メインエスパルス観戦記2009年がしゃ降りの 雨に逃した 勝ち点3...

2009年9月 1日

がしゃ降りの 雨に逃した 勝ち点3...

2009 J.LEAGUE Division1 24th sec.
川崎 1-1 清水

 8月22日に行われたリーグ戦第23節"静岡ダービー"vsジュビロ戦では、エダの2ゴールをはじめとした攻撃陣の大爆発でジュビロを完全に圧倒。ダービー史上最多得点差で勝利したエスパルスは8月30日、リーグ戦第23節vs川崎戦に臨みました。
 
 ダービーの快勝で勢いに乗るエスパルス。しかし相手は2位の強豪・川崎。台風接近に伴う荒天の中エスパルスをサポートするべく、多くのエスパサポさんがアウェイ・等々力競技場に詰め掛けました。現地でサポートされた皆さん、本当にお疲れ様でした。風など引いていませんか?
 
 で、我が家はこの試合に出撃!台風・大雨なんのその!っといきたかったんですが、正直大変でした。寒いしアウェイゴール裏はカオスだし...。

 夏に強いと言われているエスパルス。しかしその真価は強豪との試合で初めて発揮されるもの。川崎に2点差以上で勝利すれば、順位が2位に浮上するビックチャンス! 首位の鹿島がもたついている隙に、少しでも勝ち点を積み上げたいエスパルスの、真価が問われる試合がキックオフ!

 
 試合開始からエスパルスは中盤を支配してボールポゼッションを高め、雨というコンディションを考慮してか、中盤からシンプルに相手DFの裏を狙って攻撃を仕掛けました。またイチ・宏介の両SBも積極的に攻め上がり、サイドを深くえぐったり、ミドルレンジからシュートを放つなど、多彩な攻撃を展開。川崎を押し込めます。しかしなかなか決定的なチャンスを決めきれず、ゴールを上げることが出来ません。
 一方、守備陣は強力な川崎攻撃陣の突破を辛抱意強く防ぎきり、前半はスコアレスで終了します。
 
 後半に入っても試合はエスパルスペース。川崎の選手の運動量が落ち始めると、バイタルエリアでのパス交換から、川崎DFの裏を狙うパス、それとサイド攻撃を織り交ぜて川崎ゴールを脅かします。 
 試合が動いたのは後半32分、長い距離を走って右サイドを駆け上がったイチがゴール前へ絶妙クロス。これをイワシが冷静に頭で押し込んでゴール!エスパルスが先制点を決めました。
 その後、勢いをつけたエスパルスは、運動量が落ちた川崎に対して猛攻を仕掛け、追加点を狙います。しかし折からの風雨でシュートの精度が落ちてしまったのか、エスパルスは決定的なチャンスをモノに出来ません。
 一方のエスパルス守備陣は、最後まで集中を切らさずにゴール前をしっかり固め、川崎の選手の突破を許しません、また海人もスーパーセーブを披露し、失点を防いでいました。
 誰もが(少なくとも私が)このまま逃げ切れると思ったであろう後半ロスタイム、名物の"等々力劇場"がこの日も開演してしまいました...。中村憲剛のFKを伊藤に頭で決められてしまい土壇場で同点に...。そして試合が終了。エスパルスは惜しくも引き分けに終わってしまいました。

 正直、勝てた試合でした。しかし、口で言うほど勝負とは生半可ではなく、試合終了の笛が鳴るまでは、何が起こっても不思議ではない。いかに選手が最後まで集中を切らさずに試合に臨むことが出来るのか。上位に食い込むために必要な"条件"が試された試合だったと思います。
 試合は終始エスパルスのペース。風雨の強い中、ボールもよく回ってたし、ロングボールも適格に前線に供給されていました。また両サイドのイチ・宏介も効果的に攻撃をしかけ、攻撃力に定評がある川崎を押し込んでいる時間が長かったと思います。先制点もそんな流れから決まったものでした。
 しかし、試合は最後まで何が起こるかわかりません。最後の中村憲剛のFKからの失点は、これからリーグ戦上位進出とナビ杯決勝を狙うエスパルスにとって"よい薬"になるのではないでしょうか。いや、なってもらわなければ困ります。

 次の試合は中2日でナビ杯準決勝第1戦vsFC東京戦。舞台は日本平。今季エスパルスはFC東京にリーグ戦・ナビ杯予選で2戦2敗5失点といいところなし...。攻撃の要となる石川が怪我から復帰し、復調傾向にある難敵。エスパルスは岡チャソが日本代表選出で不在。ヨンセソは連戦の疲れが見え始め、攻撃の選手に不安要素があり、試合は厳しいものになるでしょう。
 
 アウェイで負けなかったことは、評価こそすれ悲観するようなことではありません。川崎戦で決まったゴールは、これまでエスパルスがやってきた事が間違っていなかった証拠。まずは連戦の疲れをしっかり癒してほしいです。そして守備面での連携や、選手間の動きをしっかり確認して、今季通算5失点しているFC東京に、攻撃の隙を与えずに完封してほしいです。そして、攻撃面では攻守の切り替えや連携をしっかり再確認し、出場機会を得た選手は、これまでの鬱憤を晴らすかのごとく、縦横無尽に日本平のピッチで大暴れしてほしいです。


 それにしても、あの主審&副審はもういいです。




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2009年9月 1日 22:15

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1450

コメントしてください