メインS-PULSEgame preview...?横浜F・M戦での勝利をフロックと言わせないためにも...

2006年11月22日

横浜F・M戦での勝利をフロックと言わせないためにも...

 前節vs横浜F・M戦で、2失点しながらも“ジュンゴカーニバァール”の発動でリーグ戦6試合ぶりに勝ち点3を積み上げたエスパルスは23日、リーグ戦第32節vs川崎戦@日本平に臨みます。優勝の可能性が完全に無くなってしまったエスパルスですが、上位との差を縮めて1つでも順位を上げるためには負けられない試合。前節の好ゲームの余勢をどこまで活かすことができるかが、勝敗の鍵を握りそうです。
 
【J1:第32節 清水 vs 川崎F 清水プレビュー】打ち合い必至の真っ向勝負。トップ5入りへ向け一歩も引けない清水が川崎Fを迎え撃つ。(J's GOAL)
【J1:第32節 清水 vs 川崎F 川崎Fプレビュー】今、最も大事なのは平常心。生き残るために、勝ちたい一戦(J's GOAL)
 
 前節vs横浜F・M戦では、守備の隙を突かれて2失点するも、ジュンゴの2ゴール1アシストの“橙士奮迅の活躍”と、ヤジの怪我の痛みをこらえながらの“魂のゴール”で、エスパルスが勝利を呼び込みました。久しぶりに先発出場した平岡や、途中交代で出場した岡崎・康平などの闘志溢れるプレーも随所に現れていて、今後に繋がる良い試合内容と試合結果でした。
 
 次節の相手は川崎。4月29日(土)のリーグ戦第10節vs川崎戦では、試合開始早々に先制するも一旦は逆転されてしまいますが、ヂェヂンのゴールで辛くもドロー。しかし“アウェイで勝ち点1を獲得”というのは健太監督の“目論見どうり”だったとか。
 次節はジュニーニョとマギヌンが出場停止明けで戦列復帰する可能性が濃厚。その他日本代表の我那覇や中村、それにU-21日本代表の谷口と、攻撃面ではJ屈指の破壊力を有する川崎。前回の対戦のとき同様、守備面でどれだけ集中して川崎の攻撃のキッカケを未然に摘み取ることが出来るか。中盤から最終ラインでの守備の連係を如何に高めるかが重要な試合になりそうです。
 
 エスパルスはマルキィニョスが出場停止明けで戦列に復帰。しかしヤジが左膝内側側副靭帯損傷で戦線離脱...OTL それにU-21代表に選出されたエダとアオのコンディションも気になります。もしかしたら先発出場は回避かも...。そうなると誰が出場する?またしても健太監督の手腕が問われます。(もう一回言うけど、圭輔を使ってやってくりょー>健太監督)
 
 優勝の可能性はなくなってしまったエスパルス。またけが人や病人が多く、なかなかベストメンバーが組めない厳しい状況ではありますが、ここで上位チームの川崎に勝利できれば、チームにとっても大きな自信に繋がるとお思います。
 川崎の爆発力の大きい攻撃陣をキッチリ抑えて仕事をさせないようにして、攻撃のチャンスを与えないようにして、失点を未然に食い止めてほしいです。そして少ない決定的チャンスを必ずモノしてゴールを奪い、リーグ戦の順位を上げるためにも頑張ってほしいです。

 そういえば、川崎F戦不敗記録はまだ継続中なんだよね...。
 ってか、“ご当地パルちゃんキーチェーン(しらす)”(スタジアム限定販売 限定600個/1,000円(税込))が気になりまくりwww




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2006年11月22日 00:41

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1053

コメントしてください