メインエスパルス観戦記2008年何はともあれ“ふくあり”ですな

2008年3月16日

何はともあれ“ふくあり”ですな

2008 J.LEAGUE Division1 2nd sec.
市原・千葉 1-3 清水

 前節J1リーグ2008開幕戦vs大分戦では、選手間の連係が上手く取れず、エスパルスらしいサッカーが出来ないまま、7年ぶりに開幕戦を落としてしまったエスパルスは15日、リーグ戦第2節vs市原・千葉戦@フクアリに臨みました。
 開幕戦でスタートダッシュを決めたかったエスパルスにとって、敗戦は精神的にも大きなダメージを与えたはず。そしてこの試合に負けてしまうようだと、さらに深刻な影響も予想しうるだけに、第2節vs千葉戦は絶対に勝っておきたい試合。アウェイながら多くのエスパサポさんがアウェイ側の席を埋め尽くしていました。現地でサポートされた皆さん大変お疲れ様でした。

 で、我が家は当初、この試合に出撃する予定でしたが、ぱる坊の体調が悪くなってしまい、自宅観戦となってしまいました。まー、こればっかりは仕方ないやね。お薬を飲んでよく食べてよく寝て、早くよくなってね。>ぱる坊

 
清水FW岡崎の決勝弾で連敗阻止/J1(nikkansports.com)
【第2節】千葉に競り勝つ(Shizuoka Online.com)
岡崎ミドル弾で反町監督にアピール(Sponichi Annex)
清水・岡崎、アピール交代即決勝点…J1第2節第1日(web報知)
【J1:第2節 千葉 vs 清水】レポート:攻撃面は改善傾向の千葉だが、精度を欠くミスで好機をモノにできず。豪快なシュートを確実に決めた清水が今季初勝利。(J's GOAL)

 前節の敗戦を精神的に引きずらない為にも、そしてリーグ戦を戦い抜いていく為にも、この試合こそ、試合“内容”よりも勝利という“結果”を貪欲に求めなければならなかった試合だったと思います。
 前節に先発出場したアウレリオンを外してフェルナンジィニョとヤジの2トップに変更。トップ下にはエダを入れて前線でのタメや流動的なポジションチェンジを積極的に行うという監督の狙いは的中。前半早々にジュンゴの豪快な無回転シュートが決まり先制点をゲットします。
 しかし、その後は千葉も守備を立て直し、一進一退の攻防に。そして今度はジュンゴがPKを献上してしまい追いつかれてしまいます。それでも、今までのエスパルスとは違い、選手は誰一人として下を向きません。
 
 後半になっても試合はこう着状態に、それでも果敢に千葉ゴールを狙いに行くオレンジ戦士。そして後半34分に健太監督は岡チャソを前線に投入。その5分後の後半39分、ペナルティエリア右側から千葉DFを1人かわして遠目から豪快にシュート!これが決勝ゴールとなって千葉を撃破!選手も、スタッフも、そしてサポーターも。みんなほしかった“勝ち点3”を獲得することが出来ました。

 とにかく、なにがなんでも、是が非でも、清濁併せ呑んでも、どうしてもほしかった“白星”を上げることができたエスパルス。確かに試合には勝つことが出来ましたが、試合内容を見てみると、やはり修正するべき点が散見できるのも確か。特にフェルナンジィニョからの前線へのスルーパスがあまり通らなかった点など、攻撃面での連係不足は可及的速やかに修正するべき点ではと思います。

 次節のvs大宮戦@日本平は30日。その間にナビ杯予選リーグの試合が2試合入ります。ナビ杯予選リーグを含めて、選手間の連係をどう強化していくのか。そして本当に主力となってほしいアウレリオンをどう生かしていくのか。次節vs大宮戦までの期間は、非常に重要な期間になりそうです。


 で、いつの間にか岡チャソのコールが横チンのコールのインスパイア版になってたんですね。まー、2人とも関西人だし、なんとなく背格好も似てるし、ぴったりっちゃーぴったりかもね。
 それでもって、うちっちのフクアリデヴューは来年に持ち越し...。これだけ“ふくあり”なんだから、来年こそは行ってみたいなぁー...。




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2008年3月16日 23:28

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1241

コメントしてください