メインエスパルス観戦記2008年とにかく、辛かったっす...。

2008年8月 3日

とにかく、辛かったっす...。

2008 J.LEAGUE Division1 19th sec.
大宮 0-0 清水

 うわっ!もう8月やん! どうりで暑い訳だ。(機能中枢に若干バグが発生しています...。)


 7月20日のリーグ戦第18節vs新潟戦では、ジュンゴの全得点に絡む活躍で、今季初の3ゴールをマークし快勝したエスパルスは7月27日、リーグ戦第19節vs大宮戦戦に臨みました。
 
 ここで連勝を決めて、勢いをつけたいエスパルス。それは選手もサポーターも同じこと。改修が終わったNACK5スタジアム初御目見えとなるこの試合にも、多くのエスパサポさんが駆けつけてくれました。現地でサポートしていただいた皆さん、本当にお疲れ様でした。
 
 で、この試合は、久しぶりに生観戦することに。まー、関東アウェイで、なおかつ18:00キックオフで、ぱる坊もちぃーっとばっか夜更かしすれば、観戦は可能!ってことになりました。しかし...。

 新潟戦での勝利をフロックにしないためにも、またここで連勝を決めて、後半戦に向けて勢いをつけるためにも、絶対に勝っておきたい試合。異様なまでの緊張感が取り巻くスタジアムで、結果を残したいエスパルスでしたが...。

 
 実はこの試合は、結論から言うと、観戦していません(`・∀・´)エッヘン!! っていうのも、皆さん周知の通り、あのとんでもない、まるで“ソーラ・レイ”のような集中豪雨の直撃を喰らってしまいまして...。雨を凌いで、あとから来たぱる坊と相方とは、なんとか合流できたんですが、ぱる坊の体調と私の体調を考慮して(この時点で、体が冷えてしまった為か、軽く頭痛がしてたもんで)、試合を観ずにスタジアムをあとにしまして...。だもんで、試合は一切観ておりません。

 しかし、夜のスポーツニュースやネットを見るに、この試合は“エスパルスにも暗雲が...。”な試合だったようです。

 試合開始直後の7分、ジュンゴが小林慶行の激しいスライディングを喰らって負傷退場に...。・゚・(ノД`)・゚・。 後にこの怪我は“左足腓骨骨折および左足首内側靭帯損傷”という大怪我と判明。全治まで3ヶ月を要するとのこと。スポーツに怪我はつきものですが、いたたまれません...。
 その後攻撃の要を失ったエスパルスは大宮に押し込まれる場面が目立ち始めます。しかし、右足を負傷しながらも強行出場した西部の好セーブと、守備陣の体を張った守備が奏功。何とか失点は免れました。後半に投入したアウレリオンが決定的なチャンスを作るも、ゴールには至らず、そのまま試合終了。エスパルスは何とか勝ち点1を積み上げました。

 ジュンゴの負傷については、大宮側からもコメントが発表されています。これは恐らく、試合中に起こり、かつ故意の行為ではないにしろ、チームのキープレーヤーを負傷させてしまった事に対する、エスパサポの心情に配慮してのことだと思います。小林慶行も試合後にジュンゴに対して謝罪したとの事。事故だとわかってはいるんですが、やはり、厳しいですね。
 ジュンゴの試合出場は、今季は絶望とのこと。こうなったら、あせらず騒がず、じっくり治療に専念してくださいね。俺たちはいつまでも、待ってます。

 こうなると、本当に“非常事態”になってきたエスパルス。しかし、逃げも隠れもすることは出来ません。正々堂々、戦っていくしかないんです。現有戦力でどうやってこの難局を乗り切るか。健太監督の手腕に期待したいです。
 また、いままで試合出場の機会に恵まれなかった選手には、自分の可能性をアピールする絶好のチャンスになる場合も。またレギュラー陣も、あらたなコンビネーションから、新しい攻撃の形が生まれてくるかもしれません。

 次の試合は6日(水)のナビ杯準々決勝第2戦vs鹿島戦。この試合が、エスパルスにとって大きな“正念場”になると思います。選手も、スタッフも、そしてサポーターも。みんな1つになって、強い心と諦めない精神で、この難局を乗り切るしかありません。

 オレンジ戦士の“魂”を信じて...。




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2008年8月 3日 21:49

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1280

コメントしてください