メインエスパルス観戦記2009年悔しいけど、これが現実なのよね...。

2009年9月 7日

悔しいけど、これが現実なのよね...。

2009ヤマザキナビスコカップ 決勝トーナメント 準決勝 第2戦
FC東京 1-0 清水

 (嫌なことは早く切り替えたいから、速攻で観戦記書きました...OTL)

 2日のナビ杯準決勝第1戦vsFC東京戦では、先制されて一度追いつくも、再び引き離されるという苦しい展開の中、スクランブル発信した平岡の突破から辛くも引き分けたエスパルス。中3日の6日は、ナビ杯準決勝第2戦vsFC東京戦が行われました。
 
 エスパルスのナビ杯決勝戦進出がかかった大事な1戦。エスパルスの命運はこの1戦にかかっているといっても過言ではありません。そんな今季最大級の大一番、エスパルスをサポートするべく、アウェイ味の素スタジアムに、大変多くのエスパサポさんが駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、本当に本当にお疲れ様でした。
 
 で、この試合には我が家も総員出撃! 相方もぱる坊も各々旗を携えて、味の素スタジアムへ向かいました。絶対に負けない決意とともに...。

 ホーム日本平で辛くも引き分けたエスパルス。しかしアウェイゴールを2点も取られてのドローはエスパルスにとって多少不利な状況。しかし、この試合で勝てば文句なしの決勝戦進出が決まります。選手・スタッフ・サポーターの夢と意地を賭けた戦いが幕を開けました。

 
 アウェイゴールを奪われているエスパルスにとって、味スタで是が非でもほしいものは先制点。先制点の行方が、この試合の優劣を決定付けるといえる重要な準決勝第2戦。健太監督は切り札として、FWに2日のナビ杯vsFC東京戦で先発出場したジュンゴではなく、裏へ抜ける速さと決定力、そして何度も大舞台を経験し結果を残してきた永井を先発で起用しました。また前節、退場処分となってこの試合に出られないイワシの代わりに、CBには高熱から回復したアオが入り、アタラとCBコンビを組みました。

 試合開始直後こそ、先制点を狙って果敢にFC東京ゴールに攻め込むエスパルス。しかし中盤での細かいパスミスに連携ミス、そして前線でのターゲットとなるヨンセソがFC東京守備陣に徹底的にマークされ、クリアボールもFC東京にことごとく拾われ、エスパルスの"お家芸"サイド攻撃も、FC東京DFにスペースを消されてしまい、全くエスパルスらしい攻撃が展開できません。
 すると先制点を狙うがあまりミスが目立ち始め、また連戦の疲れが出始めてしまった結果、脚が止まり始めてしまったエスパルス。FC東京に徹底的にボールをはじき返されカウンターからピンチを招く展開が続いた前半16分、絶対に与えてはいけなかった先制点を平山に決められてしまいます。
 その後ますます焦りが出てしまい、パスや連携にミスが出るエスパルスに対して、しっかりした守備とポゼッションで試合を優位に進めるFC東京。焦っても焦っても攻撃のリズムが作り出せないエスパルスは、ムダに疲労を蓄積するだけ。状況を打開したい健太監督は前半42分に前線で走れない永井に代えてジュンゴを投入。攻撃陣の活性化を狙いつつ、1点ビハインドのまま前半が終了します。

 後半の巻き返しを期するエスパルスにとって、1点リードしているFC東京は自分たちのペースで試合を支配。CBとボランチでエスパルスの攻撃をことごとくはじき返し、サイド攻撃にはすばやい寄せでエスパルスの攻撃の起点がつぶされる。普段エスパルスが行っている守備を、FC東京にまんまと展開され、焦りと疲れが露呈しているエスパルスは、全く攻撃の糸口が見出せません。
 そんな苦境に喘ぐエスパルスに、さらに追い討ちをかけるがごとくアクシデントが襲い掛かります。後半11分、石川との接触でアオが負傷。担架で運ばれるアオ。ピッチサイドで一度は立ち上がろうとするも、力なく膝から崩れ落ちるように倒れるアオ。そしてスタッフからは×マークが...。エスパルスの守備の要となるアオが、負傷交代を余儀なくされてしまいます。
 負傷のアオに代わって、第1戦で同点ゴールを演出した平岡が出場。しかし状況は好転せず、攻撃のリズムはおろか、シュートすら満足に打てない状況が続くエスパルス。健太監督は後半25分、テルに代えて駿君を投入。パワープレーを仕掛け、1点を奪いにいきます。しかしFC東京も試合終了間際に立て続けに守備的な選手を相次いで投入。ガッチガチにゴール前を固めるFC東京を最後まで崩せないまま試合終了。エスパルスのナビ杯決勝進出は夢と散りました。


 いろいろなことが少しずつかみ合わなかった。岡チャソの不在、イワシの出場停止、一樹の怪我、怪我を抱えながらのプレーを余儀なくされたアラタや兵働、本調子ではない真希、まだまだ調子があがらないジュンゴに永井、疲弊しきっているヨンセソ、そして負傷交代を余儀なくされたアオ...。まともに戦える選手を探すほうが大変なくらい、これだけいろいろ悪いことが重なってしまった状況で勝利をつかむのは、ある意味、決勝戦より困難かもしれません。
 しかし、本当に強いチームとは、こういった苦境にも踏ん張って、試合を引き寄せる力があるということ。今日のエスパルスにはそれが出来なかった。それは紛れも無い事実。オレンジ戦士にはそのことが痛いほどよく解っているはず。この経験をしっかり胸に刻み、今後に活かせるかどうかが、エスパルスが真の強豪チームになれるか否かの鍵を握っていると思います。

 エスパルスは先制点をFC東京に与えてしまい、焦りばかりが先行してしまって、持ち味が全く出せ無いまま敗戦。今季のナビ杯への挑戦もここまで。あの日あの時あの場所に置いてきた「大切なもの」を取りにいくのは、来季までお預けになってしまいました。

 しかし、いつまでも失意のどん底に沈んでいるわけにはいきません!今週末にはリーグ戦が再開します。次節の相手は大宮。なんだか苦手意識のある大宮は、前節で鹿島を撃破!このところ調子が上がってきているチームです。
 
 オレンジ戦士はまずはしっかり休養を取って、そして気分転換をしっかりして、敗戦を引きずらないようにしっかりと気持ちを切り替えてほしいです。そしてホームで大宮を撃破することで、この敗戦の痛手を克服し、これから続くリーグ戦、そして年末の天皇杯へ向けて、もう一度走り出してほしいです。

 来年は、必ず...。あの場所へ...。




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2009年9月 7日 18:22

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1454

コメントしてください