メインエスパルス観戦記2009年悪いときってのは、こんなもんです(キリッ

2009年11月10日

悪いときってのは、こんなもんです(キリッ

2009 J.LEAGUE Division1 31th sec.
柏 5-0 清水

 10月31日に行われた天皇杯3回戦vs札幌戦では、永井の復活を予感させる2ゴールで札幌に勝利。リーグ戦での不調を克服する糸口を見出した(?)エスパルスは8日、リーグ戦第31節vs柏戦に臨みました。
 
 リーグ戦で今季初の連敗を喫してしまったエスパルス。なかなか波に乗り切れません。しかし、まだまだ頂点を諦めたわけではありませんよっ!そんなエスパルスをサポートするべく、この日も多くのエスパサポさんがアウェイ@日立柏に駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、大変お疲れ様でした。
 
 で、この試合は自宅でテレビ観戦...。満員の日立柏のアウェイゴール裏は、3歳児にはちぃーっとばっか危険すぎます...。

 前節vsFC東京戦での敗戦を引きずることなく、リーグ戦の連敗をここでしっかりとストップして、過酷な上位争いに食いとどまることが出来るか。エスパルスが迎えた、リーグ戦最終版でのヤマ場の試合がキックオフ!

 
 健太監督は怪我のイワシをスタメンからはずし、代わりに平岡を先発起用。中盤も兵働をはずしてジュンゴが先発しました。
 しかし急造のアラタ・平岡のCBと宏介・イチのSBというディフェンスラインが、柏の猛攻撃を受けてしまいます。守備ラインが下がりすぎてしまい、バイタルエリアで柏にいいようにポゼッションされてしう。球際で柏に競り負け、ボールをキープできない。セカンドボールを拾われてしまい、そこから柏が素早くサイドへ展開。何度と無く柏に押し込まれてしまうエスパルス。失点は時間の問題となってしまいます。
 そして前半25分に柏に決められてしまうと、チーム全体がさらにバタつきはじめてしまい、個々の連係が全くなくなってしまいます。続く前半36分には柏に追加点を献上。さらに試合を難しくしてしまいました。
 健太監督は前半40分に本拓に代えて真希を投入。テルをワンボランチにして中盤をダイヤ型に変更。試合の早い段階で攻撃面のてこ入れを狙います。前半はそのまま2点ビハインドで終了します。

 中盤をダイヤにして攻撃的な布陣で臨んだ後半。しかし状況は好転せず、試合は依然として柏が主導権を握り続けます。
 ピンチの連続のエスパルスに、さらに不運が訪れます。後半7分に相手のシュートをブロックしようとした海人。シュートは海人の股間を直撃!!その場でうずくまり、微動だにしない海人。その後立ち上がり試合は続行となりましたが、海人の動きは明らかにスケールダウンしてしまい精彩を欠く状態に...。そして後半17分、バックパスの処理を誤ってしまった海人が柏へ痛恨の"プレゼントパス"。これを決められてしまい、試合を決定付ける3点目が決まってしまいます。
 健太監督は後半20分に平岡に代えて永井を投入。テル・アラタのスクランブルCBを組みます。そして後半33分にはジュンゴに代えて兵働を投入。中盤での攻撃の組み立て強化を図ります。
 しかしスクランブルCBが上手く機能するわけもなく、また交代で入った選手も結果につながることは無く...。逆に後半37分にはフランサに2点目を決められ、試合終了間際の後半44分には北嶋にまで決められてしまい試合終了。エスパルスが柏に大量5失点を喫して敗戦しました。


 まあね、悪いときは何をやっても悪い方向へ進むもんですよ。
 
 今のエスパルスの不調の原因は、アオの不在が大きな要因の一つになっていることは明白だと思います。これまでCBを信頼出来ていたからこそ、ラインを上げて攻撃陣が後顧の憂い無く攻めることが出来ていた。しかし、守備に不安があれば、ラインはズルズルと下がってしまい、中盤に広大なスペースが出来てしまう。そこを相手選手に使われてしまい押し込まれる。中盤が下がってスペースを埋めようとすれば、前線との距離が離れてしまい、ヨンセソに当てたボールが拾えなくなってしまう。そこを起点にして相手にカウンターを喰らってピンチを招いてしまう。
 急造CBに不調のヨンセソ。機能不全の中盤。そこへ来て海人の負傷による失点。イワシとアオというエスパルスの守備の屋台骨を支える2本の大黒柱が不在のエスパルスは、いくら戦力が残っていようと、それはもはや形骸に過ぎん。

 あえて言おう!カスであると!!

 しかし、アオの怪我はもうしょうがないこと。今更何を言っても始まりません。逆にいえばアオのためにも、現有戦力をなんとか駆使して、この難局を乗り切っていかなければならないと思います。

 エスパルスは残留争い真っ最中の柏に大敗。大事なリーグ戦終盤でまさかの3連敗。2005年10月15日のリーグ戦第27節vs大分戦@大分ス以来となる5失点を喫してしまいました...。順位こそ4位のままですが、勝ち点差1のなかに4位から8位の5チームがひしめく大混戦。下手するとズルズルッと順位が下がってしまう可能性も出てきてしまいました...。
 
 リーグ戦は2週間の中断に。代わりに天皇杯4回戦が行われます。次の試合はvs甲府戦。J1昇格争い真っ只中の甲府は、モチベーション満タンの状態で、天皇杯に臨んでくることでしょう。非常に難しい試合になることが予想されます。
 
 選手の負傷による技術的な戦力ダウンは、運動量や連係でカバーするしかありません。柏戦では運動量でも柏に圧倒されていました。もっともっと運動量を上げて、そして選手間の連係を高めることが出来れば、致命的な戦力ダウンをカバーできるはず。オレンジ戦士に下を向いている時間はありません。チーム全体でもう一度しっかりと結果を見直し、そのうえで選手個々の運動量を上げて、なおかつ細かいミスが出ないように、選手間の連係をさらに強化して、この難局を乗り切ってほしいです。

 浩太は来季はエスパルスに戻ってくるんだろうか...。




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2009年11月10日 07:56

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1470

コメントしてください