メインS-PULSE2009年俺たちは忘れない。いつまでもいつまでも。

2009年3月 5日

俺たちは忘れない。いつまでもいつまでも。

 エスパルス系掲示板やブログで危惧されていた、パルちゃん・こパルちゃんの"内臓移植"(中の人などいませんから)と、ヨネさんの退団の話。私も杞憂になってくれればいいと、思っていました。しかし、現実はそんなに甘くなく...。
 
 いままで献身的にエスパルスを支えて来てくれたパルちゃんズ。その屈託の無い明るさと天然のぼけっぷりでエスパサポならずとも、自然と笑顔がこぼれてしまう。そんな存在だったパルちゃんにコパルちゃん、それとヨネさん。退団(と内臓移植)は、実に残念です。
 
 でも、誰よりも一番残念と思っているのは、だれあろうパルちゃんズの皆さんではないでしょうか。あれだけエスパルスを愛し、エスパルスサポーターを愛して止まないパルちゃんズが、このような憂き目に会わざるを得ない状況になってしまったことを...。

 だから私は、この事実を事実と受け止め、あらたな内臓で心機一転スタートを切るパルちゃんズを、精一杯応援したいと思っています。まぁあれだ。これまでのパルちゃんだって、初めっからこんなに多芸多才ではなかっただろうし、新しい"内臓"は、今まで以上の決意を持って、かつ、常にいままでのパルちゃんと比較されながら、パルちゃんと共に生きていくんだろうから、きっと"新しい内臓"も、不退転の決意でことに臨むことでしょう。初めはどんなに無骨でぎこちなくとも、"パルちゃん"は"パルちゃん"なんだし。今まで以上に応援したいと思います。頑張れ!新しい内臓!(なんのこっちゃ)

 で、今までのパルちゃんにまつわる思い出といえば...。

 
 2006pul-01.jpg
 
 ぱる坊が生まれて間もなく、首が据わった生後5ヶ月くらいに、ぱる坊の日本平初見参になった06リーグ戦第11節vsC大坂戦


 2006pul-01.jpg
 
 試合終了後、パルちゃんズのファンサービスにて。ぱる坊を抱っこしてくれるこパルちゃん。この抱っこの手馴れた感じは、絶対に中には女性が...(ry


 2006pul-01.jpg
 
 で、パルちゃんも抱っこしてくれました。なんだか抱っこの手つきが危なっかしい(苦笑)。


 2006pul-01.jpg
 
 で、抱っこしているぱる坊をじっと見つめるパルちゃん。何を思ったか、やおら振り返るとピッチの方へ歩みだし...。


 2006pul-01.jpg

 2006pul-01.jpg

 ぱる坊をそっと日本平のピッチの上に寝かしてくれました。きっと、パルちゃん流の新しい命への"祝福"だったんでしょう。
 
 その後も、ぱる坊は特に大きな病気や怪我をすることなく、すくすくと大きくなっています。あのときのパルちゃんの"祝福"のおかげだと、今でも信じています。


 俺たちは忘れない。


 いつまでもいつまでも...。




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2009年3月 5日 00:25

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1388

コメントしてください