メインエスパルス観戦記2008年お互いに“煮え切らない”結果に終わりました...OTL

2008年6月15日

お互いに“煮え切らない”結果に終わりました...OTL

2008ヤマザキナビスコカップ 予選リーグBグループ 最終節 “EL CLASICO”at J-LEAGUE
35th. The SHIZUOKA Derby Match
磐田 2-0 磐田

 5月31日のナビ杯予選リーグ第5節vsFC東京戦では、試合開始早々に先制点を決められるも、その後は集中して守り、試合終了間際のジュンゴのゴールが決まって、何とかドローに持ち込んだエスパルスは8日、ナビ杯予選リーグ最終節“静岡ダービー”vsジュビロ戦に臨みました。
 
 和道まで日本代表に召集され、最終ラインはアオ以外はフレッシュなメンバーで組まざるを得なくなった健太監督。しかしそれはそれ。そのときの順位やコンディションはまったく関係なく、常に全力で戦い、そして勝利しなければならないのが“静岡ダービー”。この試合はアウェイ@ヤマスタだったんですが、大勢のエスパサポさんが駆けつけてくれました。現地でサポートしていただいた皆さん、大変お疲れ様でした。
 
 主力選手が日本代表に召集されているために、中盤から前線にかけても若手中心に構成。コンビネーション面では不安が残りますが、相手はジュビロ。勝利こそが“至上命題”となります。ジュビロを轟沈せしめて、ナビ杯予選突破を決めたいところですが...。

 
 この試合はスカパー!ですら試合中継をしてくれなく、試合内容についてはまったくわかりません。しかしいろいろな試合レポートを見てみると、先制された焦りから、攻撃のパターンが少なくなってしまった。それが結果的には敗戦の大きな理由につながったようです。
 エスパルスはジュビロに惜敗。しかしナビ杯予選リーグは1位通過。一方のジュビロは勝利したものの予選敗退。健太監督も試合の勝利よりも“予選突破”に重きをおいて、アグレッシブな攻撃に出ることよりも、中盤でのバランスを保つことを選択した。チームのことを考えれば至極当たり前な采配ではありますが、サポーターの感情としては、なんだかなぁーってな、後味の悪い結果になってしまいました。
 
 しかしそれはそれ。エスパルスはナビ杯予選を1位で通過し、決勝トーナメントに駒を進めました。ナビ杯準々決勝第1戦は7月2日(水)vs鹿島戦@カシマ。昨季最終節で、最悪の思いを強いられた因縁の場所です。この試合で昨季の辛酸を鹿島に浴びせて、きっちりリベンジを果たしてほしいです。

 でもやっぱり、ダービーは勝ってホシカタヨ...OTL




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2008年6月15日 14:53

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1264

コメントしてください