メインS-PULSE2007年各員!第1種“セントウ”配備!!

2007年1月20日

各員!第1種“セントウ”配備!!

 エスパルスは19日、静岡市内のホテルで新体制発表会見を行いました。早川社長や健太監督、栗山友文新アシスタントコーチのほか、体調不良で欠席した西澤選手を除く新加入の7選手が出席。新たなエスパルスの今年のテーマや新ユニフォームなどを発表しました。
 
本日の『新体制・新加入スタッフ/選手記者会見』の概要について(エスパルス公式)
清水07年度のテーマは「セントウ集団」(nikkansports.com 静岡)
「勝負の年」と清水・長谷川監督 (Sponichi Annex)
清水新体制、移籍加入の西沢「監督を胴上げしたい」(sanspo.com)
長谷川監督「より上の成績を」=J1清水(時事通信)
 
 健太監督は監督就任3期目の今季を“勝負の年”と位置付け、昨季のリーグ戦4位を上回る成績を狙うシーズンとし、キャッチフレーズの“かける想い”は変更しなかったものの、サブテーマに“セントウ集団”というフレーズを掲げました。
 “セントウ集団”とは、“戦闘”と“先頭”の両方を兼ねる意味だそうです。(って、エスパルスはいつから“駄洒落好き”になったの...?)
 
 健太監督は「昨季の4位という結果がまぐれではないことを証明しなければならない。トップ集団に定着することが大切。年間を通して、勝負どころで踏ん張る力を保てるチームにしていく」と力強くコメント。具体的な目標については明言を避けた模様ですが、勝ち点60以上、平均失点1試合1点以下を意識していく考えのようです。
 
 そして、今季の背番号も発表されました。主だったところでは、今季新加入の児玉選手が斉藤サンの後を引き継いで“2”を継承。ちっこいおっさんフェルナンジーニョはマルキーニョスの後をついで“17”、原一樹選手は“19”で西澤選手が“20”、そしてエスパルスユースから昇格した長沢駿選手は“31”となりました。
 
 また会見前には、新ユニホームの発表も行われました。今季のユニフォームはPUMAグループの世界戦略(全世界のクラブが最新モデルのユニフォームを着用する)にのっとって、今年全世界に発信している最新モデルPUMA v-konstrukt (v-コンストラクト)を採用。その結果、Jリーグ創設以来のエスパルスユニの“最大の”テーマでありチャームポイントの“世界地図をモチーフにしたデザイン”はボツに...OTL(スポンサー様には勝てましぇん...(´Д⊂ヽ)。その代わり、レプユニの値段を今までよりちぃーっとばっか値下げしてくれたそうです...。
 デザイン的には、オレンジ色を今までより一層濃くした感じで、グラファイト(黒)をアクセントとして使ったものとなり、今までのエスパルスらしからぬ新デザインになりました。
 (ってか、サカツクでエディットしたユニフォームみたいで、何だか“安っぽく”なっちゃった希瓦斯...。)

 とにもかくにも、健太丸の3年目がスタートしました。ピッチ上でどんな“セントウ”が見られるのか。今から激しく楽しみです。


 それにつけても、あの“ちっこいおっさん”は本当に“ちんびー”ですなぁ...。隣に座ってる人の顔が人一倍でかいだけに、ちっこいぶりが余計に際立っちゃうんだよねぇ...。




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2007年1月20日 15:45

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1081

コメントしてください