メインS-PULSE2009年今年はどんな"収穫"があったのか

2009年2月21日

今年はどんな"収穫"があったのか

 2月8日(日)から始まった2009年エスパルス春季キャンプ。17日にそのすべての日程を終了しました。本当にいろいろ頂き物までしてしまって申し訳ありません。>鹿児島の皆さん。
 
 チーム始動からハードな練習をこなしてきているオレンジ戦士。体も悲鳴を上げていることでしょう。しかし、この時期の仕上がり具合によって、リーグ戦を戦い抜けるかどうかが決まるといっても過言ではないでしょう。しっかり体を作って、また選手間の連係をさらに強化して、攻守の強化を図って欲しいです。
 キャンプ期間は無事終了。この辺で個人的なキャンプの振り返りなどをまとめて...。手抜き?そんなことありませんよ。あははははは


原復帰、岡崎を刺激に 鹿児島キャンプ6日目(Shizuoka Online.com)
 
 この日、2日間調整を続けていた一樹が練習に合流。5対5や9対9のミニゲームを中心とした、午前と午後の2部練習をこなしました。今季は岡チャソに一樹にヨンセンに永井に、FWのタレントは多彩。ボーっとしているとスタメンはおろか、試合にも出られないなんて事が起こりかねません。このキャンプでしっかりアピールして、レギュラー確保を目指して欲しいです。
 タレントが豊富なのは中盤も同じ。兵働に真希、それに怪我から復帰間近となったジュンゴ。そんな中、昨季中盤で何度も攻撃の起点として活躍したエダが、レギュラー確保に向けて、猛アピールしているようです。昨季は岡チャソに続く10ゴールをたたき出したエダ。2列目から飛び出しての攻撃は、相手に十分脅威を与えられます。今季は競争激化が確実な中盤のポジション。きっちり体を作って、昨季のような活躍をピッチで見せて欲しいです。
 
 一方、守備陣は課題が山積。高木選手がG大阪に移籍した穴をどう埋めるか。今のところは岩下が最有力候補。そしてリーダーシップを発揮するのは、昨季高木選手と"ツインタワー"で最終ラインに立ちはだかっていたアオ。今季は積極的に声を出して、守備陣をコントロールしているようです。アオと岩下の活躍が今季のエスパルスの浮沈の鍵を握っています。アオの活躍に期待したいです。


主力組、札幌を完封 鹿児島キャンプ7日目(Shizuoka Online.com)
 
 エスパルスはこの日、春季キャンプ2度目となる練習試合を行いました。トップ組はvs札幌戦に、サテライト組はヴォルカ鹿児島との試合に臨みました。結果よりも内容が重要な練習試合。ですが結果はvs札幌戦は2-0、vs鹿児島戦は4-1とどちらも完勝。札幌戦では一樹のPKパウロ(←ここ注目)が得点。守備陣は岩下とアオを中心とした守備陣の完成度も高く、無失点で切り抜けました。鹿児島戦では辻尾の2ゴール、キムドンとジュンゴが決めて4得点。1失点決められたものの、攻守の仕上がりが順調であることをアピールできた模様です。


ランニングなど調整軽め 鹿児島キャンプ8日目(Shizuoka Online.com)
 
 春季キャンプ8日目のこの日、午前中は軽めのランニングなどで調整。午後は練習をとりやめ、子供たちを対象にしたサッカー教室を開催。地元の子供たちとの交流と心身のリフレッシュに勤めました。
 ハードな2部練習が続いてきたキャンプで初の午後オフ。調整中の永井も午前中のランニングに参加。徐々に調子を上げてきているようです。また、昨日の練習試合で2ゴールを上げた辻尾。チーム始動後のサテライト組の練習試合、3試合で3得点3アシストの活躍を見せています。長谷川監督は「縦に速いMF選手はなかなかいない。次はトップの試合で試してみたい」とコメント。17日に予定されているvs城南一和戦でのの起用も示唆していました。
 
 また、15日からキャンプに参加している岡チャソは、他の選手がランニングなどの軽い調整をしている中、「早くみんなとサッカーがしたい」と意欲的にパス回しやシュート練習に汗を流していました。今季は副主将にも任命された岡チャソは、「代表でもチームでも、自分のプレーをしていきたい」とコメント。タレントの多いFW陣にあって、レギュラー獲得は競争が激しくなること必死。レギュラー獲得へ向けて闘志を滾らせているようです。


112段を一気駆け 鹿児島キャンプ9日目(Shizuoka Online.com)

 春季キャンプも最終版にさしかかかったこの日、エスパルスは午前中は"サディスティック三保ランドin鹿児島"ともいえるような坂道&階段ダッシュを行い、午後は10対10のミニゲームを行いました。昨日の午後オフから一変、112段の階段を駆け上がるダッシュを3本、坂道ダッシュを合計10本行いました。このダッシュには別メニュー調整中の永井も参加。リーグ戦開幕に向けてコンディション調整は順調なようです。
 明日はいよいよ春季キャンプ最終日。そしてキャンプ3度目の練習試合vs城南一和戦。15日にキャンプに合流した岡チャソも、ヨンセンとのコンビを組んでの実践は初めて。今季のエスパルスの攻撃の中心となるであろうヨンセンと岡チャソのコンビネーションがどこまで仕上がっているのかが気になります。
 これまでの練習での仕上がり具合をチェックし、リーグ戦開幕に向けての戦略を考えるためにも重要な練習試合。これまでやってきた練習の成果を存分に発揮して、いい形でキャンプを打ち上げてほしいです。
 
 それにしても、テルのスタミナは凄まじ杉。


充実10日間、打ち上げ 鹿児島キャンプ最終日(Shizuoka Online.com)

 過酷で厳しい春季キャンプもこの日で最終日。エスパルスはキャンプ中3試合目となる練習試合vs城南一和戦に臨みました。主力組で臨んだ45分ハーフの1試合目は0-2、サテライト組で臨んだ2試合目は2-1でした。
 主力組では岡チャソとヨンセンが始めて2トップを組んで攻撃を展開。岡チャソはゴールこそなかったものの、チーム内での連係や動きに手ごたえをつかんだ様子。ヨンセンとの連係についても「キープができるし、足元もうまい。シンプルに自分にボールが返ってくる」と好感触だったようです。
 
 しかし守備面では2失点と課題を残した様子。開幕まであと1ヶ月をきりました。守備面での連係や動きを再確認し、守備面での課題を確実にクリアして欲しいです。


 城南一和との練習試合が終わったエスパルスは、その足で帰静しました。健太監督は春季キャンプに"95点"をつけたとのこと。春季キャンプで鍛え上げた体と技術に、清水でさらに磨きをかけて欲しいです。

 そして今日はプレシーズンマッチvsジュビロ戦。これまで練習の成果確認し、リーグ戦へ向けての最終調整をかねた試合。しかしダービーは負けられません。きっちりジュビロを撃破し、いい形でリーグ戦に臨んで欲しいです。




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2009年2月21日 12:30

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1385

コメントしてください