メインS-PULSEgame preview...?苦手な“関西アウェイ”やねぇ...

2006年10月 6日

苦手な“関西アウェイ”やねぇ...

 前節vs福岡戦で、主力3選手を欠いた厳しい状況にもかかわらず4-0で福岡を下したエスパルスは7日、リーグ戦第26節vsC大阪@長居2(“2”なんですね...)に臨みます。5月3日の第11節C大阪戦@日本平では1-0でエスパルスが勝利。しかし、今節はエスパルスが苦手としている“関西アウェイ”。福岡戦の勝利をフロックと言われないためにも、エスパルスの“チーム力”が問われる試合になりそうです。
 
清水長谷川監督はC大阪戦前に手綱締める(nikkansports.com)
清水DF青山、7日の先発も問題なし(nikkansports.com)
清水GK西部、驚異の回復でC大阪戦出る(nikkansports.com 静岡)
【J1:第26節 C大阪 vs 清水 プレビュー】モチベーションの高さでは負けない両チーム、C大阪は残留、清水は優勝に執念燃やす。(J's GOAL)
 
 前節vs福岡戦では、兵働・ジュンゴとマルキィニョスの代役で先発した純平・ヤジ・アレシャンが“予想外の動き”を披露して大活躍!エスパルスの勝利に大きく貢献しました。
 次節の相手は現在下位に低迷しているC大阪。第11節ではホーム@日本平でC大阪に勝利したエスパルスですが、今度はアウェイ。しかも当時からさらに大久保・名波など攻撃の要となる強力な選手が加入しているため、前回の対戦のようにはいかないかもしれません。
 個人技で突破してフィニッシュまで持っていく力のある大久保に、中盤で決定的なチャンスを作り出す名波、そして西澤などなど。前線と中盤の連携が噛み合うと、攻撃力が増して手ごわい相手になるC大阪。前節は鹿島と2-2で引き分けているだけに、油断は出来ません。
 次節はマルキィニョスが出場停止明けですが、代わりに山西が累積警告で出場停止。今度の代役は恐らくモリ・純平・アレシャンになるでしょう。チーム全体での連係をさらに向上させて中盤から最終ラインの守備面の強化を図り、また前節のような効果的なサイド攻撃が展開できるように2列目以降の選手の攻撃参加を積極的に行えるよう攻撃面での動きも再確認して、C大阪戦に臨んでほしいです。
 
 長居スタジアムが改修工事に入るため、次節は大阪長居第2陸上競技場での試合になるとのこと。上位争いに食い込んで行く為にも、C大阪をキッチリ下して勝ち点を積み上げていってほしいです。

 そういえば、この試合はBS-1で放送されるんだよね。でも、中継ではなくて録画。しかも深夜...。ビミョー




 にほんブログ村 サッカーブログ 清水エスパルスへ
 にほんブログ村 エスパルス
 『にほんブログ村』に参加しています。エスパルス関連のブログがたくさんあります。
 ポチッていただけると管理人は小躍りして喜ぶと思います。

投稿者: tao 日時: 2006年10月 6日 00:32

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://tao.tbo.jp/mt-tb.cgi/1023

コメントしてください