュンゴをスタメン起用しました。G大坂戦で浮き彫りになった中盤からの香華金ビルドアップを強化する布陣に変更しました。
 
 中盤に兵働・ジュンゴを起用したことが奏功し、中盤でのパスワークから両サイドへ攻撃を展開するエスパルス。サイド攻撃で横浜F・Mを攻略します。しかしフィニッシュのところで精度を欠き、ゴールには結びつきません。守備陣がしっかりと攻撃をブロックして失点は防いでいたものの、前半はスコアレスで終了します。
 
 後半になっても、中盤でのパス回しから相手守備陣にギャップを作って、空いたスペースに切り込む戦術で横浜F・Mを攻略するエスパルス。しかし多くのチャンスを演出するも、ゴールという結果には結びつきません。
 膠着した状況を打破するべく、健太監督は後半18分、駿君に代えてヨンセソを投入。後半28分にはジュンゴに代えてエダを投入。前線での攻撃の活性化を図ります。
 しかし後半30分、小椋のミドルシュートが決まってしまい、不運な形で先制点を許してしまったエスパルスは意気消沈。今季1回も逆転勝利を決めていないエスパルスは選手の動きに精彩を欠き始め、攻撃の形を作ることが出来なくなります。
 ここまで中盤でチャンスを演出していたエスパルスですが、ここへ来て細かいミスが散見されるようになり、押し込んでいるはずが、逆に押し込まれてしまう展開に。後半35分には真希に代えて一樹を投入。突破力で状況を打開しようと試みます。
 しかし後半ロスタイム、栗原に駄目押しのミドルシュートを決められてしまい試合終了。エスパルスは先が見えない5連敗を喫してしまいました。


もう一息
もう一息と言ふ処でくたばつては
何事もものにならない。
 
もう一息
それにうちかつてもう一息
それにも打ち克つて
もう一息。
 
もう一息
もうだめだ
それをもう一息
勝利は大変だ
だがもう一息。

(武者小路実篤 『もう一息』)


 中盤の選手を入れ替えたことにより、中盤からの攻撃のビルドアップからの攻撃展開は活性化した。そこからのサイド攻撃も効果的だった。ゴール前でのチャンスも作れていた。これまでの4試合に比べたら、試合内容は数段良かった。ように思います。
 しかし、最後の最後で決めきれなかった。運にも見放されてしまい、先制点を献上してしまった。今季逆転勝利を決めていないエスパルスにとって、先制点はまさに「死の宣告」のように思えたでしょう。しかし!そんなもんはク●喰らえ!ぐらいの根性で試合終了までしっかりとハードワークして中盤から怒涛の攻撃を展開して逆転してほしかった。せめて一矢報いてほしかった...。
 
 ジュンゴの動きもこれまでに増してよかったし、駿君も決定的なチャンスを作っていた。本拓のボランチも効いてたし、選手も良く動けていた。これまでの敗戦に比べたら、この試合はかなり希望が持てる試合だったのではと思います。要するに「もう一息」なんですよ。もう一息 勝利は大変だ だがもう一息...。

 エスパルスは横浜F・Mに敗戦してしまい、1996年以来、13年ぶりとなる5連敗(当時は7連敗)。そしてチーム初となる3試合連続完封負けという、ありがたくもない記録が残ってしまいました。
 しかしまぁ、考え方を変えれば「くるところまで来ちゃったんだから、あとは上がるだけだろう!」ってことでしょ。ねぇそうでしょ?そうだって言って。ねぇ言って。言ってよぉぉぉっ!

 次節はいよいよ今季最終節。対戦相手は名古屋。これまたACLにも出場するくらい強力な攻撃陣が脅威となるチームです。っていうか、どのチームが対戦相手でも全力で戦うしかないんです!

 一時は首位に立って、チラッと頂上を垣間見たあと、転げ落ちるように転落してしまったエスパルス。泣いても笑っても今季最終戦。走力を結集して死力を尽くし、是が非でも有終の美を飾ってほしいです。

 もう一息、もう一息...。




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2009年12月 2日 19:13

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1475

コメントしてください