メインエスパルス観戦記2009年だから安心していられないんだって!

2009年5月 6日

だから安心していられないんだって!

2009 J.LEAGUE Division1 10th sec.
清水 2-2 千葉

 2日に行われたリーグ戦第9節vs広島戦では、攻撃力の高い広島を前にして守備的になりすぎてしまい、その結果サイド攻撃が全く出せないままスコアレスドローに終わってしまったエスパルスは5日、リーグ戦第10節vs千葉戦に臨みました。
 
 折りしもこの日はこどもの日。ゴールデンウィークも終盤に差し掛かり、高速道路は絶賛Uターンラッシュ中! しかも5月だというのに冷たい雨&強風吹きすさぶ荒天の中、この日も大勢のエスパサポさんが日本平へ駆けつけてくれました。現地でサポートされた皆さん、大変お疲れ様でした。
 
 で、この試合は自宅でテレビ観戦...。雨の日の、ナイトゲームの、ジェフ戦といえば、アノ試合が思い出されますなぁ...。ちなみにアノ時は勝ったんだよね。

 相手は下位に低迷している千葉。しかし勝ち点3への執念は尋常ではないはず。守備的になりすぎずに守備ラインを高く保って、攻守の切り替えを早くして、日本平で勝ち点3をあげる事が出来るか。上昇のキッカケを掴む為の勝利への戦いがキックオフ!

 
 エスパルスは前節vs広島戦からスタメンを若干変更。中盤にはジュンゴでなくエダを起用し、パウロに代えて兵働がスタメン復帰しました。FWにはヨンセソに代えて永井をスタメン起用しました。
 
 試合開始直後、中盤を支配したのはエスパルス。兵働・ジュンゴ・岡チャソ・永井が流動的に動いてスペースを作り、出来たスペースへ岡チャソや永井が走りこんでシュートへ持ち込んだり、積極的にサイドチェンジをして相手DFを翻弄したりと、積極的に中盤でボールをまわして、千葉ゴールを狙いました。しかし岡チャソと永井がサイドに流れてしまい、その結果ゴール前で待ち構える選手がいなくなってしまう。またアラタ・純平の両SBの攻守の切り替えが遅いため、攻撃にいまひとつ厚みが出ない。千葉も集中を切らさず、ゴール前ではボールに人数をかけてしっかり寄せて、決定的な場面を作らせない。その結果、エスパルスは千葉ゴールを割ることが出来ません。
 すると次第に千葉は高い位置から積極的にプレスをかけてくるようになり、エスパルスの守備ラインが下がり始め、自陣に押し込まれ始めます。そして前半31分、FKからのシュートを一旦は西部が弾き返しますが、こぼれ球を斉藤に詰められて失点。エスパルスは千葉に先制を許してしまいます。
 エスパルスはその後も中盤での千葉のプレスに苦しめられ、エスパルスらしい攻撃が思うように展開できないまま、1点ビハインドで前半を終了します。
 
 後半立ち上がりの9分、右からのクロスをミシェウに頭で決められてしまい、エスパルスは点差を2点に広げられてしまいます。その後も状況は変わらず。千葉の選手はハードワークを惜しまずに中盤の高い位置からプレスをかけ続け、エスパルス攻撃陣を苦しめます。
 純平の攻め上がりも効果を発揮できず、真希のキャノン砲も精彩を欠き、兵働のシュートも枠を外れる...。エスパルスはなかなか決定的なチャンスを作ることが出来ません。すると後半21分、千葉はミシェウを下げて守備的MF下村を投入。逃げ切り体勢をとると、エスパルスはその1分後の後半22分、永井に変えて一樹、真希に代えてヨンセソと2人同時に投入。後半32分には千葉が深井に代え新居を投入すると、健太監督はさらにその1分後の後半33分、純平に代えて辻尾を投入。攻撃的な3選手を投入して、千葉ゴールへ襲い掛かります。
 するとこの采配がドンピシャリ!交代2分後の後半35分、兵働からの左FKをヨンセソがファーでトラップし左足でシュート!ボールは巻の足に当たってコースが変わりゴール!!ヨンセソの起死回生のゴールで、エスパルスが千葉に1点差と詰め寄ります。
 さらにエスパルスは、徐々に足が止まり始めたジェフ守備陣に対して、兵働・岡チャソ・アラタがヨンセソめがけてパスを供給、ヨンセソがキープ&落としたボールに一樹&岡チャソが飛び込んでいく。ヨンセソと周りの選手の距離が縮まったことにより、ヨンセソの攻撃参加が効果的になります。
 そして試合終了間際の後半43分、ヨンセソからのパスを受けた兵働がゴール前へ折り返し、これを一樹がシュート!一旦はGKに弾かれてしまいますが、こぼれ球をエダがしっかりと押し込みゴール!!エスパルスが土壇場で同点に追いつきます。
 その後もエスパルスは怒涛の攻撃を展開しますが反撃もここまで。後半に分厚い攻撃を見せてくれたエスパルスですが勝ち越しゴールは奪えず、この試合も引分けに終わりました。


 この試合、結果はこれまで4試合連続の引き分けですが、試合内容は確実に良くなっていると思います。

 これまでの引き分け3試合では、あまりに守備を重視するあまり、攻撃に厚みはおろか、選手から『攻撃するぞ!』的な気迫が感じられなかった。どこか消極的で、攻撃のときも、遠くから前線めがけてロングパスを出すだけ。その結果、パスカットされたりセカンドボールを拾われてピンチになる。正直、観ていてイラっとくるような試合ばかりでした。
 しかし、この試合はこれまでの引き分け3試合とは違うと思います。前半は特に、中盤からボールホルダーへきちっと人数かけてチェックをしっかりする。中盤から前線の選手が、相手陣内でポゼッションしてサイドから攻撃を仕掛ける。中盤での細かいミスはまだまだ目立ちますが、今季これまでのエスパルスには見られなかった、攻撃に対して前向きな姿勢だと思います。なかなか結果に繋がりませんが、このサッカーを続けていければ、昨季後半戦のエスパルスのサッカーを髣髴とされるような試合が出来るのではないかと思います。
 
 あとヨンセソ! この試合で移籍初ゴールをたたき出したヨンセソですが、今日のような選手起用であれば、ヨンセソも持ち味を生かすことが出来るのではと思いました。
 後半になって出場してきたヨンセソ。千葉が深井とミシェウを下げてくれたおかげで、エスパルスが前への意識を高めることが出来た。ヨンセソの周りの選手がヨンセソとの距離を縮められた結果、周りの選手がヨンセソを生かすことが出来た。今日のような起用が出来れば、名古屋時代のヨンセソの活躍を見られる日は、そう遠くないはずです。

 ヨンセソ(*^ー゚)b グッジョブ!!移籍後初ゴールオメ!!もっともっとビッシビシ決めちゃっていいからね

 エスパルスは千葉に試合終了間際で追いついて、辛くも勝ち点1をゲット! しかし順位は暫定13位に後退...。何気に調べてみたら、10試合を消化時点の成績が...

 昨季 3勝3分4敗 勝ち点12
 今季 2勝6分2敗 勝ち点12

 か、か、勝ち点が同じだ...((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 負けてないけど勝ってない。そんな成績が続けば続くほど、徐々に状況は悪化の一途をたどってしまいます。しかし、状況は徐々に改善しつつあると思います。(と信じたい。ってか、お願いだから改善してくれ!)

 次節の相手は鹿島。ACLを戦っている鹿島ですが、そんなことは何処吹く風。ベテランも若手もルーキーも活躍している強豪です。当然今までのような戦い方が通用するような相手ではありません。しかし、必要以上に相手を恐れることも無いとおもいます。

 次節は中4日と若干日程が空きます。選手はまずはしっかり休養を取って、英気を養ってほしいです。そして次節vs鹿島戦を戦い抜く為に必要なこと、特に中盤での細かいミスをなくすよう努力してほしいです。不用意なミスは致命的なピンチに繋がります。その上で、攻撃時の選手間の連係や距離の感覚を磨き、ここ4試合の後半30分過ぎの猛攻撃を試合開始直後から展開できるようにしてほしいです。


 もう本当に、引き分けはアキマシタ...(´・ω・`)




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2009年5月 6日 00:15

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1410

コメントしてください