メインS-PULSEgame preview...?なんだか“ダービー”の大安売りみたいだな...

2006年10月20日

なんだか“ダービー”の大安売りみたいだな...

 前節“東海ダービー”vs名古屋戦で先制されながらも追いついて、辛くも勝ち点1を積み上げたエスパルスは21日、リーグ戦第28節“オレンジダービー”vs新潟戦@日本平に臨みます。リーグ戦も終盤に差し掛かり、なかなか上位争いに食い込むことが出来ないエスパルス。しかし、アウェイ2連戦で負けなかったことは一定の評価に値すると思います。次節はホーム日本平。1つでも順位を上げるためにも、エスパルスにとって結果が求められる試合になりそうです。

清水DF青山とMF枝村チーム練習に合流(nikkansports.com)
清水、代表増加でうれしい悲鳴(nikkansports.com 静岡)
清水FWマルキ、J1通算50得点狙う(nikkansports.com 静岡)
【J1:第28節 清水 vs 新潟 プレビュー】日本平での連勝記録を伸ばしたい清水。緊張感のあるスリリングな戦いが予想される新潟を迎えての「オレンジダービ」。(J's GOAL)

 前節vs名古屋戦ではなかなかエスパルスの攻撃の形を作ることが出来ず、逆に後半早々に先制点を許してしまう苦しい展開の試合に。しかし、そのまま敗戦することなく、サイド攻撃からヂェヂンのゴールで追いついて辛くも同点に...。なかなか“エスパルスらしい攻撃”が展開できなかったアウェイ2連戦では、下位チームからそれぞれ勝ち点3を奪うことが出来ず、結果2試合とも引分け...。中盤の主力選手を欠いている現状において、フィニッシュの精度や中盤の選手間の連係強化などの課題が改めて浮き彫りになった試合でした。
 
 次節の相手は新潟。5月6日のリーグ戦第12節vs新潟戦@大白鳥では、後半から新潟の怒涛のゴールラッシュを浴びせられてあえなく完敗...OTL また、新潟は鈴木慎吾やエジミウソンなど、攻撃面で決定力豊かな選手が多いチーム。この新潟攻撃陣をエスパルス守備陣が封じ込める為には、守備面での連携強化や中盤でのボールを奪った後の攻守の切り替えの速さが不可欠になります。
 
 ここのところのエスパルスは、特に若手が日本代表の練習や試合に借り出されて、練習の段階でもなかなかメンバーがそろわず、しまいには田坂さんやガミさんまでも、いない選手の変わりに紅白戦二出場する始末...。このままいくと、しまいには健太監督がFWとして試合に出場なんてことも!?(んなこたぁーない)
 なんて冗談はさておき、メンバーがそろわないということは、守備や攻撃における連係や動きの確認が十分出来ていないなんてことも...。それに、代表の練習に参加すれば、おのずと疲労も溜まるはず...。この辺に一抹の不安がよぎります。
 
 新潟戦では、選手一人ひとりが今までやってきた自分たちの“エスパルスのサッカー”を信じ、勝利への執念をたぎらせて、忘れかけていた“エスパルスのサッカー”をもう一度思い出してほしいです。そうすれば新潟に勝利することが出来るはずです。それをキッカケに、残されたリーグ戦の試合を一つでも多く勝って、上位をもっともっと脅かしてほしいです。

 それにしても、最近はあれもこれも“ダービー”ですな。なんだかダービーの叩き売りみたいに感じるのは私だけ?
 個人的には“ダービー”は“静岡ダービー”だけにしてホスィです...。




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2006年10月20日 00:39

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1033

コメントしてください