メインエスパルス観戦記2009年5試合ぶりの黒星=6試合連続の未勝利

2009年5月14日

5試合ぶりの黒星=6試合連続の未勝利

2009 J.LEAGUE Division1 11th sec.
鹿島 2-1 清水

 ども。エスパルスのコンディションとブログの更新頻度のシンクロ率が極めて高い、"なりきナイズドスイミング"な管理人taoです。スイミングは関係ない希瓦斯...。

 で、気が付けばもう1週間ほどエントリーが滞りっぱなし。正直スマヌ。しかし、更新ガッツは絶賛下降中...OTL そりゃー、エスパルスがこんな状況じゃ、ねぇ。

 でも、なんだかスルーするってのもなんだし...。ここらでvs鹿島戦をサラッと振り返っておきたいと思います。いや、思い出すのも嫌なんだけどね...ふぅ。


 5日に行われたリーグ戦第10節vs千葉戦では、2点ビハインドを最後の最後で巻き返してドローに持ち込んだエスパルスは10日、リーグ戦第11節vs鹿島戦に臨みました。
 
 ゴールデンウィークの連戦もこれで最後。選手の疲労度もピークに達しているでしょう。しかし、そんなオレンジ戦士を鼓舞するべく、この日も多くのエスパサポさんが鹿スタへ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、大変お疲れ様でした。海外遠征はさぞ大変だったでしょう。
 
 で、この試合は自宅でテレビ観戦...。日曜日の海外旅行は...。

 相手は昨年8月からホームで負けなしの強豪の鹿島。そしてアウェイゲーム。苦境に喘ぐエスパルスにとっては不利な条件ばかり。しかし、それでも勝ち点3を目指して、全力を賭して戦わなければなりません。昨季の天皇杯5回戦vs鹿島戦@鹿スタのときのような、劇的な勝利を目指して、エスパルスの戦いがキックオフ!

 健太監督は前線をヨンセン・岡チャソの2トップに戻して試合に臨みます。しかし試合開始直後、いきなりエスパルスは厳しい洗礼を受けることとなります。前半4分、マルキーニョスに決められてしまい早々失点を喫してしまいます。その後も中盤を鹿島に完全に支配されてしまい、エスパルスは守備に忙殺されてしまい、全く攻撃の糸口を掴むことが出来ません。エスパルスは攻撃のリズムを出せないまま、1点ビハインドで試合を折り返します。

 状況を打開したいエスパルスは後半開始からツジヲを投入。サイドに攻撃的な選手を配して難局を打開しようと試みます。しかし後半開始直後、エスパルスはさらに厳しい局面に直面します。後半5分、本山に追加点を決められてしまい、点差が2点に広がってしまいます。
 それでも後半13分に、右サイドを突破したツジヲからのクロスをエダが決めて反撃! エスパルスが1点差に詰め寄ります。健太監督はさらに後半28分に岡チャソに代えて一樹を、後半35分にはテルに代えてジュンゴを投入。攻撃的な選手を投入して、サイドから鹿島を攻め立てます。しかしゴール前の守備を固めた鹿島を崩しきることが出来ないまま試合終了。エスパルスはゴールデンウィークの5連戦を勝利で締めくくることが出来ませんでした。

 選手間の連係や攻撃の形は、徐々に出来つつあると思います。しかし、まだまだ小さなミスが目立ってしまう為、そこを突かれてピンチを招いてしまう。また勝てないジレンマから攻撃を急いでしまう為、単調で読まれやすい攻撃に終始してしまう。これでは、強豪を相手に勝ち点3など取れるはずがありません。
 しかし、この試合ではヨンセソがハードワークを惜しまずにピッチを駆け巡ってくれました。ヨンセソと周りの選手との連係もかなり良くなってきていることは事実。ヨンセソと周りの選手との連係が完全にシンクロすれば、きっと大きな脅威になるはずです。

 エスパルスは鹿島に敗れ、5試合ぶりの黒星を喫してしまいました。こんな書き方をすると、なんとなく"いい試合をしてる"錯覚を覚えますが、逆に言えば"6試合未勝利"ともいえます。そういわれてしまうと、状況はカナーリ深刻です。
 徐々に良くなってきたヨンセソと周りの選手との連係をさらに高めて、攻撃にメリハリをつけられるようになるのか。また中盤での細かなミスを如何に抑えるか。エスパルス上昇の大きなポイントといえそうです。
 
 次節の相手は大分。目下8連敗中と下位に沈んでいる大分。しかし、あの日あの国立での屈辱を、今でも拭い去ることが出来ません。あのときの雪辱を果たす為にも、次の試合は是が非でも勝たなければなりません。試合内容と結果がついてこない今、過酷な戦いを強いられているのはオレンジ戦士たち。次節はキッチリ勝ち点3を決めて、この難局を打開する糸口を見出してほしいです。




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2009年5月14日 01:12

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1411

コメントしてください