メイン日本代表まさに“この一瞬”の為にここまで戦ってきたと

2007年7月22日

まさに“この一瞬”の為にここまで戦ってきたと

 いやー、昨晩の試合は実に盛り上がりましたねぇー。胸がすぅーっとしましたよ。何せ1年越しの貸しをキッチリ返せたんですから。
 
 AFCアジアカップ2007も遂に決勝トーナメントに突入!。一時は予選リーグ突破も危ういんぢゃ無いの?とまで囁かれた日本代表ですが、ご存知のとおり昨晩、宿敵オーストラリアを撃破して、見事準決勝に駒を進めました。
 ッてな訳で、ここまでのオシムジャパンの試合結果をさらさらっと振り返っておこうかと...。

 
AFC アジアカップ2007 グループリーグB 第3戦
日本 4-1 ベトナム

 サッカー日本代表は16日、AFC アジアカップ2007 グループリーグB 第3戦vsベトナム戦に臨みました。前節UAEを下して勢いに乗るオシムジャパン。相手は開催国のベトナム。完全アウェイの状況ですが、ここでキッチリベトナムを下して、予選リーグ1位通過を決めたいところです。

 試合開始直後からベトナムはゴリゴリに日本を攻めたてます。そして前半7分に痛恨のオウンゴールを献上。日本は一気にピンチに陥ってしまいます。しかしここから細かくパスを繋いでベトナム守備陣を翻弄しつつ日本が攻勢に出ます。そして前半12分には巻が胸で、31分には遠藤がFKを直接叩き込んで勝ち越し。日本代表が1点リードして前半を終えます。
 
 後半立ち上がりからも試合の主導権は日本。後半開始早々の7分にはスンスケが右足で、14分にはまたしても巻が頭で押し込んでリードを広げます。その後日本代表は、暑さと連戦から運動量が落ち始めます。しかし守備陣が体を張ってベトナムの攻撃を退け、失点を防ぎ続けます。そしてそのまま試合終了。日本がベトナムを大量得点で下し、予選リーグを1位で通過しました。


AFC アジアカップ2007 準々決勝
日本 1-1(PK4-3) オーストラリア

 そして“この時”を迎えます。サッカー日本代表は21日、AFC アジアカップ2007 準々決勝vsオーストラリア戦に臨みました。昨年のドイツW杯のときのあの敗戦は記憶に新しいところ。“絶対に負けられない戦い”です。
 
 試合立ち上がりはオーストラリアのペース。体格で勝るオーストラリアが日本ゴールを脅かします。しかし中澤・阿部ら日本守備陣が体をはってこれを寄せ付けず、集中して失点を防ぎ続けます。すると次第に日本の細かいパスワークが中盤で繋がり始め、オーストラリア守備陣を翻弄。サイド攻撃とオーストラリア守備陣の裏を突くロングフィードを織り交ぜて攻撃を仕掛けます。しかしゴール前でのフィニッシュの精度が甘く、なかなか決定的なチャンスを物に出来ません。そのままスコアレスで前半が終了します。
 
 後半も試合の主導権を握ったのは日本。しかしオーストラリアは後半16分にキューウェルを投入。巻き返しを図ります。これが奏功してしまい徐々にオーストラリアの攻撃のリズムが良くなりだした後半24分、そのキューウェルのCKからアロイージが決めてオーストラリアが先制。しかしその2分後に高原がオーストラリアゴール前で粘って同点ゴール!さらにその後オーストラリアは1人1発レッドで退場者を出し、日本が数的優位に立ちますが、暑さと連戦の疲れから足が止まり始め、攻撃に精彩を欠き始めます。そしてそのまま後半が終了。試合は15分ハーフの延長戦に突入しました。
 
 延長戦に入ると、オーストラリアは全くといっていいほど攻撃を仕掛けることなく引いて守りに入り、時間を浪費する“PK戦狙い”できました。(←ここがオーストラリアの運命を決めた“ポイント”だね。)対する日本はボールポゼッションを高めてオーストラリアゴールを狙います。しかし相手GKの好セーブもありなかなかゴールを決めることが出来ません。日本は恩存していた2枚の交代カードを切って佐藤寿・矢野貴章を投入。積極的にゴールを狙います。しかし運動量の落ちた周りの選手との連係が上手く噛み合わず無得点のまま延長戦が終了。勝負の行方はPK戦に持ち越されました。

 そして、そして、遂にその時を迎えます。
 日本代表には“あの男”がいるのです...。

 そう。日本代表には“代表戦になると“ネ申”が降臨するGK”川口がいるのです!!

 川口が1本目・2本目のPKを完全に読みきって連続セーブ!!日本も1本シュートを外してしまいましたが、トータル4-3でオーストラリアに勝利。見事にW杯の雪辱を果たし、ベスト4進出を決めました。

 1年前の借りをキッチリ返してオーストラリアに雪辱を果たした日本代表。準決勝は25日にハノイ行われます。




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2007年7月22日 18:47

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1151

コメントしてください