メインサッカーあれこれゲンキはつらつぅ?

2008年1月20日

ゲンキはつらつぅ?

第86回全国高校サッカー選手権大会 決勝
藤枝東 0-4 流通経済大柏

 なんだか随分前のことのように思うけど、つい先週のことなんだよね。←前フリ

 ッてな訳で、14日(月・祝日)に、エスパルスに入団した大前選手が在籍する流通経済大柏と、言わずと知れた静岡県代表の藤枝東が、高校サッカーNo.1の座を懸けて激突しました。
 
 まー、あれから1週間もたってしまっているので、激しく今更ではありますが、本当に見ごたえのある試合でした。と同時に“日本ユース選手権制覇はだてぢゃないな”とも思える試合でしたね。

 
 両校とも最終ラインを高い位置でキープして、中盤で激しい攻防が繰り広げられる展開。流経柏は中盤での細かいパスワークで藤枝東守備陣を翻弄。前半6分には大前選手のシュートのこぼれ球を村瀬選手がつめて先制。その後も積極的に藤枝東ゴールを脅かし続けます。
 一方の藤枝東は、立ち上がりこそ左サイドからの攻撃を展開して流経柏陣内に攻め込むも、なかなかゴールには繋がらず、その後は流経柏に押し込まれる展開が続きます。
 
 後半になると流経柏のパスワークの前に藤枝東は防戦一方の展開に。後半3分、ペナルティーエリア右からの折り返しを大前選手が角度のないところから絶妙なボレーシュートを放ち追加点。17分にも大前選手がゴールを決めて3点目。後半26分には大前選手の左CKからつないだボールをファーサイドの途中出場の田口選手が右足で決めて試合を決める4点目を挙げます。
 流経柏はその後も巧みなパスまわしから手数をかけずに藤枝東ゴールを狙い、一方守備陣も最後まで集中力を切らすことなく相手に反撃のチャンスを与えず、そのまま試合終了。流経柏が日本ユース選手権に続いて高校サッカー初優勝を飾りました。

大前2発で流通経大柏初V/高校サッカー(nikkansports.com)
流通経大柏圧勝!史上最強の2冠(Sponichi Annex)
流経大柏が初優勝!エース大前2発で史上初の得点王“3冠”(sanspo.com)
大前7発!史上初得点王3冠!流経大柏が初V…全国高校サッカー(web報知)
他多数...

 静岡県を愛する弊サイトにおいて、県勢が負けてしまったことは残念です。しかし、試合を見てしまうと、実力の差は歴然。藤枝東もいいサッカーをしていたことは確かなこと。来年はしっかり実力をつけて、再び国立へ戻ってきてほしいです。
 
 一方、流経柏のサッカーは、高校生とは思えないくらい、レベルの高さを感じさせるサッカーをしていました。守備では、前線から中盤まで激しいプレスをかけ相手の自由を奪い、かつ玉際は激しく、奪ったらすばやく前につなぐ。そして攻撃面では、細かいパスをつなぐパスサッカー。一人一人の足元の技術が確かだからこそなせるプレー。2トップはポスト役の上條選手と、運動量・スピードで群を抜く大前選手が抜群のコンビネーションで敵を圧倒。チーム全体がキッチリまとまり、プロ顔負けの隙の無いサッカーをしていました。

 流経柏は日本ユース選手権に続いて2冠達成。大前選手は高校総体、全日本ユースと合わせて史上初の“得点王3冠”に輝きました。高校サッカーのレベルが確実に上昇してきていることを感じさせてくれる試合でした。

 で、次の日は次の日で...。次のエントリーに続く。




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2008年1月20日 22:08

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1223

コメントしてください