メインエスパルス観戦記2007年やっとエスパルスらしいサッカーが出来たかな?

2007年6月22日

やっとエスパルスらしいサッカーが出来たかな?

 相変わらず平日はエントリーが極端に滞っている“なりき界のカリスマ”(?)taoです。熱くなりましたねぇ。皆さんお元気ですか?すでにかるーく夏ばて気味なんて人はいませんか?私はというと、相変わらず平日は忙しくて忙しくて...。
 まぁ、どんなに言い訳を並べたところでリーグ戦第16節vs名古屋戦@瑞穂はとっくのとうに終わっちゃってました...。一応録画はしておいたんですが、まだ得点シーンしかチェック出来てません(;^ω^)。

 だから平日はサッカーを観ている暇がないとあれほど...。

 まぁ、このままスルーしてしまうのもなんだし、ごくごくさらっと振り返っておきたいと思います。

 
2007 J.LEAGUE Division1 16th sec.
名古屋 1-2 清水

 16日に行われたリーグ戦第15節vs横浜F・M戦で、先制してなおかつ数的優位に立ちながらも土壇場で勝ち点3を取り逃してしまったエスパルスは20日、リーグ戦第16節vs名古屋戦@瑞穂陸に臨みました。前述のとうり試合を全て観たわけではないのですが、ここ最近なかなか勝ちきれなかったエスパルスに、やっとエスパルスらしさが戻ってきた試合だったように思います。

 試合立ち上がりは慎重に入るも、徐々に攻撃がペースアップして最前線でボールが動くようになり、前半22分には岡チャソのパスを受けた兵働がまたしても目の覚めるような無回転緑シュートを放ち先制!その後もパスワークと相手DFの裏を突くロングフィードを巧みに織り交ぜながら名古屋に攻め込み続けます。そして前半終了間際の42分に、イチのDFの裏を突くロングフィードをヤジが抜け出して受けると楢崎と1対1に。これを落ち着いて決めて追加点!!ヤジの今季初ゴールが炸裂し、2点リードで前半を終えました。
 後半に入っても中盤から前線でボールを支配していましたが、後半28分に名古屋に1点決められると、名古屋が攻勢に出ます。しかしこれをエスパルス守備陣が粘り強く守って追加点を与えずに試合終了。エスパルスが39日ぶりに勝利を修めました。

清水39日ぶり勝った!/J1(nikkansports.com 静岡)
清水・西部が代表GK対決制した(Sponichi Annex)
【J1:第16節 名古屋 vs 清水 レポート】ハードワークを惜しまず戦った清水。前半に見せたプレイの違いが東海ダービーの勝敗を分けた(J's GOAL)

 約1ヶ月ぶりに“勝ち点3”を獲得したエスパルス。一時は上位をうかがえる順位にいたにもかかわらず、なかなか勝ちきれないままここまできてしまい、選手もモチベーションが低下気味だったでしょう。しかし、ここで強豪の名古屋にチームが一つになって勝てたことは、チーム内に少なからず良い刺激になることでしょう。そしてこのところ(アンラッキーもあったけど)自らのミスから失点する場面が目立っていた西部。楢崎との日本代表GK対決を制したことによって、大きな自信に繋がったのではと思います。
 
 約1ヶ月ぶりに勝ち点3にありつけたエスパルスですが、この試合でイエローカードを受けたヂェヂンが累積警告で次節は出場停止...。そして次節は浦和戦。攻撃の要を欠くエスパルスが何処まで浦和を苦しめることが出来るか。この勝利をフロックにしないためにもオレンジ戦士の奮起に期待したいです。

 って、次節は明日ぢゃん!!どうするどうなるエスパルス!?




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2007年6月22日 23:59

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1143

コメントしてください