メインS-PULSE2009年前半戦が終了。でもリーグ戦は早くも天王山へ...。

2009年7月14日

前半戦が終了。でもリーグ戦は早くも天王山へ...。

 前節vsg大阪戦を終了して、今季リーグ戦の半分を消化したエスパルス。よい形でリーグ戦を折り返したと言えるでしょう。

 そこで、ここいらへんで前半戦のエスパルスの戦績をちぃーっとばっか振り返っておきたいと思います。いや、あえて振り返ることも無いでしょとか言うの禁止で。

 
 エスパルスはリーグ戦第17節を終了した時点で6勝7分4敗の勝ち点25で第6位。首位は鹿島の勝ち点42、ついで浦和の34、新潟・川崎の32、FC東京の28。下位は16位までのチームが勝ち点25~18の中にひしめく大混戦となっています。

 首位との勝ち点差は実に17も...。2位の浦和との勝ち点差ですら9あります。勝ち点差でカナーリ上位と水をあけられてしまった状態の現状では、上位争いは難しく、ましてや鹿島に追いつくことはうわっなにをするやいおkjwふぁsjg
 
 逆に、6位以降がこれだけ団子状態にあると、ちぃーっとでも気を抜いて連敗でもしようものなら、あっというまに残留争いの憂き目に晒される可能性があるわけです。あまり他人様のことを言っていられるような状況ではないということです。
 
 そこで、リーグ戦前半での各チームとの対戦成績を見てみると...


J1第17節終了時点の順位順

1 鹿島  ●
2 浦和  △
3 新潟  ○
4 川崎  ○
5 F東  ●
7 G大阪 ○
8 広島  △
9 名古屋 ●
10京都  ▲
11大宮  △
12磐田  ●
13横浜M △
14山形  ○
15千葉  △
16神戸  ○
17柏   △
18大分  ○

(△追いついたorスコアレス、▲追いつかれた)


 うーん...。なんだかもったいない試合が多い希瓦斯...。

 上位にはしっかり勝ってて、中位には思うように勝てず、ジュビロには負けて、下位には引き分けが多い。やっぱりなかなか勝ち点が伸びないのは、「引き分けが多い」すなわち「勝ちきれない試合が多い」ってことですかね。
 特にリーグ戦序盤は、ヨンセソがなかなかチームにフィットせず、攻撃の陣容も"週がわり定食"状態でなかなか安定しませんでした。そこら辺での勝ち点の取りこぼしが、今になってじわじわと効いてきているんでしょうかねぇ...。

 リーグ戦も前半戦が終了。しかし後半戦は1週間後にスタート。しかもその間にナビ杯準々決勝vs浦和戦が控えています。しかも、8月末までは浦和・鹿島・川崎と上位チームとの直接対決が待っています。

 8月末までの上位チームとの直接対決、困難な試合になることは自明の理。しかし、この難局で勝ち点3を獲得できれば、まだまだ上位争いに食い込めるチャンスがあるってこと。オレンジ戦士の全身全霊を賭して、この過酷な連戦を戦いぬいてほしいです。

 「夏に強いエスパルス」が、今年もやってきてくれるだろうか...。




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2009年7月14日 08:47

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1432

コメントしてください