メインS-PULSEgame preview...?心配すな、安心すな...。

2006年11月 5日

心配すな、安心すな...。

 今年も気が付けばもう霜月...。月が経つのは早いものですねぇ。まさに“一寸の光陰軽んずべからず”ですなぁ...。
 
 で、毎年この時期になるとやってくるのが“天皇杯”ですよ。ってなわけで、リーグ戦第29節vsG大阪戦で完膚なきまでにボロクソに負けてしまった(自分で書いてて悲しくなるよ...OTL)エスパルスは5日、第86回天皇杯全日本サッカー選手権大会4回戦vs栃木SC@日本平に臨みます。ここ最近のリーグ戦では3連続引分けのあと惨敗と、明らかに不調のエスパルス。この試合で再びチーム全体の勢いを取り戻すことが出来るか。格下との対戦となりますが、気の抜けない1戦になりそうです。

【第86回天皇杯4回戦 清水 vs 栃木SC プレビュー】自分たちらしいサッカーで浮上のきっかけを掴みたい清水と、粘り強い守りで再びの金星を狙う栃木SCが激突!(J's GOAL)
(J's GOALしか見当たりませんでした...。)

 先日のリーグ戦第29節vsG大阪戦では、対G大阪を意識した布陣が全くといっていいほど機能せず、中盤での連係やプレーにミスも目立ち、エスパルスらしさを微塵も発揮できないまま3失点...OTL しかも、エスパルスは1点も決められませんでした。ここのところの試合で見られた、選手間の連係やフィニッシュの精度等に課題を残した試合でした。
 
 次節の相手は栃木SC。JFLのチームながら天皇杯決勝トーナメントではここまで無失点。3回戦では東京Vを1-0で下しています。栃木SCはもともと“栃木教員サッカークラブ”が発祥との事。なので、JFLに昇格した現在でも講師や臨時職員といった教育に携わっている人も多いそうです。一方で、Jリーグの他チームから移籍してきた選手も多い栃木SC。油断は禁物です。
 
 選手の病気や怪我、それに日本代表に選手が招集されたりと、なかなかベストの布陣を組めないエスパルス。しかし、リーグ戦も終盤のこの状況下で、選手がそろわないのはどのチームも一緒。こんなときだからこそ、選手一人ひとりの勝利に対しての執念の熱さが求められるでしょう。
 
 これまでのエスパルスの嫌ぁーな流れを払拭する為にも、たとえ相手が格下であろうと、ここ数試合で浮き彫りになった、中盤での連係や決定力の強化等を十二分に計ってもらい、全力で栃木SCを粉砕してほしいです。そして、残るリーグ戦5試合に向けて、エスパルスらしい攻守の切り替えが早いサッカーを実践して、再び勢いを取り戻してほしいです。

 ま、そう何回も“大番狂わせ”があるわけぢゃ無いんだろうけど、そうかといってあんまり余裕綽々でいると、足元をすくわれてしまう可能も...((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2006年11月 5日 01:17

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1042

コメントしてください