メインエスパルス観戦記2007年これで勝ってりゃー、華を添えられたのに(´・ω・`)ショボーン

2007年12月 1日

これで勝ってりゃー、華を添えられたのに(´・ω・`)ショボーン

2007 J.LEAGUE Division1 33th sec.
清水 2-2 市原・千葉

 18日に行われたリーグ戦第32節vs浦和では、連戦で疲労困憊、しかも“飛車角金銀落ち”の浦和に対して、最後まで崩しきれないままドローに終わったエスパルスは24日、リーグ戦第33節vs市原・千葉戦に臨みました。この試合はエスパルスホーム最終戦。しかも前日に現役引退を発表したヨシキヨの引退セレモニーもあり、はたまたACL出場権を獲得するためにも、絶対に負けられない試合でした。

 
 エスパルスは試合開始直後、いきなり劣勢を強いられます。前半3分、CKから巻に決められてしまい先制を許してしまいます。しかしその後の前半10分には、ドリブルでペナルティエリア中央に切り込んだジュンゴが左足を振りぬいてゴォーーーーールッ!!エスパルスがすぐさま追いつきました。
 同点に追いついたエスパルスは千葉に猛攻を仕掛けます。積極的なパス回しから両サイドへ展開。再三にわたって千葉ゴールを脅かし続けました。そして前半の20分、ドリブルで中央突破を図ったヂェヂンが斉藤にバックチャージを喰らいFKをゲット。このプレーで斉藤が一発レッドで退場。このFKをジュンゴが直接決めてゴォーーーーールッ!!エスパルスが逆転に成功します。そして1点リードのまま前半が終了しました。
 
 後半になっても、ひとり少なくなった千葉を執拗に攻め続けるエスパルス。積極的にDFの裏を狙ったパスを供給し、ゴール前での決定的なチャンスを作ります。しかしエスパルス攻撃陣が、なかなか決定的なチャンスを決め切れません。すると後半19分、ジョルジェビッチの意表をついた70メートル一か八かロングシュートが西部の手をすり抜けてゴールに...。エスパルスは不運なゴールで追いつかれてしまいます。
 焦りが出はじめてしまったエスパルスは連係が徐々に乱れ始め、小さなミスが目立ち始めます。結局、数的優位に立っているはずのエスパルスが千葉を攻めきれないまま試合終了。エスパルスは勝てる試合を引き分けてしまいました。

清水4位確定ACL出場消滅/J1(nikkansports.com 静岡)
清水が数的優位生かせずドロー/J1(nikkansports.com)
【J1:第33節 清水 vs 千葉】レポート:ともにリードを守りきれなかった両チーム。最後はDFジョルジェビッチの超ロングシュートでドロー決着(J's GOAL)

 先制されながらもすぐさま追いつき、そしてすかさず逆転。おまけに数的優位にたって攻め続けた。しかし、同点に追いつかれてしまうと、チーム全体がバタついてしまい冷静さが無くなって、せっかくのチャンスをモノにできなくなってしまう。前節の浦和戦に続き、勝てるゲームを勝ちきれなかったエスパルス。仮に70メートルのロングシュートが“アン・ラッキー”だったとしても、それをはね返す“パワー”がまだまだ不足していた...。あと一歩の決定力やあと一歩の選手間の連係の成熟などなど。エスパルスが上位を狙う為には、まだまだその部分で“パワー不足”だったのではと思います。

 エスパルスはホーム最終戦を勝利で飾ることは出来ませんでした。その結果、今季リーグ戦の4位が確定。ACLの出場権は獲得できませんでした。しかし、まだまだリーグ戦は終わりではありません。
 次節はいよいよ今季最終節vs鹿島戦。そしてなんだか知りませんが、鹿島と浦和の優勝争いの“大きな鍵”を握ってしまうことになってしまいました。だがしかし、だがしかぁーしっ!!周りがなんと言おうと、目の前での胴上げなんか見たくないし、それ以上に鹿島にだけは負けたくありません!!
 
 今季はこれがオーラス。今シーズンの締めくくるにふさわしいプレーと、そして勝利を、期待したいです。

 フォッサ!エスパルス!!

 で、我が家も鹿島之國へ“日帰り海外旅行”としゃれ込みます。パスポートは持ったし。“鹿島の歩き方”は買ったし...。

 まてよ。もしかしたら、“潮来の税関”で“入国審査”に時間がかかるかも...。




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2007年12月 1日 00:01

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1198

コメントしてください